(C)Ko-Mei

2018年6月27日、大井競馬場で帝王賞(GI/ダート2000m)が行われる。ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、サウンドトゥルー、アポロケンタッキー、テイエムジンソク、アウォーディーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

帝王賞といえば数々のダート王たちが名勝負を繰り広げてきた伝統のレースだ。メイセイオペラ、アドマイヤドン、タイムパラドックスといった懐かしい名前が並ぶ。

特に2000年代後半から10年代前半にかけての王者は名馬ばかり。フリオーソ、ヴァーミリアン、スマートファルコンにホッコータルマエと、日本のダート競馬を引っ張ってきた馬たちが思い出される。今年はどんなレースが繰り広げられるのか?

以下が出走予定馬とオッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

11R 帝王賞
ダ2000m / 天気: / 馬場: / 発走:20:05
6回大井3日目 4歳上 15頭
本賞金:6000、2100、1200、600、300万円

出走予定馬・登録馬

絶対王者たちが去り、近年では混戦模様。ダート界は群雄割拠の様相を呈してきている。今年はGI3勝で前走かしわ記念制覇のゴールドドリームと昨年の覇者ケイティブレイブが一番人気を争う。もっとも、前者は大井競馬場で2走して3着が1回のみと、地方との砂の相性に不安を残す。後者は安定感が持ち味であるものの、パンチ力に欠ける一面を持つ。長距離が得意な同馬にとっては距離短縮のローテーションも歓迎ではないだろう。

他にはテイエムジンソク、サウンドトゥルー、アポロケンタッキーらが候補になるが、いずれも絶対的な能力を持っているかというと疑問符がつく。展開一つ、騎手の乗り方一つで順位が変わるようなメンバー構成と言えそうだ。

グランユニヴェール 牡5 高松亮騎手 福田真広厩舎
ケイティブレイブ 牡5 福永祐一騎手 杉山晴紀厩舎
トーセンスパンキー 牡6 遠藤健太騎手 秋吉和美厩舎
ゴールドドリーム 牡5 C.ルメ騎手 平田修厩舎
テイエムジンソク 牡6 古川吉洋騎手 木原一良厩舎
リッカルド セ7 矢野貴之騎手 佐藤裕太厩舎
アウォーディー 牡8 武豊騎手 松永幹夫厩舎
ヒガシウィルウィン 牡4 森泰斗騎手 佐藤賢二厩舎
アポロケンタッキー 牡6 内田博幸騎手 山内研二厩舎
サウンドトゥルー セ8 大野拓弥騎手 高木登厩舎
ネオヴェルモット 牝4 千田洋騎手 久保田信厩舎
オールブラッシュ 牡6 田辺裕信騎手 村山明厩舎
サブノクロヒョウ 牡5 笹川翼騎手 阪本一栄厩舎
カツゲキキトキト 牡5 大畑雅章騎手 錦見勇夫厩舎
アサクサポイント セ10 加藤聡一騎手 今津博之厩舎

想定人気・予想オッズ

14番人気 グランユニヴェール 353.8倍
2番人気 ケイティブレイブ 4倍
13番人気 トーセンスパンキー 320.8倍
1番人気 ゴールドドリーム 3.9倍
3番人気 テイエムジンソク 5.9倍
6番人気 リッカルド 7.2倍
7番人気 アウォーディー 12.4倍
8番人気 ヒガシウィルウィン 17.7倍
5番人気 アポロケンタッキー 7.1倍
4番人気 サウンドトゥルー 7倍
12番人気 ネオヴェルモット 262.8倍
9番人気 オールブラッシュ 29.1倍
10番人気 サブノクロヒョウ 112.8倍
11番人気 カツゲキキトキト 114.8倍
15番人気 アサクサポイント 366.8倍

過去の勝ち馬たち

2017/06/28 ケイティブレイブ 福永祐一 [西]目野哲也
2016/06/29 コパノリッキー 武豊 [西]村山明
2015/06/24 ホッコータルマエ 幸英明 [西]西浦勝一
2014/06/25 ワンダーアキュート 武豊 [西]佐藤正雄
2013/06/26 ホッコータルマエ 幸英明 [西]西浦勝一
2012/06/27 ゴルトブリッツ 川田将雅 [西]吉田直弘
2011/06/29 スマートファルコン 武豊 [西]小崎憲
2010/06/30 フリオーソ 戸崎圭太 [地]川島正行
2009/06/24 ヴァーミリアン 武豊 [西]石坂正
2008/06/25 フリオーソ 戸崎圭太 [地]川島正行

おすすめの記事