チューリップ賞2018の競馬予想分析…マウレアが巻き返しを図る3つのポイントとは?


(C)MAZIMICKEY

2018年3月3日、阪神競馬場でチューリップ賞(GⅡ/芝1600m)が行われる。ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレア、シグナライズ、サラキア、スカーレットカラーらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

この記事では阪神JF3着のあと人気を集めたクイーンCで凡走したマウレアの巻き返しに注目し、その注目ポイントを挙げていくこととしたい。


ポイント① 阪神マイルで巻き返す

前走のクイーンCでは先行する競馬で伸びあぐねてしまった同馬だが、テトラドラクマの刻む澱みないペースで末脚を削がれてしまった印象だ。

後傾ラップになりやすい阪神マイル代わりは単純にプラスであるし、クラシック戦線のこの時期からはそろそろ血統的なポテンシャルがレースに反映されてくる頃だろう。

そういった面では、ディープインパクト産駒ということは心強い。どのコースでも平均以上に走る同馬産駒であるが、何より阪神マイルの成績はずば抜けている。

阪神JF時はラッキーライラック(ステイゴールド産駒)、リリーノーブル(ルーラーシップ産駒)の後塵を拝したものの、適性が強く出るようなら逆転があってもおかしくはない。

ポイント② 勝負気配はメンバー随一

マウレアは2勝馬だがオープン勝ち、重賞連対がなくこのままでは桜花賞への出走は微妙なラインだ。

他の有力馬が既に賞金を抱えている中、ここはどうしても賞金を加算したいレースだろう。

血統背景からも春のクラシック(桜花賞……阪神マイル、オークス……東京2400m)には是が非でも駒を進めたいはずで、ここは勝負気配が漂う。

ポイント③ 武豊騎手への乗り替わりもプラス

全てのレースで戸崎騎手が手綱を取ってきたが、前前走の阪神JFでは直線の捌きにスムーズさを欠き、前走は包まれないよう位置を取りに行ったがイーブンラップのレースに付き合わされ伸びを欠いてしまった。

武豊騎手はこの辺りの微妙な匙加減を踏まえた上で、今回は思い切って末脚を活かす競馬をするのではないか。

権利取りという意味でも消耗戦よりは外差しのレースが合いそう。

血統背景はディープインパクト×ストームキャットの配合で、後方待機策で素質が開花したあのダービー馬キズナと同系統の配合となっている。

そのキズナの鞍上は言わずもがなの武豊騎手である。そういった背景もプラスに働くのではないか。

まとめ

消耗戦や実力勝負になるとラッキーライラック、リリーノーブルとの比較では若干分が悪いかもしれないが、その2頭は賞金を抱えている中のトライアルとなり、それほど強気な競馬はしてこないとみた。

ある程度落ち着いたペースでの差し比べになれば、マウレアの持つ血統面からの適性、鞍上の魅力から一気の逆転まであっていい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る