(C)Ko-Mei

2018年4月28日、東京競馬場で青葉賞(GⅡ/芝2400m)が行われる。オブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザー、ダノンマジェスティ、ゴーフォザサミット、カフジバンガードらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

牡馬クラシックレースの頂点とも言えるGⅠ・日本ダービーに向けて長きにわたって、この時期に日本ダービーと同じ競馬場・距離で行われている重要なステップレースが青葉賞だ(はじめはOPEN特別、GⅢとなったのは1994年、GⅡとなったのは2001年から)。ただし、日本ダービーで好走できる馬は青葉賞では1着か2着馬に限られる傾向にある。しかも、GⅠ・皐月賞出走馬が日本ダービーで好走することが圧倒的に多く、青葉賞をステップにダービー馬となった馬は過去10年で1頭もおらず、27頭が挑戦して2着2回3着3回という結果となっている。

配当傾向を過去10年で見てみると、2016年を除き三連単はすべて万馬券となっているが、単勝配当は2010年を除いて10倍以内となっていて上位人気の馬が優勝していることがわかる(単勝1番人気が4勝、2番人気2勝、3番人気3勝)。

2018年はどのような決着となるのか。

今回は過去10年の青葉賞の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20173アドマイヤウイナー
20141ショウナンラグーン
20131ヒラボクディープ
20132アポロソニック
20122エタンダール
20123ステラウインド
20111ウインバリアシオン
20092マッハヴェロシティ
20093トップカミング
20082クリスタルウイング
20083モンテクリスエス

注目点① 人気薄を狙うなら単勝6番人気から10番人気を中心に

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が11頭と4割近くとなっていて比較的多い結果となっている。

ただし、過去10年の内、一昨年2016年のように1頭もリストアップされていない年が3回もある一方で2頭以上がリストアップされている年も4回あることから慎重に人気薄を狙うことも考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝11番人気以下の極端な人気薄を狙うのが得策ではないことがわかる。

人気別集計 青葉賞 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気5- 1- 2- 2/ 1050.0%80.0%
2番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
3番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
4番人気1- 3- 1- 5/ 1010.0%50.0%
5番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
6番人気1- 0- 2- 7/ 1010.0%30.0%
7番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%
8番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
9番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
10番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
13番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
14番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017アドマイヤウイナー820.2
2014ショウナンラグーン1053.1
2013ヒラボクディープ724.6
2013アポロソニック948.2
2012エタンダール1047.5
2012ステラウインド1399.5
2011ウインバリアシオン614.5
2009マッハヴェロシティ718.4
2009トップカミング617.6
2008クリスタルウイング714.3
2008モンテクリスエス611.9

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭中9頭までもがロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやハーツクライ、マンハッタンカフェなど現役時代の成績だけでなく種牡馬としても優秀な成績を残しているロイヤルチャージャー系にとって、クラシックで活躍するような距離での活躍が特に目立ち、青葉賞はまさに十八番の条件と言える。

種牡馬系統別集計 青葉賞 過去10年

種牡馬系統別着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系9- 7- 9- 84/1098.3%22.9%
ネイティヴダンサー系1- 1- 1- 22/ 254.0%12.0%
ニアークティック系0- 2- 0- 17/ 190.0%10.5%
ナスルーラ系0- 0- 0- 12/ 120.0%0.0%
トゥルビヨン系0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
アドマイヤウイナーネイティヴダンサー系ワークフォース
ショウナンラグーンロイヤルチャージャー系シンボリクリスエス
ヒラボクディープロイヤルチャージャー系ディープインパクト
アポロソニックニアークティック系Big Brown
エタンダールロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ステラウインドロイヤルチャージャー系ゼンノロブロイ
ウインバリアシオンロイヤルチャージャー系ハーツクライ
マッハヴェロシティロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
トップカミングロイヤルチャージャー系ゴールドアリュール
クリスタルウイングロイヤルチャージャー系アドマイヤベガ
モンテクリスエスロイヤルチャージャー系シンボリクリスエス

注目点③ 母父・ニアークティック系かロイヤルチャージャー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭中10頭の母父馬がニアークティック系かロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ロイヤルチャージャー系は既に触れたとおりだが、ニアークティック系といえば現在の代表種牡馬はトランセンドで、ダート・芝にかかわらず中距離で結果を出せている馬が多い。

母父系統馬別集計 青葉賞 過去10年

母父系統馬着別度数勝率複勝率
ニアークティック系5- 5- 3-42/559.1%23.6%
ナスルーラ系3- 1- 3-16/2313.0%30.4%
ロイヤルチャージャー系2- 2- 2-45/513.9%11.8%
ネイティヴダンサー系0- 1- 1-24/260.0%7.7%
その他のエクリプス系0- 1- 1- 4/ 60.0%33.3%
マンノウォー系0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
セントサイモン系0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
トゥルビヨン系0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名母父系統種牡馬
アドマイヤウイナーロイヤルチャージャー系ダンスインザダーク
ショウナンラグーンロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
ヒラボクディープニアークティック系Storm Cat
アポロソニックニアークティック系Pure Prize
エタンダールニアークティック系Montjeu
ステラウインドニアークティック系スピニングワールド
ウインバリアシオンニアークティック系Storm Bird
マッハヴェロシティロイヤルチャージャー系タイキシャトル
トップカミングナスルーラ系サクラバクシンオー
クリスタルウイングニアークティック系Nureyev
モンテクリスエスニアークティック系Last Tycoon

注目点④ 前走は500万下に出走!

今回の該当馬11頭中9頭が前走は500万下を走ってから青葉賞に挑戦してきた馬となった。

クラシックの頂点日本ダービーに向けては先日行われた皐月賞から直行する馬が多い中で、皐月賞には何らかの理由で間に合わなかったものの日本ダービーに向けて調整を進めてきた実力を秘めた馬が前評判を覆して馬券圏内に入ってきていると言える。

前走クラス別集計 青葉賞 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
新馬0- 0- 0- 0/ 0
未勝利0- 0- 0- 11/ 110.0%0.0%
500万下5- 7- 8- 71/ 915.5%22.0%
OPEN特別1- 1- 1- 18/ 214.8%14.3%
GⅢ2- 0- 1- 14/ 1711.8%17.6%
GⅡ2- 2- 0- 20/ 248.3%16.7%
GⅠ0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
アドマイヤウイナー500万下大寒桜賞
ショウナンラグーン500万下山吹賞
ヒラボクディープ500万下水仙賞
アポロソニック500万下山吹賞
エタンダール500万下山吹賞
ステラウインド500万下山吹賞
ウインバリアシオンGⅡ弥生賞
マッハヴェロシティOPEN特別すみれS
トップカミング500万下アザレア賞
クリスタルウイング500万下
モンテクリスエス500万下

まとめ

ここまでの4つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する。

スズカテイオー

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の青葉賞の登録頭数は19頭(出走可能頭数18頭)となっていて賞金順により抽選対象となっている馬が多数いるので注意が必要だ。

今回の激走選定馬スズカテイオーも抽選対象となっている(抽選対象馬10頭中9頭が出走可能)。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事