(C)MAZIMICKEY

2018年12月01日、阪神競馬場でチャレンジカップ(GⅢ/芝2000m)が行われる。今年はレイエンダ、エアウインザー、ダンビュライト、トリコロールブルー、ステイフーリッシュなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去5年(2000mで施行された2008-2011年と2017年)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統


2017年 1着(ハーツクライ/ Intikhab/Caerleon )                                                                            

     2着(ディープインパクト/キングカメハメハ/Nureyev)

               3着(バトルブラン/タニノギムレット/サンデーサイレンス)

2011年 1着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/トニービン)

               2着(Giant's Causeway/Danzig/Mr.Prospector)

               3着(キングカメハメハ/Tejano Run/Lord Gaylord)

2010年 1着(アグネスタキオン/トニービン/Lyphard)

               2着(フレンチデピュティ/サンデーサイレンス/Exuberant)

               3着(アグネスタキオン/Mr.Prospector/Ruthie's Native)

2009年 1着(アグネスタキオン/トニービン/Lyphard)

               2着(Smart Strike/フレンチデピュティ/Baldski)

               3着(ダンスインザダーク/Nureyev/Majestic Light)

2008年 1着(ステイゴールド/メジロマックイーン/ノーザンテースト)

               2着(ダンスインザダーク/Nureyev/Majestic Light)

               3着(サンデーサイレンス/トニービン/Northern Dancer)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

昨年はロベルト系とサンデーサイレンス系の組み合わせが1,3着と入っており今年もこの組み合わせは警戒したい。

サトノクロニクル(父サンデーサイレンス系×母父ロベルト系)

ブレスジャーニー(母父ロベルト系×母母父サンデーサイレンス系)

2011年まではナスルーラ系の血を持つ馬が主流であり、こちらも再度注目だ。

2011年 レディアルバローザ(母父ナスルーラ系)

2010年 キャプテントゥーレ(母父ナスルーラ系)

プロヴィナージュ(母母父ナスルーラ系)

アドマイヤメジャー(母母父ナスルーラ系)

2009年 キャプテントゥーレ

2008年 キャプテンベガ(母父ナスルーラ系)

今年はダンビュライト、ステイフーリッシュ、サイモンラムセス、マイネルフロストが該当する。上位人気を脅かす存在となりうるか注目だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

マンハッタンカフェ 7-12-14- 67 / 7.0% / 33.0%

キングカメハメハ  19-13-13- 91 / 14.0% / 33.1%

ステイゴールド    13-21-14- 79 / 11.6% / 29.5%

ルーラーシップ  4- 2- 1- 13 / 20.0% / 35.0%

ディープインパクト  32-27-20-127 / 15.5% / 38.3%

ダイワメジャー  3- 4- 5- 27 / 7.7% / 30.6%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト・キングカメハメハが勝率も含めて上位の成績を残している。出走数は少ないもののルーラーシップ産駒の安定性も見逃せない。仕切り直しの一戦となるダンビュライトに注目だ。

おすすめの記事