ユートピアが種牡馬繋養先のトルコで死亡!武豊騎手とゴドルフィンマイル制す


2006年にドバイのゴドルフィンマイルを制したユートピアが種牡馬として繋養されていたトルコで死亡したことが分かった。死因は心臓発作と見られる。

ユートピアは父フォーティナイナー、母ドリームビジョン、その父ノーザンテーストという血統。ノーザンファームの生産馬で金子誠オーナーの所有馬としてデビューした。

2歳時から高いパフォーマンスを披露し、全日本2歳優駿を制覇。3歳以降もダービーグランプリ、マイルチャンピオンシップ南部杯などを制し、6歳時にドバイ遠征を行った。ゴドルフィンマイルでは武豊騎手とコンビを組み、日本馬として初めて海外のダート重賞を制覇した。

この勝利が評価され、06年5月にはシェイク・モハメド殿下が率いるゴドルフィンへの移籍が決定。引退後はアメリカで種牡馬入りし、14年にトルコのナショナルスタッドに渡っていた。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
悲運の名馬!ベルルミエールがGIや重賞で活躍する可能性大な理由とは?
アンビシャスの血統や将来性は?ラジオNIKKEI賞勝ち馬を徹底分析!
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る