タグ:ハープスター

ワントゥワンの血統や将来性は?母ワンカラットでハープスターと同配合の素質馬の課題


7月25日に中京競馬場で行われた新馬戦(芝1400m)でディープインパクト産駒のワントゥワン(牝2)がデビュー勝ちを飾った。

道中4、5番手で競馬を進めると、直線では外に持ち出して一気に加速。追いすがる内の各馬を置き去りにし、2馬身半差の圧勝劇を演じた。

ワントゥワンの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 検証していこう。

血統評価は?

ワントゥワンは父ディープインパクト、母ワンカラット、その父ファルブラヴという血統。

ワンカラットはフィリーズレビューやキーンランドカップなど、短距離重賞を4勝したスプリンターだ。GIにはあと一歩届かなかったが、桜花賞4着、スプリンターズステークス5着などの実績がある。

ディープインパクトといえばスピードを補完してくれるスピード型の牝馬と相性が良い。母父ファルブラヴといえば桜花賞馬ハープスターと同じ配合である。ファルブラヴ自身は欧州の中距離GI馬だが、種牡馬としてはマイル以下で活躍する馬を多く出している。だからディープインパクトと配合しても重くなりすぎず、活躍馬を出しているのだ。

また、4分の3同血のベアトリッツ(ワンカラットの半妹)は3勝を挙げている。近親で母と兄弟のサンシャインはオープン馬。多くの活躍馬が出ている血統であるため、ワントゥワンも重賞戦線で活躍できるスケール感があると判断していいだろう。

【次のページヘ】ワントゥワンの課題とは?GI戦線で活躍するために必要なこと

ページ:

1

2

ハープスターがGI1勝に終わった4つの要因とは?背負った“十字架”に迫る

(C) Yusuke Tsutaya

どうしてハープスターは桜花賞しか勝てなかったのか?

5月7日に現役を引退したディープインパクトの愛娘のキャリアに疑問を抱く方は多いはずだ。爆発的な末脚を繰り出し、他の馬にはない特別な才能を持っていることは明らかだった。それなのに、GIタイトルは牝馬限定の桜花賞だけ。否が応にも物足りなさを感じてしまう。

なぜ、ハープスターはGIを一つしか勝てなかったのか? そのキャリアを紐解くことで、彼女が背負っていた“十字架”を解き明かしていこう。

要因① 極端すぎる脚質

最初に挙げられるのは、脚質が極端すぎたことだ。最後方に構えて直線で外を回して差し切る――。それがハープスターのスタイルだった。

新潟2歳ステークスの上がり3ハロンは32秒5、桜花賞は32秒9だった。強烈すぎる、鮮烈すぎる末脚を持っていたため、このスタイルを取ることができた。ただし、追い込み一気というのは現代競馬のスタイルに合わない。

馬場造園技術の向上により、内と外の馬場差がなくなってきている。よって単純に外を回した馬は距離をロスした分、不利になるケースが多くなっている。ハープスターの脚質では、もろに不利を受ける可能性が高いというわけだ。

オークスでは好位から早めに抜けだしたヌーヴォレコルトを捉えきれなかった。凱旋門賞では外からただ1頭伸びてきたが、勝ったのは内から抜けだしたトレヴだった。機能性がなければ現代競馬でコンスタントにいい成績を残すことは難しい。言い換えると、秀逸な末脚で能力の高さを示したとしても、結果につながるとは限らないのだ。

機能性不足――。それが大きな要因の一つだった。

要因② スターとなり試作が難しくなった

新潟2歳Sや桜花賞で後方一気のスタイルを確立させたことが、彼女のキャリアを難しくしてしまった。一度ハマったスタイルを変えることは簡単ではなく、先行を試みたり、馬群の中に入れてみたりしたが、試作はうまくいかなかった。

そもそも新しいチャレンジができるような環境になかったことが陣営にとって不幸だったといえるかもしれない。鮮烈な末脚に注目したマスメディアは彼女をスターに仕立て上げた。多くのファンは「外を回せば勝てる」と思っている。本当は先行させたかったとしても、それで失敗したら批判を浴びることは間違いない。そうなると、やりたいことがやりづらくなる。しかし、試作を試みることができなかった結果、敗戦を重ねることになった。

そういった“ジレンマ”に悩まされ、ハープスターのキャリアは影を落とすことになったのかもしれない。

【次のページへ】残り2つの要因は血統と競馬界の“悲願”?

ページ:

1

2

ハープスター&ホエールキャプチャお疲れ様でした!

ハープスター引退

自分の得意な走り方をさせてもらえなかったり、なかなか適レースに出してもらえなかったり、落鉄があったりと不運続きだったハープスター。

残念ながら故障で現役引退となってしまいました。

三歳牝馬として凱旋門賞に挑戦したり、今年はドバイへ行ったりと、短いながらもハードな競走馬生活を送ってきたように思います。素晴らしい競走能力を持っているのはもちろんですが、陣営の言葉やパドックでの様子から、ハープスターに関してはむっちりした可愛い大食いキャラという印象の方が強くついてしまいました。ここでの引退は大変勿体なくも感じますが、無理をして、もっと大きな故障をする前に繁殖に上がれたことで、むしろホッとしてます。

名牝ベガが残した唯一の牝馬ヒストリックスターの仔であるハープスターには、出来るだけ多くその血を残して行ってほしいと思います。

今週は優秀な馬の引退発表が相次ぎましたが、惜敗続きからのヴィクトリアマイル勝利、そしてスランプからのヴィクトリアマイルで復調と、ファンに多くの感動を与えてくれたホエールキャプチャも、8日付で中央登録抹消となりました。

「G1牝馬が何でまだ走ってるの?お母さんにならないの?」とハラハラしながら見ていましたが、得意のヴィクトリアマイル前に、脚部不安で引退が決まったようです。

ホエールキャプチャと言えば、船橋競馬場で間近に見られたというのも良い思い出ですが、何といっても強く残っているのはこの姿↓

ホエールキャプチャinVM2014
去年のヴィクトリアマイルの待機所で、ここまでメンコがずれても大人しく立ってましたね。そのぽやんとした感じがとても可愛くて、ますますファンになりました。

生まれ故郷に帰って、末永く幸せな馬生を送れるよう祈ってます。


ハープスター引退までの軌跡!狂った歯車、子ども・産駒へ引き継がれる夢

(C) Yusuke Tsutaya

再び末脚が爆発することはなかった。

5月7日、2014年の桜花賞馬ハープスターがターフを去った。右前脚繋靭帯を損傷し、種子骨靭帯炎を併発したため復帰が困難になったのだ。

●詳細→桜花賞馬ハープスターが引退!父ディープインパクト、祖母ベガの良血馬

桜花賞での強烈な末脚によって一躍スターダムに駆け上がった“快速牝馬”はどのようなキャリアを送ったのか。改めて、振り返っていきたい。

体内に流れる名牝の血

ディープインパクト、母ヒストリックスター、その母ベガという血統背景を持つハープスターは、期待の良血馬として注目を集めていた。

特に母母のベガは日本を代表する競走馬・繁殖牝馬として知られている。産駒にはダービー馬アドマイヤベガ、“ダート王”アドマイヤドンといったGI馬が名を連ねる。そんな名牝にディープインパクトの種がつけられたのだから、期待を集めるのは当然の成り行きだろう。

人気一口馬主クラブ、キャロットファームで募集され、総額4000万円、口数400口、1口当り10万円という価格がつけられた。キャロットファームは社台グループに属しているため比較的安い募集となったが、セレクトセールに出されていたら1.5倍や1億円の大台もくだらなかったはずだ。案の定、あっと言う間に400口を突破し、抽選になったことは言うまでもない。

素質を爆発させた新潟2歳ステークスと桜花賞

ハープスターは周囲の期待に応えてデビュー戦をあっさり勝つと、2戦目の新潟2歳ステークスでさらに脚光を浴びることになる。

スタートから最後方につけると、4コーナー18番手から満を持して追い出しを開始。前にいた17頭をごぼう抜きし、後の皐月賞馬イスラボニータらを完封した。3馬身差の圧勝劇、上がりタイムは驚異の32秒5を記録した。周囲の期待がさらに膨らんだことは想像に難くない。

次走の阪神ジュベナイルフィリーズでは惜しくも栄冠を取り逃したものの、安定の上がり最速を記録。休養を挟んで迎えたチューリップ賞で“試走”を終え、迎えた桜花賞では再び豪脚を披露する。4コーナーで最後方につけたハープスターは、直線で爆発力を余すところなく発揮。前を行くレッドリヴェールをクビ差捉え、GI初制覇を達成した。

「怪物の誕生」、「ディープインパクトの再来」、「未来の凱旋門賞馬」……。

夢の様な文言が紙面を飾るほど、ある種の一大ムーブメントを起こしたのだった。

狂った歯車と突然の引退

ただし、ハープスターのキャリアの頂点はここだった。

続くオークスでは断然の1番人気に支持されながらヌーヴォレコルトに敗戦。札幌記念こそゴールドシップに競り勝ったが、凱旋門賞6着、ジャパンカップ5着、京都記念5着、ドバイシーマクラシック8着と、爆発的な末脚をなりを潜めてしまった。

なぜハープスターは勝てなくなったのか。後日、改めて検証記事を書こうと考えているため、ここではあえて触れないことにする。とにかく、ハープスターのキャリアは志半ばにして突然終わりを迎えてしまった。ファンが多い馬だったこともあり、残念という他以外、言葉が見当たらない。

夢の続きを託す

今後、ハープスターは繁殖牝馬として繋養される。

ディープインパクト産駒のためサンデー系種牡馬と種付けすることはできないが、何しろベガの血を引く良血馬だ。いい仔を産んでくれることだろう。

しかも社台スタリオンステーションには非サンデー系の良質な種牡馬が揃っている。キングカメハメハやハービンジャーといった選択肢が数多くある。どの種牡馬をつけるのか、贅沢な悩みが生まれることは想像に難くない。

ベガを筆頭に、アドマイヤベガ、アドマイヤボスは故障が原因で引退を余儀なくされ、ハープスターもまた、故障が原因で引退となった。体質の弱さは気がかりであるものの、関係者の方々もその点は熟知しているはず。名血を後世につないでいくために、尽力してくれるはずだ。

ハープスターは“夢の途中”でターフを去ることになった。返す返す、とても残念でならない。しかし、“終わってしまった夢の続き”を見られるのが競馬の魅力だ。彼女が果たせなかった夢を、きっと仔どもたちが受け継いでくれるはず。そう信じて、繁殖牝馬としての成功を祈りたい。

おすすめコラム

ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
ポルトドートウィユと武豊騎手をつなぐ“絆”!日本ダービーへ必勝体制
注目記事満載!競馬の魅力を語り尽くす最新コラム一覧へ


ドバイワールドカップデー惨敗の日本馬の敗因と煽り報道の是非を考える

(C)Waseem BKH

3月28日、アラブ首長国連邦のドバイ、メイダン競馬場でドバイワールドカップデーが開催された。日本馬はドバイワールドカップに出走したエピファネイア(牡5)が9着、ホッコータルマエ(牡6)が5着、ドバイシーマクラシックに出走したワンアンドオンリー(牡4)が3着、ハープスターが8着、そしてUAEダービーに出走したゴールデンバローズ(牡3)が3着、タップザット(牡3)が5着、ディアドムス(牡3)が8着という結果に終わった。

去年はジェンティルドンナとジャスタウェイが勝利し、日本馬が大活躍だった。今年はなぜ、多くの馬が活躍できなかったのか? 改めて振り返っていきたい。

世界的なダート馬が生まれにくい環境

ドバイワールドカップとUAEダービーに関しては明確な答えがある。

残念ながら、まだ日本のダート馬は世界のトップレベルとは差があるのだ。これが現実と言わざるを得ない。

日本の芝馬、特に芝中距離路線は世界でもトップクラスの実力と層の厚さを誇っている。

凱旋門賞こそ、適正の違いによって制覇に至っていないが、ホームグランドで行われるジャパンカップではもはや外国馬は相手にならない。また、ドバイにおけるジェンティルドンナやジャスタウェイの勝利、オーストラリアにおけるアドマイヤラクティやリアルインパクトの活躍を見れば、芝路線のレベルの高さは明らかだ。

事実、海外における日本調教馬の芝GI優勝回数は26回に上っている。

一方、残念ながらダート馬は海外で活躍できていない。GI勝利回数はいまだにゼロ。今までの最高成績(ドバイワールドカップ2着)を残したトゥザヴィクトリーはもともと芝のGI馬である。日本と海外ではダートの質が違うため、一概に日本馬のレベルが低いということはできないが、残念ながらトップレベルにあるとは言えない。

理由はいくつも考えられる。例えば日本の血統がサンデーサイレンス系に偏りすぎている点だ。サンデーサイレンス系は芝の中距離を得意とするため、ダートが苦手な馬が多くなる(=ダートのレベルが低くなる)のは仕方がない。

また、そもそも日本のホースマンたちが最初に目標に掲げるのは「日本ダービー制覇」である。日本ダービーを勝つための馬作り(=芝中距離で勝てる馬作り)が行われているため、世界で通用するダート馬が生まれにくい環境にあるのだ。

今後は、特に3歳ダート路線の整備を行わないと、ダート馬のレベルはなかなか上がっていかないだろう。

ただゴールデンバローズの3着は嬉しいニュースだった。UAEダービーのペースは先行勢に辛いものだった。そんな中で3着に粘ってみせた。おそらく適正距離はもっと短いだけに、マイル前後であれば世界で戦えるのではないだろうか?

今回の結果にめげることなく、再び果敢に海外へ挑戦し、ダートGIを制するシーンが見てみたい。

エピファネイアの惨敗は残念だが必然

エピファネイアの惨敗に関しても触れなければならないだろう。

まず、下記の記事を読んでいない方は、先に目を通してほしい。

なぜエピファネイアのドバイWC挑戦を“批判”するメディアはないのか?

ここで書いたように、芝GI馬がいきなりダートGIで結果を出すのは極めて困難なことだ。

大前提として、芝とダートでは求められる能力が全く違う。

芝では瞬発力やスタミナが重要になるが、ダートで求められるのはパワーだ。そして砂をかぶってもひるまないような根性や経験も必要となる。

だから芝適性の高い馬や、芝のレースを使われ続けてきた馬はたとえGI級の力を持っていたとしても、ダートで惨敗するケースが多々見られる。カレンブラックヒル、トゥザグローリー、グランプリボス、リーチザクラウン、ローエングリンといった芝GIで好走経験のある馬のダート挑戦の歴史を振り返れば、厳しさは明らかだろう。(上記の記事より引用)

言ってみれば芝とダートは、バレーボールとビーチバレーくらい違う。

バレーボールのオリンピック金メダリストがビーチバレーでいきなり活躍できるかというと、必ずしもそうではない。バレーボールの実力は折り紙つきで身体能力も高いはずなのに、足元が砂というだけで全く違う競技になる。

競馬でも同じことが言えるのではないだろうか?

エピファネイアの挑戦は残念な結果に終わった。しかし、今回に関しては「仕方なかった」と割り切るべきだろう。芝に戻れば大将格であることに変わりはない。今回、海外遠征の経験を詰めたとプラスに捉え、さらなる挑戦にトライしてほしい。

復活へ手応えを得たワンアンドオンリー

ゴールデンバローズとともに、日本馬の中で健闘したのがワンアンドオンリーだ。

昨年の日本ダービーで勝って世代の頂点に立ちながら、秋は不甲斐ない成績に終わった。特に古馬GIの成績が振るわなかったため、ここでも厳しいと思われていたが、大健闘の3着となった。

昨年の秋は完全に使い詰めのローテーションで馬がかわいそうだった。しっかりと間隔を空けて大事に使えば一級戦で戦える力はあるということだ。

今後はキングジョージへ向かう可能性が高いという。ぜひ実現し、父の無念(3着)を晴らしてほしい。

適正距離を見誤った? ハープスターの惨敗

最後にハープスターについて。

ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る

大前提として1番人気というのは明らかに過剰人気だった。3歳牝馬限定GIの桜花賞を制したあとはオークスで敗れ、凱旋門賞やジャパンカップ、さらに京都記念でも健闘止まり。そんな馬が世界の強豪より人気を得ていたというのだから、少しかわいそうだった。

敗因はいくつも考えられるが、やはり距離の問題が大きいように思う。

馬齢が若いうちは長い距離に適応できる。だから凱旋門賞やジャパンカップでも上位に入選できた。しかし、古馬になるとだんだん距離の融通がきかなくなってくる。

特に母父のファルブラヴは短距離馬を出す傾向にある。エーシンヴァーゴウ、フォーエバーマーク、アイムユアーズ、ブルーミンバーなど、活躍しているのはほとんどが2000mより短い距離(というかマイル以下)で走る馬だ。母系に入ってもその色が濃く出てしまう可能性は十分にある。

幸い、彼女にはヴィクトリアマイルという“最適のレース”が用意されている。厳しいスケジュールの中で迎える帰国初戦ではあるが、適正を見極める上でこれ以上のレースはない。内容を見て、今後の路線を適切に判断してほしい。

煽り報道の是非

こうして冷静に振り返ると、どの馬も不安要素を抱え、厳しいシチュエーションに置かれていたことが分かる。

日本馬が海外へ挑戦するというニュースは嬉しいし、一人の競馬ファンとして応援したいと思う。ただ、今回もマスコミの報道は煽る内容のものが多かったように映った。(これはあくまでも私の主観であるため、「違う」という意見はあって当然だし、そういった意見は素直に受け入れたい。)

サッカーや野球でもそうだが、煽るだけの報道に価値はあまりない。冷静な分析も必要になってくる。

ファンとしては煽られれば煽られるほど、期待値は高くなる。期待値が高くなれば、裏切られた時の落胆も大きくなる。

「日本馬の海外遠征を盛り上げる」というのはいい姿勢だし、必要なことだ。しかし一方で「現実的には◯◯」という冷静な意見がもっと必要だったのではないだろうか?

もちろん、無理やり批判しろということではない。「そういう考え方もある」ということを示すことで議論が生まれることに価値がある。そして、それがメディアの一つの大きな役目である。

来年も、あるいは今年もまだまだ日本馬は海外に挑戦していくことだろう。ワンアンドオンリーはキングジョージへ向かうし、キズナは凱旋門賞への再挑戦を表明している。彼らが挑戦する際には競馬を盛り上げることに加え、色々な角度からの意見が必要になってくるのではないか。そうしていくことで競馬という文化はより一層、広がっていくと思う。

そんなことを考えた、今年のドバイワールドカップデーだった。


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る