ドバイターフ2019の競馬予想!出走予定馬は?海外重賞展望
(C)shin1k

2019年3月31日、ドバイのメイダン競馬場でドバイターフ(GⅠ/芝1800m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)を紹介する。

アーモンドアイ、ヴィブロス、ディアドラ、ドリームキャッスルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


ドバイターフ2019の日程・時間

日本時間 3月31日 0:20発走

※主催者発表のものとご確認下さい

注目の出走予定馬(登録馬)

前身のドバイデューティーフリーを含めるとアドマイヤムーン、ジャスタウェイ、ヴィブロスが制している日本馬に合うこの条件。今年も圧倒的人気が予想されるアーモンドアイを含め精鋭3頭の日本馬がエントリーしている。

その中でもレーティング面でも断然なのはなんと言ってもアーモンドアイだ。暫定的に日本最強馬と言っても差し支えはないだろう。

昨年の牝馬三冠達成はもとより、ジャパンカップでのキセキ以下を突き放した異次元レコード(2.20.6)での圧勝は改めて語るまでもない衝撃だった。今回、初の海外遠征だけがネックではあるが、ステップレースを一切使わずに牝馬三冠を成し遂げるなど、従来の常識にはかからない部分のある同馬。

それだけに極端に心配する必要はないかもしれない。外厩での調整から本番直行はいつもの形であり、陣営のトーンからは春シーズンはここだけ……というニュアンスも見え隠れするだけに、ここは負けられない一戦となる。幸い、出走メンバーを見ても警戒するのは日本馬といった感じであり、まともなら圧勝のシーンまである。

その相手は日本馬2頭のどちらか……という印象だが、メイダンの適性を重視してヴィブロスを上に取った。

一昨年のこのレースで初GⅠ制覇、そして昨年のこのレースでも2着と実績のある同馬。一昨年のドバイターフでの勝ち以降、国内では未勝利という点が語るように、ある程度タフさの要求される広いコースで差し込むという得意なパターンがつくれるメイダンのコースが合うのだろう。

また、前走の香港マイルでも2着したように、単純に海外遠征では連対を外していないというタフさも魅力だ。今回は予定であった引退を伸ばしての出走であり、アーモンドアイを負かすまではどうかという印象ではあるが、適性を最大限に生かして肉薄するシーンがあっても不思議ではない。

昨年のこのレースでは人気薄の評価を覆して3着したディアドラも2年連続での出走となる。

前走の中山記念こそ人気を裏切ったが、その前の香港カップでは後方から差を詰めて2着と地力の高さを改めて示している同馬。主戦のルメール騎手がアーモンドアイに乗るため手綱を取れない点が気になったが、ちょうどよくモレイラ騎手を確保できたのは悪くない材料だ。こちらもアーモンドアイに勝つまでのイメージは湧かないものの、強烈な末脚を生かして差を詰めたいところだろう。

海外勢では地元ドバイのドリームキャッスルがスミヨン騎手騎乗で不気味な存在。前走、前哨戦のジェベルハッタ(GⅠ)を快勝しており、レーティング的にもアーモンドアイに次ぐ2番手だけに軽くは扱えない。

他には、名門A.オブライエン厩舎が送り込むアイキャンフライ、南アフリカのユーロンプリンス、香港の実績馬サザンレジェンド、久々の出走とはなるがセントジェイムズパレスS(GⅠ)勝ちのあるウィズアウトパロールなどが出走予定ではあるが、ここは日本馬が上位を独占するシーンがあっても全く不思議ではないだろう。

現時点での出走予定馬(レーティングと馬名)

114 センチュリードリーム
117 ドリームキャッスル
115 ロードグリッターズ
113 マジェスティックマンボ
110 マウンテンハンター
116 サザンレジェンド
116 ウィズアウトパロール
114 ウートン
115 ユーロンプリンス
124 アーモンドアイ
113 ディアドラ
116 アイキャンフライ
113 ヴィブロス

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事