(C)Yushi Machida

2018年9月9日、阪神競馬場でセントウルステークス(GⅡ/芝1200m)が行われる。出走予定馬には、今年の高松宮記念を制したファインニードル、阪神コースとの相性がいいダイアナヘイロー、勝たなければサマースプリントシリーズ優勝はないラブカンプーなどがいる。サマーシリーズは今週でいよいよフィナーレを迎える。

過去10年のセントウルステークスのデータを見ると、1番人気は2勝2着5回となっており、勝ち切れていないのがわかる。人気を背負っても勝ち切れないが、一方で2番人気から6番人気までが同じような成績で並び、馬券の妙味は結構ある。だからこそ、危険な人気馬は切っておきたい。

秋競馬のトライアルレースがいよいよ本格化する。その第1弾はスプリンターズステークスのトライアル、セントウルステークスだ。サマースプリントシリーズの覇者はどの馬か、サマージョッキーズシリーズの覇者も含めて注目が集まる。


データ① フレッシュな若手におまかせ!

年齢別成績を見ると、4歳が4勝しているが3歳と5歳がそれぞれ3勝しており、6歳以上はこの10年で1回も勝っていない。フレッシュな若手がセントウルステークスを席巻していることがわかる。6歳以上の馬はこれまでに3頭が2着以内に入っているが、1頭は香港馬、去年のラインミーティアはアイビスサマーダッシュの覇者、08年のシンボリグランはこの年のアイビスサマーダッシュで2着だった。

6歳以上で狙うなら夏場に一定の成績を残した馬ということになるが、実はほとんどの6歳以上の馬は結果を残せていない。ネロはクラスターカップで2着に入ったが芝でどうか。7歳馬コウエイタケルはオープン特別3着はあるが、あくまでもオープン特別である。馬連などを買う際には思いきって6歳以上の馬を切るのはありだ。

データ② 逃げてナンボのセントウルステークス

阪神1200メートルというコースは内回りコースであり、形状は中山競馬場に似ている。やや直線が長いだけで最後に急坂が待っている。しかしながら、前が残りやすい。逃げ馬は過去10年で3勝し、先行馬は5勝、2着も6回ある。その一方、後方にいた馬はほとんど届かない。4コーナーで10番手より後ろにいた馬の成績は0勝2着2回である。3着すらないということがいかに逃げ先行天国かを物語る。

上がり3ハロンのタイムが1位だった馬の成績はなんと0勝、2着が3回だけだ。つまり直線に賭けるような競馬では勝てない。前で競馬をする、これが大事になる。3歳馬アサクサゲンキは夏競馬で見られた後方からの競馬では苦戦するので、ファルコンステークスのような競馬がいい。それを許してくれる環境かどうか。別の3歳馬アンヴァルも同様だ。フレッシュなことは大事だが、若者には積極性がほしい。これは人も馬も同じか。

データ③ その他データあれこれ

前走オープン特別だった馬はこれまでに延べ21頭出走し、3着が1回のみというあまりよくない結果が残されている。やはりトライアルレースということもあり、そこそこのレベルになるのは間違いない。今年はややレベルが落ちる印象もあるが、前走オープン特別で勝った馬は1頭もおらず、巻き返すには厳しいか。全部切ってもいいだろう。

牝馬はこれまでに5勝をしており、夏は牝馬、短距離なら牝馬でもという、サマースプリントシリーズならではの傾向が出ている。では、この10年で勝った5頭の牝馬を見ると、いずれも前走重賞で3着以内に入っていた。これに該当するのはラブカンプーただ1頭しかいない。3着などには前走惨敗から巻き返した馬もいるが、1着はいずれも重賞で好走した馬だ。ダイアナヘイローには嫌なデータである。

まとめ

ファインニードルにとって嫌なデータはなく、嫌なのは58キロか。あのロードカナロアも58キロを背負わされて2着に負けたが、ファインニードルは57.5キロの斤量で勝ったこともあり、そこまで心配はいらない。イギリス帰りの川田将雅騎手が今開催から復帰を果たすが、トップジョッキーであれば戸惑いはそこまでないだろう。

ラブカンプーは勝たないとサマースプリントシリーズの優勝はない。51キロでもデムーロ騎手が乗るほど、この馬の能力は買われ、しかも相手関係は薄い。他の3歳馬は不安要素があるが、この馬は逆に強気になれる要素がある。ダイアナヘイローにもケチがつき、久しぶりの牝馬の勝ち馬になっておきたい。

おすすめの記事