(C)shin1k

惜敗よさらば――。

2018年5月13日、東京競馬場でヴィクトリアマイル(GⅠ/芝1600m)が行われる。阪神牝馬ステークスを制したミスパンテール、去年のヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード、3歳時にNHKマイルカップを勝ったアエロリットなどが出走予定だ。その中であと一歩でGⅠに勝てないのがレッツゴードンキだ。

レッツゴードンキの前走は高松宮記念だったが、最後の直線で抜け出し、桜花賞以来のGⅠ制覇かと思わせたところでファインニードルに差されてしまって2着に終わった。高松宮記念からの直行はあまり例がないものの、ストレイトガールのように2年連続で結果を出した馬もおり、ローテ自体に不安があるわけではない。ただ同じようなローテをレッツゴードンキもこなしているが、なかなか結果が出ていないのは不安要素でもある。

それでもレッツゴードンキには、他の馬にはないような武器をいくつか持っている。馬場も展開も不問、スプリンターの世界でも十分に戦えるスピードや切れ味がある。今回は高いレベルでの混戦となっており、予想オッズを見ても見解が分かれている。熱心な競馬ファンからドンキちゃんと呼ばれ愛されるレッツゴードンキの完全復活の可能性を掘り下げる。


ポイント① GⅠでの安定感

前走の高松宮記念はタイム差なしハナ差の2着、去年のスプリンターズステークスはタイム差なしクビ差の2着、去年の高松宮記念はコンマ2秒差の2着とここ最近はGⅠで2着が続いている。これだけ見ると生粋のスプリンターな印象を覚えるが、フェブラリーステークスではダート戦ながら5着に健闘するなど、ダートでも安定した成績を残している。それでいてこれまでのヴィクトリアマイルでの成績不振は非常に不気味に見える。本来は安定した成績を残す馬である。

東京マイル戦は中団で足を溜めて直線で抜け出して勝つのがセオリーのようなものだ。そうしたレースをこれまでにしており、直線が長い東京や中京のようなコースでは見事にハマる。しかも今回はカワキタエンカがおり、ある程度ペースは流れて、馬群がバラけやすくなる可能性が出てくる。そうなればレッツゴードンキに騎乗する岩田康誠騎手がうまく捌いてくれるはずだ。岩田騎手はレッツゴードンキに騎乗して桜花賞で逃げ切ってみせた。最近GⅠで活躍をしていることから、この勢いにレッツゴードンキも乗りたい。

ポイント② 成長力の高さ

レッツゴードンキの馬体重を見てみると、新馬戦の時には450キロだったものが今では500キロぐらいになっている。成績が高位安定となってきたのは、馬体重が490キロ以上をキープするようになってからである。馬として大きく成長した分、それが成績につながっていることが言える。もっと言えば、前回より体重が下がっているような状況はあまりいい状態とは言えない。プラス10キロというのを見ると不安を感じるかもしれないが、レッツゴードンキからすればむしろプラス材料である。

過去のヴィクトリアマイルではいずれも体重を減らして参戦していた。去年はマイナス10キロ、一昨年はマイナス6キロだったがその前のレースでマイナス8キロ減らすなど、馬体重だけを見ればパワーが落ちたような印象すらある。ちなみに今年2月に勝利した京都牝馬ステークスではプラス10キロで勝利し、その前のレースで11キロ増やし、計21キロのプラスになっている。調教をハードにこなし、それでも体重が増えるというのはそれだけ充実した証拠である。当日は馬体重を見て判断するのもいいだろう。

ポイント③ 臨戦過程が充実

2016年、2017年とヴィクトリアマイルに参戦しているが、その充実ぶりは間違いなく今年が一番である。初挑戦の時は桜花賞の賞金だけで色々なレースに出ていただけというような成績で本番に臨み、それなりの結果に終わってしまった。2017年の時はダート初挑戦となったJBCレディスクラシックで2着に入ってから調子を上げ、ある程度充実した状態で臨むことができた。今年はスワンステークス以外はGⅠのレースばかりに出ており、香港スプリントで遠征をすることもできた。

本格化を迎えている一方、東京マイルが苦手と思われていながらもダートながら健闘した事実はとても大きい。切れ味頼りだった去年とは違い、最近は上がり3ハロンのタイムはある程度犠牲にしながらも中団やや前目でレースに臨み、抜け出して勝つという競馬を目指しており、それが板についてきた。切れ味勝負でも十分戦えるが、レッツゴードンキの型が完成されてきており、その姿で本番も臨みたい。また、牝馬限定戦にあまり出ていないため、力関係も未知数な部分がある。そのあたりもプラスの要素だ。

まとめ

わずか3勝しかしていないが、2着は7回も経験している。その中でGⅠに絞ると阪神ジュベナイルフィリーズから始まり、5回も経験している。本来はもっと人気になってもおかしくないが、過去2回のヴィクトリアマイルでの惨敗が人気を押し下げる要因になる可能性がある。マイル自体は全く問題がなく、左回りも苦手というわけではない。あとは乗り方、脚の使い方だろうが、2度惨敗をしている分、鞍上の岩田騎手もそのあたりはわかっているはずだ。

多くの女性ファンが応援をしている中、ここは何としても勝ちたい。レッツゴードンキのスピードがうまく活きる展開になれば、十分チャンスはある。過去よりも前を見る、そんなレッツゴードンキのアグレッシブな走りが当日見られるかどうか、そこにも注目だ。

おすすめの記事