(C)shin1k

2018年12月23日、中山競馬場で有馬記念(GⅠ/芝2500m)が行われる。レイデオロ、キセキ、オジュウチョウサン、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から勝ち馬を導き出していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とする。


データ① 実績

勝ち馬10頭中9頭がGⅠ馬で、うち8頭が同年にGⅠを勝っていた。

データ② 前走

勝ち馬10頭中9頭の前走が同年10月以降のGⅠ。また、勝ち馬10頭中8頭が前走3着以内だった。

データ③ 年齢

3歳  【4・2・2・23】(勝率12.9%、連対率19.4%)
4歳  【2・5・2・31】(勝率 5.0%、連対率17.5%)
5歳  【4・2・4・37】(勝率 8.5%、連対率12.8%)
6歳  【0・0・0・17】(勝率 0.0%、連対率 0.0%)
7歳  【0・1・1・10】(勝率 0.0%、連対率 0.0%)
8歳以上【0・0・1・6】(勝率 0.0%、連対率 0.0%)

6歳以上は不振。

データ④ 性別

牡・騸馬【8・7・10・107】(勝率 6.1%、連対率11.4%)
牝馬  【2・3・0・ 17】(勝率 9.1%、連対率22.7%)

データ⑤ 所属

美浦【1・0・3・30】(勝率 2.9%、連対率 2.9%)
栗東【9・10・7・92】(勝率 7.6%、連対率16.1%)

データ⑥ 人気

1番人気【6・2・1・1】
2番人気【2・1・2・5】
3番人気【0・0・2・8】

結論

中心となるのは、前走の天皇賞(秋)でGⅠ2勝目を挙げたレイデオロ。関東馬は関西馬と比べて劣勢だが、2002~04年にこのレースを3連覇している藤沢和雄厩舎なら心配は無用だろう。

今年GⅠを勝っているもう1頭のミッキーロケットも、春秋グランプリ制覇に向けてチャンスは十分。

ジャパンCで今回のメンバー中最先着の2着だったのがキセキ。天皇賞(秋)から古馬の王道路線を歩んで続けて結果を出しており、期待できる。

昨年のエリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンも上位を狙える。

回収率100%超へ!おすすめ

①競馬の基本原則が学べる教科書って?
②競馬で勝つための方程式とは?
▶▶▶超厳選!競馬で絶対に勝つための最強ツール4選【2019年版】

①読むと競馬力が上がるメルマガって?
②回収率100%超&信頼性の高い予想は?
▶▶▶超厳選!競馬の有料予想で本当に信用できるのは?3つの視点で徹底分析

おすすめの記事