ターコイズS2017の予想分析…4つの注目点から浮上する激走馬とは?


(C)MAZIMICKEY

2017年12月16日、中山競馬場でターコイズステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。

ラビットラン、フロンテアクイーン、ワンブレスアウェイ、ミスパンテール、リエノテソーロ、エテルナミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか?

重賞に昇格したのは2015年ではあるが、それ以前から牝馬限定のオープン特別として12月に実施されていたため、昔からの競馬ファンには馴染みの深いレースだ。

牝馬限定のハンデ戦は年間でも他に3レース(愛知杯・中山牝馬ステークス・マーメイドステークス)しかなく、いずれも荒れる傾向にあるレースとして知られている。

そんな予想が難しいレースでもあるターコイズステークスだが、今回はオープン特別時代も含めて過去10年の結果を元としてデータ分析する。


注目点① 内枠有利とは限らない!!

中山競馬場芝1600mは一般的に内枠有利で外枠不利のコースとして知られているが、ターコイズステークスに限っては、ハンデ戦という設定の影響もあり、中枠の成績がいいのが特徴の一つとなっている。

枠番別集計 ターコイズステークス 過去10年

枠番着別度数勝率複勝率
1枠1- 0- 2-11/147.1%21.4%
2枠1- 1- 1-13/166.3%18.8%
3枠0- 2- 2-14/180.0%22.2%
4枠3- 1- 2-13/1915.8%31.6%
5枠2- 3- 0-15/2010.0%25.0%
6枠0- 0- 2-18/200.0%10.0%
7枠1- 2- 1-16/205.0%20.0%
8枠2- 1- 0-17/2010.0%15.0%

集計期間:2007年 ~ 2016年

枠番別集計 中山競馬場 芝1600m 2007年以降

枠番着別度数勝率複勝率
1枠79- 73- 78- 817/10477.5%22.0%
2枠90- 93- 86- 851/11208.0%24.0%
3枠80- 86- 70- 925/11616.9%20.3%
4枠97- 90- 81- 931/11998.1%22.4%
5枠70- 72- 82-1022/12465.6%18.0%
6枠94- 81- 90-1004/12697.4%20.9%
7枠76- 82- 85-1041/12845.9%18.9%
8枠70- 80- 83-1059/12925.4%18.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

つまり、ターコイズステークスを予想する際には枠番はあまり考えず、フラットな状態で検討するのが望ましいと言える。

注目点② ハンデ差もあまり関係ない

枠番が検討材料になりにくいことから次に斤量=ハンデに注目してみた。

ハンデ戦は通常ゴール前で全馬が横一直線に並ぶようにハンディキャッパーが各馬の斤量を定めるが、ターコイズステークスにおいては見事に狙い通りの結果となっている。

斤量別集計 ターコイズステークス 過去10年

斤量着別度数勝率複勝率
~49kg0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%
49.5~51kg2- 1- 2- 22/ 277.4%18.5%
51.5~53kg3- 6- 4- 47/ 605.0%21.7%
53.5~55kg3- 2- 4- 34/ 437.0%20.9%
55.5~57kg2- 1- 0- 8/ 1118.2%27.3%

集計期間:2007年 ~ 2016年

このことからターコイズステークスにおいては、斤量も予想するファクターとしてはあまり意味はないことがわかる。

注目点③ 年齢だけでは決められない

枠順、ハンデが参考にならないので、その次の注目点として年齢に着目してみた。

3歳馬にとって古馬との対戦が増えてくる夏競馬以降、3歳馬対古馬の構図で毎年語られるが、12月のこの時期になってくると翌月には4歳馬=古馬になるわけで、成績にもあまり差がなくなってくることがデータからよく分かる。

年齢別集計 ターコイズステークス 過去10年


年齢着別度数勝率複勝率
3歳2- 7- 4-39/523.8%25.0%
4歳4- 3- 2-26/3511.4%25.7%
5歳4- 0- 3-37/449.1%15.9%
6歳0- 0- 1-12/130.0%7.7%
7歳0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2016年

6歳以上の馬にはあまりチャンスがないことはわかるが、年齢だけではまだ決めることができない。

注目点④ 前走クラスに大いに注目!

ここまでの注目点では激走馬候補は見つけることがまだできないが、前走クラスに注目すると意外なことがわかったのである。

前走クラス別集計 ターコイズステークス 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
1000万下0- 0- 1- 7/ 80.0%12.5%
1600万下5- 3- 2- 42/ 529.6%19.2%
OPEN特別0- 1- 2- 22/ 250.0%12.0%
G30- 0- 1- 17/ 180.0%5.6%
G20- 0- 2- 6/ 80.0%25.0%
G15- 5- 2- 19/ 3116.1%38.7%

集計期間:2007年 ~ 2016年

なんと、準オープンからの格上挑戦組かGⅠ敗戦からの適鞍を求めての再調整組かの2つにはっきり傾向が分かれるのである。

ちなみに準オープン組からの格上挑戦組と書いたが、前走で準オープンを勝ってオープン入りした馬は3着に1回来たことがあるものの、それ以外は馬券圏内に入ったことすらないのも特徴だ。

つまり、軽ハンデ狙いや中山競馬場との相性など何かしら狙いを定めて、ターコイズステークスを使ってきた馬にチャンスがあるレースなのだ。

そこで先程注目した年齢も加味すると傾向がさらに明らかになる。

レース一覧・前走クラス:1600万下  年齢別集計


年齢着別度数勝率複勝率
3歳0- 2- 1-11/140.0%21.4%
4歳4- 1- 1-12/1822.2%33.3%
5歳1- 0- 0-15/166.3%6.3%
6歳0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
7歳0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2016年

つまり、ここで賞金を加算して翌年の牝馬重賞戦線に弾みをつけていきたい3歳4歳のまだ成長を見込むことができる馬に限られるのだ。

また、GⅠ敗戦からの再調整組と書いたが、前走のGⅠでは馬券圏内に入らなかったような馬がここから再スタートを切ることが多いレースでもある。

レース一覧・前走クラス:G1 年齢別集計

年齢着別度数勝率複勝率
3歳2- 5- 1-12/2010.0%40.0%
4歳0- 0- 1- 4/ 50.0%20.0%
5歳3- 0- 0- 1/ 475.0%75.0%
6歳0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2016年

3歳と5歳に良績が集中しているが今年は5歳馬の該当がいないので3歳馬から後ほど激走馬をピックアップする。

3歳馬の良績理由は準オープン組に似ているが、ここから来年の牝馬重賞戦線に名乗りをあげたいということに他ならない。

まとめ

ここまでで激走馬候補を見つけ出すのに必要なデータはすべて出揃った。

今回注目するのは次の2頭。

フロンテアクイーン 牝4  前走 ユートピアステークス 2着 ←前走準オープン格上挑戦組

ラビットラン    牝3  前走 秋華賞        4着 ←前走GⅠ敗戦からの再調整組

フロンテアクイーンとラビットランは共におそらく人気になると思われるが、軸がはっきりきまれば、元々荒れる傾向の強いターコイズステークス。

2頭を軸に人気薄へ手広く流す方法などでも穴馬券を狙えるので、ぜひ参考にしていただきたい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る