(C)MAZIMICKEY

2017年12月18日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS/GI/芝外回り1600m)が行われる。ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ケイアイノーテックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去3年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
6ディープインパクトDanehill
7キンシャサノキセキサクラバクシンオー
12ダイワメジャーサクラローレル
2キングカメハメハスペシャルウィーク
1キングカメハメハサンデーサイレンス
11ジャングルポケットフレンチデピュティ
1ディープインパクトUnbridled's Song
14マツリダゴッホピルサドスキー
3クロフネスペシャルウィーク

集計期間:2014.12.21 ~ 2016.12.18

解説・分析:注目血統は?

当条件になってから開催されて4年目。過去の傾向をまとめると、以下のようになる。

・勝つのはTHEクラシック血統
・毎年1頭は非クラシック血統の人気薄が馬券に絡む

過去3年の勝ち馬はディープインパクトとキングカメハメハ。どちらもダービー馬であり、種牡馬としてもダービー馬を輩出している。

阪神ジュベナイルフィリーズもそうだったが、阪神芝外回り1600mは実力が問われる。だから、基本的にクラシック血統の強い馬が勝つのだ。

ただし、阪神JFと違う点もある。

牡馬は牝馬より成長が遅いこと、そして牝馬クラシックに比べ、牡馬のクラシックと朝日杯FSの類似点は少ないため、有力馬がここを使ってくることが少ないことだ。よって、人気薄が台頭するケースが見られる。

なお、4番人気以下で馬券に絡んだ5頭の共有点はというと……

・ダンジグやナスルーラといった持続力血統を内包していること

こちらだ。昨年の3頭は母父がダンジグ系かナスルーラの系統、2年前の3着シャドウアプローチは父ジャングルポケット(トニービン=ナスルーラ系)、そしてアルマワイオリも母父ダンジグ系だった。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト10- 8- 17-112/147
ダイワメジャー3- 4- 10- 57/ 74
アドマイヤムーン3- 1- 3- 13/ 20
ネオユニヴァース1- 2- 1- 32/ 36
ベーカバド1- 0- 0- 2/ 3
キンシャサノキセキ0- 3- 0- 6/ 9
ハービンジャー0- 1- 3- 16/ 20
ブラックタイド0- 1- 1- 20/ 22
ノヴェリスト0- 1- 1- 1/ 3
スウェプトオーヴァーボード0- 0- 0- 6/ 6
ヘニーヒューズ0- 0- 0- 2/ 2
Shamardal0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.8%23.8%7579
ダイワメジャー4.1%23.0%72137
アドマイヤムーン15.0%35.0%161183
ネオユニヴァース2.8%11.1%2344
ベーカバド33.3%33.3%676206
キンシャサノキセキ0.0%33.3%0180
ハービンジャー0.0%20.0%064
ブラックタイド0.0%9.1%039
ノヴェリスト0.0%66.7%093
スウェプトオーヴァーボード0.0%0.0%00
ヘニーヒューズ0.0%0.0%00
Shamardal0.0%0.0%00

集計期間:2013. 2.23 ~ 2017.12.10
※良馬場開催が対象
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

さすがにディープインパクト産駒の成績はまずまず。なお、重賞に限定すると好走率35%、単複回収値150オーバーという極めて優秀な成績となるため、見逃せない血統と言えるだろう。

ダイワメジャー、アドマイヤムーンといった種牡馬も注目。

一方、ネオユニヴァース、ブラックタイド、ハービンジャーあたりの成績は芳しくないため、割引が必要だろう。

おすすめの記事