(C)tr_qasysh15

2018年12月23日、中山競馬場で有馬記念(GⅠ/芝2500m)が行われる。天皇賞秋を制したレイデオロ、春秋グランプリ制覇を狙うミッキーロケット、そして平地復帰後2戦2勝のオジュウチョウサンなどが出走を予定する。1年の総決算、有馬良ければすべてよし、今年は面白いメンバーが揃った。

過去10年のデータを見ると、1番人気が勝ったのは6回、2着2回3着1回と1番人気の信頼度は異様に高い。1番人気はレイデオロになる可能性が高くオールカマーを勝つなど、色々と致し方ない面はありそうだが、そこで引き下がっているようでは危険な人気馬のあぶり出しは出来ない。

先週の朝日杯フューチュリティステークスは1倍台に支持されたグランアレグリアが3着に沈んだ。これが競馬である。データを見ながらあぶり出しを行いたい。


予想データ① 秋4戦目にお釣りはない

秋三冠といえば天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念だが、この前に前哨戦を使うと都合秋は4戦走ることになる。これが厳しく、秋4戦目の馬は苦戦しやすい。去年のキタサンブラックは秋三冠だけ、2着クイーンズリングは前哨戦とエリザベス女王杯と有馬記念、3着シュヴァルグランは前哨戦とジャパンカップと有馬記念、いずれも秋3戦目だ。昔と違い、調教である程度仕上げは出来る。レースに使って仕上げる必要はなくこれでいい。

キズナは毎日王冠と秋三冠の4戦目となる。しかもその中身は本当にハードであり、前走のジャパンカップは記憶に新しい。世界レコード直後のレースとなったオグリキャップがその年の有馬記念で負けたが、当然反動はあるだろう。体調が良いからこそ走れるわけだが、さすがにお釣りはなさそうだ。意外と人気を集める可能性があるが、いくらなんでもと言ったところか。

予想データ② オジュウチョウサンの取捨選択

簡単にオジュウチョウサンは消しと言うのは野暮なので、前走の南武特別の勝ちタイムを過去と比較したい。実は2分25秒0のタイムで勝った馬は他に2頭いる。1頭は重賞勝ちもあるエキストラエンド、もう1頭はこちらも重賞を勝っているホットシークレットだ。今年の南武特別は7頭立てだったことを思えばこのタイムは優秀と言える。しかも過去に同タイムで勝った馬はいずれも重賞を制しているので強気になってもいい。

しかし、グランプリ有馬記念ではさすがに強調しにくいか。年齢がネックであり、6歳以上となると延べ36頭が出て2着が1回、3着が2回。このうちエアシェイディが3着2回をマークしている。いきなり7歳馬がチャレンジをするには荷が重いというのはあるだろう。南武特別のタイムを見れば準オープンもすんなり勝てるかもしれないが、有馬記念となると進上金を手に出来る着順を確保できれば御の字だろう。

予想データ③ その他データあれこれ

3歳馬は過去に4勝を挙げ、無視できない勢力だ。そのほとんどは菊花賞組、もしくはジャパンカップやエリザベス女王杯ということになるが、注目したいのは着順にある。菊花賞で勝った馬がその勢いで勝つことがほとんどだからだ。トゥザワールドが大惨敗から巻き返したが、これは皐月賞2着など中山実績があるため。菊花賞では4着、これが初の中山となるブラストワンピースは厳しい戦いとなりそうだ。

この10年で必ず絡んでいるジャパンカップ組だが、実はジャパンカップでそこそこ負けていた馬が結構多い。その馬たちには共通点があり、中山実績がある馬だ。ジェンティルドンナは例外だが、有馬記念が初めての中山だったケースだ。今年のジャパンカップは特殊であり、世界レコードのレースだっただけに6着のサトノダイヤモンドまで以前のレコードを更新していた。サトノもシュヴァルグランもミッキースワローも中山実績はある。人気落ちでも見限ってはならない。

まとめ

ここ2週で二兎追うものは一兎も得ず状態となった藤沢和雄厩舎、レイデオロで巻き返したいところだ。ケチがつけられない成績を残し、1番人気も仕方ない。ただ枠順が8枠になるとしんどい。過去に多くの馬が15番16番に入って沈んできた。オールカマーから天皇賞秋を連勝して勝った快挙をやってのけたレイデオロなら楽勝かもしれないが、枠順次第ではそんな馬でも苦しいことになるだろう。

秋で惨敗したから見限ったら来られたというケースはよくあるが、有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドなど普通に勝つポテンシャルの高い馬は多い。人気の盲点になりそうな馬は多く、その馬の台頭を期待したい。

おすすめの記事