安田記念2018の競馬予想分析、結果発表!回収率200超のデータ該当馬は?


(C)MAZIMICKEY

2018年6月3日、東京競馬場で安田記念(GⅠ/芝1600m)が行われる。スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、サングレーザー、リスグラシュー、リアルスティール、レッドファルクス、サトノアレス、アエロリットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

2006年にヴィクトリアマイルが新設されてから、毎年春の東京開催で5週連続行われている春のGⅠシリーズもいよいよ安田記念で最後となる。

今年で68回目を迎える安田記念は1984年のグレード制導入時からGⅠに格付けされ春のマイル王決定戦の位置づけとなり、1993年からは国際競走としてこれまでに3頭の外国馬が優勝しているレースでもある。

1995年にドバイから遠征してきたハートレイクに武豊騎手が騎乗し、当時の日本のマイル・中距離戦線での代表馬ともいえる単勝1番人気のサクラチトセオーをハナ差で破ったレースなどは競馬ファンの記憶にも残るレースとなっている。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか? 4つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。(対象データ:2008年~2017年に行われた安田記念)


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 前走中山東京中京以外は消し!
ポイント3 前走上がり3F3位以下は消し!
ポイント4 7歳馬以上は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

春のマイルGⅠとしてレース体系も確立されている安田記念ではこれまでの実力に加え、調子の見極めがしやすいこともあって実力人気共に兼ね備えている馬が順当に活躍できている。そのため、人気別に集計した場合、単勝が10番人気以下になるような馬の成績は芳しくない。

馬名人気予想オッズ
アエロリット611.0
ウインガニオン1390.6
ウエスタンエクスプレス1275.6
キャンベルジュニア927.1
サトノアレス510.0
サングレーザー34.7
スワーヴリチャード13.2
ダッシングブレイズ16320.4
ヒーズインラブ1173.5
ブラックムーン15212.9
ペルシアンナイト24.6
モズアスコット1040.8
リアルスティール711.1
リスグラシュー46.8
レーヌミノル14177.8
レッドファルクス814.0

人気薄・単勝10番人気以下の出走馬は……

ウインガニオン
ウエスタンエクスプレス
ダッシングブレイズ
ヒーズインラブ
ブラックムーン
モズアスコット
レーヌミノル

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 前走中山東京中京以外は消し!

安田記念はマイル戦ということもありステップレースでなくても各競馬場でレースが行われているものの中山・東京・中京の各競馬場以外のレースを経て安田記念に出走した馬の成績は奮わない。

馬名前走場所
アエロリット東京
ウインガニオン東京
ウエスタンエクスプレス香港
キャンベルジュニア東京
サトノアレス東京
サングレーザー京都
スワーヴリチャード阪神
ダッシングブレイズ京都
ヒーズインラブ中山
ブラックムーン京都
ペルシアンナイト阪神
モズアスコット京都
リアルスティールアラ首
リスグラシュー東京
レーヌミノル東京
レッドファルクス中京

前走中山東京中京以外で出走した馬は……

ウエスタンエクスプレス
サングレーザー
スワーヴリチャード
ダッシングブレイズ
ブラックムーン
ペルシアンナイト
モズアスコット
リアルスティール

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走上がり3F3位以下は消し!

直線が長い東京競馬場のレースでは最後の直線での追い比べとなることが多く、結果として上がり勝負になることも多く、安田記念では前走で最後の600m/上がり3Fが2位以内だった馬が確実に活躍できる傾向にある。

馬名上がり3F順位
アエロリット12
ウインガニオン13
ウエスタンエクスプレス
キャンベルジュニア6
サトノアレス2
サングレーザー1
スワーヴリチャード5
ダッシングブレイズ6
ヒーズインラブ1
ブラックムーン4
ペルシアンナイト1
モズアスコット4
リアルスティール
リスグラシュー1
レーヌミノル15
レッドファルクス1

前走上がり3F3位以下の馬は……


アエロリット
ウインガニオン
キャンベルジュニア
スワーヴリチャード
ダッシングブレイズ
ブラックムーン
モズアスコット
レーヌミノル

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 7歳馬以上は消し!

最後に年齢別で集計すると、成長途上の4歳馬や脂が乗っている5歳馬・6歳馬の活躍が中心だ。スピードが必要となるマイル戦では一部の晩成型を除き、競走馬としてのピークが過ぎつつある7歳以上の高齢馬は不振が目立つ。

馬名馬齢
アエロリット4
ウインガニオン6
ウエスタンエクスプレス6
キャンベルジュニア6
サトノアレス4
サングレーザー4
スワーヴリチャード4
ダッシングブレイズ6
ヒーズインラブ5
ブラックムーン6
ペルシアンナイト4
モズアスコット4
リアルスティール6
リスグラシュー4
レーヌミノル4
レッドファルクス7

7歳以上の馬は……

レッドファルクス

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

サトノアレス
リスグラシュー

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。



この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る