重馬場も?天皇賞秋2017道悪になったら…雨に強い血統・種牡馬データ一覧


(C)はねひろ

2017年10月29日、東京競馬場で天皇賞秋(GI/芝2000m)が行われる。

しかし、天気予報はあいにくの雨。稍重(やや重)、重馬場、不良馬場といった道悪の中で開催される可能性がある。

では、馬場が渋ったときに台頭してくる馬とは、どんな馬なのか? 強調できる血統を分析していくことにしよう。


出走予定馬の重馬場実績は?

着別度数
サトノクラウン4- 0- 0- 1/ 5
ディサイファ2- 1- 1- 2/ 6
ネオリアリズム2- 1- 0- 1/ 4
ヤマカツエース2- 0- 1- 4/ 7
ヒットザターゲット2- 0- 0- 9/11
ロードヴァンドール2- 0- 0- 1/ 3
ミッキーロケット1- 3- 0- 2/ 6
サトノアラジン1- 1- 1- 1/ 4
トルークマクト1- 1- 0- 5/ 7
シャケトラ1- 1- 0- 1/ 3
ワンアンドオンリー1- 1- 0- 2/ 4
ステファノス1- 0- 1- 2/ 4
キタサンブラック1- 0- 1- 1/ 3
グレーターロンドン1- 0- 0- 0/ 1
カデナ1- 0- 0- 0/ 1
レインボーライン0- 0- 1- 1/ 2
マカヒキ0- 0- 1- 0/ 1
ソウルスターリング0- 0- 1- 0/ 1
サクラアンプルール0- 0- 0- 3/ 3
勝率複勝率単回値複回値
サトノクラウン80.0%80.0%578240
ディサイファ33.3%66.7%9585
ネオリアリズム50.0%75.0%470155
ヤマカツエース28.6%42.9%297111
ヒットザターゲット18.2%18.2%29590
ロードヴァンドール66.7%66.7%20386
ミッキーロケット16.7%66.7%4878
サトノアラジン25.0%75.0%40125
トルークマクト14.3%28.6%125102
シャケトラ33.3%66.7%5386
ワンアンドオンリー25.0%50.0%342177
ステファノス25.0%50.0%15095
キタサンブラック33.3%66.7%263110
グレーターロンドン100.0%100.0%360180
カデナ100.0%100.0%170110
レインボーライン0.0%50.0%0135
マカヒキ0.0%100.0%0110
ソウルスターリング0.0%100.0%0110
サクラアンプルール0.0%0.0%00

集計期間:2011. 5.22 ~ 2017.10.15

※やや重、重馬場、不良馬場が対象

何といってもサトノクラウンの強さが光る。5回走って4勝はメンバー中トップの成績だ。春のグランプリ宝塚記念も力のいるやや重の中で制している。

道悪で強調できる種牡馬は?

種牡馬着別度数
ディープインパクト36- 45- 45-372/498
キングカメハメハ28- 31- 20-256/335
ステイゴールド24- 25- 25-290/364
ハーツクライ18- 24- 23-240/305
ダイワメジャー18- 14- 12-159/203
マンハッタンカフェ15- 17- 21-155/208
ネオユニヴァース8- 15- 12-139/174
Marju3- 0- 0- 1/ 4
ブラックタイド2- 8- 11- 70/ 91
アドマイヤジャパン2- 0- 2- 31/ 35
Frankel1- 0- 0- 2/ 3
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト7.2%25.3%8878
キングカメハメハ8.4%23.6%11071
ステイゴールド6.6%20.3%9479
ハーツクライ5.9%21.3%5162
ダイワメジャー8.9%21.7%18299
マンハッタンカフェ7.2%25.5%10591
ネオユニヴァース4.6%20.1%6181
Marju75.0%75.0%565245
ブラックタイド2.2%23.1%32168
アドマイヤジャパン5.7%11.4%28779
Frankel33.3%33.3%35390

集計期間:2013. 1.14 ~ 2017.10.22

※芝1600〜2400m
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※やや重、重馬場、不良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

ディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドといった上位種牡馬はそれなりの成績を残している。しかし、複勝回収値は70台と、突出して高いわけではない。

反対に高い数値を記録しているのが、マンハッタンカフェやダイワメジャーだ。複勝回収値は90を超えていて、パフォーマンスを上げていることが分かる。ダイワメジャーに至っては単勝回収値が182。

そしてもう一頭。ブラックタイドの台頭も見逃せない。勝ちきってこそいないが、複勝回収値はなんと168だ。数多くの穴馬が走っていることが分かる。キタサンブラックとって重馬場は、悪い条件ではないということだ。


この著者の最新の記事

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る