(C)Yusuke Tsutaya

2018年4月28日、東京競馬場で青葉賞(GⅡ/芝2400m)が行われる。ダービー馬こそ出ていないが、昨年のアドミラブルなど本番で好走する馬も多く出ており、皐月賞組に対抗しうる馬が現れるか注目のレースである。今年はオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11ディープインパクトシンボリクリスエス
24New ApproachEfisio
38ワークフォースダンスインザダーク
14ディープインパクトGalileo
25ゼンノロブロイDaeshaan
31ディープインパクトHighest Honor
11キングカメハメハHighest Honor
24ゼンノロブロイStuka
35ハーツクライキャプテンスティーヴ
110シンボリクリスエスマンハッタンカフェ
21ディープインパクトPivotal
34ディープインパクトリアルシャダイ
17ディープインパクトStorm Cat
29Big BrownPure Prize
32ディープインパクトティンバーカントリー
11ステイゴールドデインヒル
210ディープインパクトモンジュー
313ゼンノロブロイスピニングワールド
16ハーツクライStorm Bird
24アグネスタキオンGreat Commotion
31ディープインパクトCaerleon
11ゼンノロブロイCandy Stripes
22キングカメハメハサンデーサイレンス
33ゼンノロブロイトニービン
11シンボリクリスエスHighest Honor
27マンハッタンカフェタイキシャトル
36ゴールドアリュールサクラバクシンオー
12アグネスタキオンカーネギー
27アドマイヤベガNureyev
36シンボリクリスエスラストタイクーン

解析・分析:注目血統は?

昨年こそ2・3着に他系統がきたものの、全般的にはディープインパクト、ゼンノロブロイを中心にサンデーサイレンス系が圧倒的に強いレースである。

サンデー系産駒の母系に注目すると母父ニアークティック系、ナスルーラ系が多くミスタープロスペクター系も来ているが苦戦傾向にある。

[母父ニアークティック系] 2016年 ヴァンキッシュラン(Galileo)
2014年 ワールドインパクト(Pivotal)
2013年 ヒラボクディープ(Storm Cat)
2012年 フェノーメノ(デインヒル)/エタンダール(モンジュー)/ステラウインド(スピニングワールド)
2011年 ウインバリアシオン(Storm Bird)/ショウナンパルフェ(Great Commotion)/トーセンレーヴ(Caerleon)
2008年 クリスタルウイング(Nureyev)

[母父ナスルーラ系] 2016年 レッドエルディスト(Daeshaan)/レーヴァテイン(Highest Honor)
2015年 レーヴミストラル(Highest Honor)カレンミロティック(母母父Caerleon)/シュヴァルグラン
2010年 ペルーサ(Candy Stripes)/ハートビートソング(トニービン)
2009年 トップカミング(サクラバクシンオー)

特に近年は母系(母父および母母父)にナスルーラを持つ馬が好走する傾向にあり、ダノンマジェスティやディープインラヴの好走に期待したい。昨年・2013年と上位に絡んだニアークティック系ではハービンジャー産駒のカフジバンガードも母系にナスルーラの血を持ち、こちらも激走となるか注目だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ステイゴールド20-15-16-14010.5%26.7%
ディープインパクト28-17-19-11515.6%35.8%
ハービンジャー7-3-5-4511.7%25.0%
スズカマンボ1-1-1-611.1%33.3%
ハーツクライ10-9-9-878.7%24.3%
マンハッタンカフェ1-5-7-421.8%23.6%
ネオユニヴァース4-7-2-417.4%24.1%
モンテロッソ0-0-0-00.0%0.0%
エイシンフラッシュ0-0-0-00.0%0.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス産駒ではディープインパクトが抜けた実績を示しており、次いでステイゴールド、ハーツクライ、そしてネオユニヴァースとなっている。一方でマンハッタンカフェはこれらに見劣る成績であり、割り引く必要があるだろう。

非サンデー系ではハービンジャーがディープインパクトに次ぐ好成績を残しており、ノストラダムスやカフジバンガードらが前走から巻き返して本番への出走権を得ることができるか注目だ。

おすすめの記事