(C)はねひろ

2018年10月27日、東京競馬場でアルテミスS(GⅢ/芝1600m)が行われる。歴史の浅い重賞ながらラッキーライラックやメジャーエンブレムなど阪神JFの勝ち馬が出ており、出世レースとして注目の一戦だ。今年はグレイシア、シェーングランツ、ミディオーサなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去6年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った(2018年度新種牡馬は除く)。


過去6年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12オルフェーヴルFlower Alley
213リーチザクラウンアンバーシャダイ
34ディープインパクトTouch Gold
11ハーツクライAmerican Post
22ディープインパクトStorm Cat
35アイルハヴアナザーステイゴールド
112メイショウサムソンマリエンバード
21メジャーエンブレムオペラハウス
36ステイゴールドボストンハーバー
19ステイゴールドデインヒル
21キングカメハメハマーベラスサンデー
311アルデバランⅡタバスコキャット
12ダイワメジャーエリシオ
26ゼンノロブロイPetionville
35タイキシャトルセイウンスカイ
11ハーツクライStorm Bird
24ディープインパクトStorm Cat
37ステイゴールドフォーティナイナー

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクト、ダイワメジャー、ステイゴールドの他にオルフェーヴル、リーチザクラウンなどのサンデーサイレンス系の孫世代の活躍も目立っている。相性の良い母系として3代前までにナスルーラ系の血を持つ点が挙げられる。

2017年 ラッキーライラック(母母父Seattle Slew)/サヤカチャン(母母父トウショウボーイ)
2016年 リスグラシュー(母母父ミラーズメイト)
2015年 メジャーエンブレム(母母父Rainbow Quest)/クロコスミア(母母父Nashwan)
2013年 マーブルカテドラル(母母父Spectacular Bid)

今年はグレイシア、エールヴォア、アフランシール、レディードリーなどが該当する。特にグレイシアはメジャーエンブレムやマーブルカテドラル同様にニアークティック系×ナスルーラ系の母系を持つダイワメジャー産駒であり、同様の血統背景からも好走が期待できるだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ロードカナロア6–1-2-640.0%60.0%
ハーツクライ23–14–8-16211.1%21.7%
スクリーンヒーロー1–2–3-442.0%12.0%
ヴィクトワールピサ0–3-3-280.0%17.6%
サムライハート0–0–7-440.0%13.7%
ダンカーク0–0–0-00.0%0.0%
ダイワメジャー29-21-25-19010.9%28.3%
ディープインパクト68–53–40-28915.1%35.8%
クロフネ12–8-4-6513.5%27.0%
ブラックタイド4-5-7-744.4%17.8%
アイルハヴアナザー3–0–1-2211.5%15.4%
Frankel1-0-1-133.3%66.7%
ノヴェリスト0-2–2-60.0%40.0%
キンサシャノキセキ3-5-7-445.1%25.4%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

数字ではディープインパクトが最も優れているが、ダイワメジャー・クロフネ・ハーツクライも引けを取らない。また、出走回数は少ないがロードカナロア産駒の安定度は際立っており、こちらも要注意だろう。

おすすめの記事