CBC賞2020の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2020年7月5日、阪神競馬場でCBC賞(GⅢ/芝1200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるクリノガウディー、アウィルアウェイ、タイセイアベニール、レッドアンシェル、ミッキースピリットらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

今年は2011年以来の阪神開催のため、サンプルが少ない。阪神1200メートルの重賞などのデータを見ながら予想を組み立てたい。


CBC賞の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は2勝、2着は1回、3着も1回。2011年はダッシャーゴーゴーが制しており、1番人気が勝っていた。

チラホラと伏兵馬が飛び込んできやすく、2011年では13番人気の馬が3着に入っている。このあたりは色々と参考になりそうだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 雨の阪神スプリントの狙い方

予報では雨が続いていた阪神競馬場。馬場がどこまで悪化するかにもよるが、過去のレースで稍重以下に悪化した阪神スプリント重賞は長い歴史の中でも4レースしかない。

直近が2018年のセントウルステークスだったが、この時は人気サイドで決まり、3着に上がり最速のグレイトチャーターが入った。道悪で上がり最速タイムをこれまでに出した馬である。

その前となると2004年阪急杯までさかのぼる。1番人気は飛んだが、基本的に前目の馬と、上がり最速馬、3頭とも上位人気で決まった。

傾向を見る限り、上位人気で決まりやすく、上がり最速馬が突っ込んで3着というパターンが多い。上がり最速馬も道悪で実績のある馬が狙いである。

予想参考データ② 2011年のCBC賞からのヒント

サンプルが少ない中で、そのサンプルから傾向を見ていきたいが、勝ったダッシャゴーゴーは58.5キロながら上がり最速で1着、2着は逃げたヘッドライナー、3着は2番手で粘ったタマモナイスプレイだった。

雨の阪神スプリント重賞でも傾向は同じで、前に行った馬と上がり最速馬、ここが狙いになりそうだが、タマモナイスプレイの場合、阪神開催のCBC賞が初の1200メートルだった。

しかし勝ち星のほとんどは阪神で挙げており、阪神巧者であったのは事実。またヘッドライナーは京都開催のCBC賞、稍重で勝っている。

阪神実績、稍重以上での実績など、色々とみるべき部分は多く、そのあたりで上位人気馬の取捨選択をしたい。

予想参考データ③ 敗れた馬からのメッセージ

どういう馬が来たかという観点で見たが、逆にどういう馬が馬券を外したかをチェックしたい。2011年CBC賞では2番人気ツルマルレオンが8着、3番人気エーシンホワイティが5着だった。

エーシンホワイティの場合、関西馬ながらCBC賞が初の芝での阪神のレース。良績は小回りの平坦に集まっていた。ツルマルレオンは、当時3歳馬。阪神実績もあり、5キロの斤量減が魅力だったが、結果はダメ。単純に位置取りが後ろで上がり3番目のタイムではきつかった。

初めての阪神、位置取りが後ろで末脚が絶対的ではない、斤量減であるなど、色々な要素が見られた。このあたりも参考にしたい。

2020年の危険な人気馬は?

クリノガウディーは人気になる見込みだが、降着馬が立て直すのはリズム的に大変で、58キロを背負わされる。良績は左回り、阪神実績が微妙で阪急杯で負けたこともあり、横山典弘騎手がうまく逃げない限り厳しそうだ。CBC賞の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ミッキースピリットは1つ目の消しデータに合致している。3連勝と勢いはあるが、位置取りと上がりの脚などを見ると微妙で、ここ2戦はタイム差なしの勝利。ギリギリの戦いを強いられ、いかにも斤量3キロ減が魅力だが、京都での2連勝、これがどうか。

反対にアウィルアウェイは危険なデータに一つも当てはまらない。斤量500グラム増の55.5キロだが、この斤量は過去のCBC賞でも結果が出ており、2頭全てが馬券圏内に入っている。ここ最近は勝ちと負けが交互に来ており、今回は勝ちに入る。上位人気があまりパッとしない中であればどうにかなりそうだ。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、アウィルアウェイと言えそうだ。

おすすめの記事