(C)MAZIMICKEY

2017年12月3日、中京競馬場でチャンピオンズカップ(GI/ダート1800m)が行われる。

サウンドトゥルー、アウォーディー、ケイティブレイブ、テイエムジンソクをはじめとして統一ダートGⅠ馬が7頭も出走を予定する豪華な顔ぶれとなったがどんなレースが展開されるのか?

ここでは統一ダートGⅠ最多勝となる11勝目を狙うコパノリッキーに注目。チャンピオンズカップに挑む上で考えられる期待や不安に迫っていく。


期待① 前走の敗因

前走、11月3日に大井競馬場ダート1200mを舞台にして行われたダート競馬の祭典JBCの一つ、JpnⅠ・JBCスプリントに地方競馬のトップジョッキー森泰斗騎手との初コンビで挑んだ。

前々走のマイルチャンピオンシップ南部杯を快勝した後、当初はチャンピオンズカップに直行する予定だったものの、Dr.コパこと小林祥晃オーナーや管理する村山明調教師の協議の結果、コパノリッキーのスプリント能力を試したいということでの出走だった。

JBCクラシックは2014年・2015年と連覇を果たすなど1600mから2000m中心に活躍する同馬であったが、スプリントは初挑戦。

初距離となったレースは、これまでの実績から単勝1番人気に支持されてスタートしたが出遅れてしまう。

それでも出遅れた分を挽回しようと早めに前に上がっていったが、ゴール前で勝ったニシケンモノノフに同タイム・頭差でわずかに届かず2着となった。

それでも、初めてのスプリント戦で戸惑っていたとはいえ、改めて地力の高さを示すことができ、なおかつ、中間の調整も順調とあれば適距離に戻る今回へ向けてむしろ弾みをつけることができたと言える。

期待② 田辺裕信騎手とのコンビ

主戦騎手といえる騎手が何人かいるコパノリッキーの今回の鞍上は田辺裕信騎手に決まった。

5勝 2着2回 3着 0回 着外 2回 勝率55.6% 複勝率77.8%

上記の成績すべてがダート統一GⅠでの結果ということもあり、着外2回の内の1回が2014年のこのレースとは言え、心強いデータと言えるのではないだろうか。

オーナーサイドも信頼して田辺騎手に依頼しているのがわかるデータとも言える。

不安① 7歳という年齢

ジャパンカップダートとして東京競馬場ではじまった本レース。

その後、阪神競馬場で開催されていた時期を経て2014年から中京競馬場での開催となり、レース名もチャンピオンズカップと改められている。

その2014年以降3年間のデータで今年7歳となっているコパノリッキーに気になるデータがある。

それは年齢別の成績だ。

年齢着別度数勝率複勝率
3歳0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%
4歳0- 0- 0-12/120.0%0.0%
5歳1- 1- 2- 8/128.3%33.3%
6歳2- 1- 1- 5/ 922.2%44.4%
7歳0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
8歳0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%

このデータを見る限り、ピークは5歳・6歳で7歳はピークを過ぎていての成績と見て取れる。

もちろん、まだ3年間のデータのため、年数が蓄積されれば現在がたまたまという結果になるかもしれない。しかし、少なくとも現時点ではコパノリッキーとっての不安材料と言わざるをえない。

不安② 中京競馬場

コパノリッキーはこれまで中京競馬場で4回出走しているが、必ずしも成績は必ずしも良いとはいえない。(距離はすべて1800m)

4歳 2014年12月 チャンピオンズカップ GⅠ 1番人気 12着 田辺騎手
5歳 2015年 1月 東海ステークス    GⅡ 1番人気  1着 武豊騎手
5歳 2015年12月 チャンピオンズカップ GⅠ 1番人気  7着 武豊騎手
6歳 2016年12月 チャンピオンズカップ GⅠ 3番人気 13着 ルメール騎手

今回と同じチャンピオンズカップへの出走が3回あり、先の年齢別データで有利である5歳・6歳での出走時の成績も振るわないのである。

東海ステークスの勝利に加え、左回りはフェブラリーステークスをはじめとして他にも勝鞍を量産しているので中京競馬場が苦手とまではいいにくいが、3年連続人気で敗退していることは不安材料以外の何ものでもない。

まとめ

チャンピオンズカップと年末に大井競馬場で行われる東京大賞典で引退・種牡馬入りが決定しているコパノリッキーにとって、ホッコータルマエを超える統一ダートGⅠ史上初の11勝目を狙うチャンスは2回のみ。

今年の統一ダートG1を2勝しているのはコパノリッキーただ一頭。

気分屋で気分良く走れるかどうかも鍵だと言われているが、手の内に入れている田辺騎手とのコンビだけに、新記録の達成に期待がかかる。

おすすめの記事