タグ:ロードカナロア

ロードカナロア産駒の特徴とは?血統と戦績から導く傾向と距離適性


2014年1月の引退(京都競馬場での引退式)からはや3年余りの歳月を経て、今年、あの電撃王・ロードカナロアの産駒がデビューを迎えます。一体、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか?

今回は、ロードカナロア産駒の傾向について考察していきます。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

キングカメハメハ
レディブラッサム
母の父StormCat
母の母サラトガデュー
性別
馬齢6 歳
生年月日2008年3月11日
毛色鹿毛
馬主(株)ロードホースクラブ
調教師安田隆行(栗東)
生産牧場ケイアイファーム
産地新ひだか町
馬名意味冠名+ハワイに伝わる海の神

賞金

総賞金669,958,000
内付加賞18,558,000
収得賞金(平地)365,250,000
収得賞金(障害)0

ロードカナロアの戦績振り返り

まずは「ロードカナロア…知らないよ」という方のために、プロフィールを紹介しつつ、戦績を振り返ってみましょう。

・ロードカナロアは、2008年3月11日生まれ(父:キングカメハメハ、母:レディブラッサム/母の父:Storm Cat)

・初戦は2010年12月の新馬戦(小倉芝1200)。2着に6馬身差の逃げ切り勝ちという鮮烈デビュー

・2〜3戦目はともに2着と惜敗

・4戦目の500万条件の勝利以降、OPを2戦・G3を2戦合わせて5連勝

・G1・高松宮記念に3着した後は2戦つづけてG3も2着に

・10月のG1・スプリンターズS、12月のG1・香港スプリントを連勝。G3・阪杯、G1・高松宮記念、G1・安田記念と5連勝


・休み明けのG2・セントウルSは2着に敗退

・G1・スプリンターズS、そして引退レースとなったG1・香港スプリントを連勝して引退

・生涯成績は19戦13勝。2着5回。3着1回。全レースで3着以内に入った(連対率は約94%、複勝率は100%)

一貫して短距離路線を歩んだロードカナロアは、芝1200mのG1を5勝、芝1600mのG1を1勝、獲得G1タイトルは合わせて6勝で、2012年、2013年のJRA最優秀短距離馬と、2013年の年度代表馬にも選出されています。

日付レース名着順人気
2013.9.29スプリンG11
2013.9.8セントウG21
2013.6.2安田記念G11
2013.3.24高松宮記G11
2013.2.24阪急杯G31
2012.9.30スプリンG12
2012.9.9セントウG21
2012.6.17函館スプG31
2012.3.25高松宮記G11
2012.1.28シルクロHG31
2011.11.26京阪杯G31
2011.11.6京洛SH1
2011.5.14葵S1
2011.4.16ドラセナ500*1
2011.1.29500万下*1
2011.1.5ジュニア1
2010.12.5新馬1

ロードカナロア産駒の特徴の予想

そんなロードカナロア産駒、どんな特徴をもっているのでしょうか?

ロードカナロア自身は、その身体的能力もさることながら、気持ちで走る馬だったと言えます。

母・レディブラッサムは、気性の荒いところがあったのですが、父・キングカメハメハの勝負強さがロードカナロアの中でうまく融合し、気持ちを引き出していたように考えられます。

無駄のないコーナーリング、馬群を抜け出すバランス感覚など、意欲的でセンスの良い走りを身につけた産駒が多く出るのではないかと予想しています。

芝で活躍できる?

ロードカナロア自身、芝のレースにしか出走していませんし、父・キングカメハメハ、祖父キングマンボまで遡っても日本の芝への適性はとても高く、産駒も芝で活躍する確率は高いはずです。

ダートで活躍できる?

では、ロードカナロアが走っていないダートではどうでしょう。


ロードカナロアの母・レディブラッサムは、父にStorm Cat、母にサラトガデュー(母父・Cormorant)を持つアメリカ血統です。アメリカはダート競馬の本場だけに、ポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

また、父のキングカメハメハも芝でしか走ったことがありませんでしたが、ダートで活躍する産駒をたくさん輩出しています。例えばベルシャザールがダート競馬の最高峰ジャパンカップダートを制したほどです。

この血が生きるような配合でロードカナロア産駒が出てきた場合、ダートでも芝と遜色ない活躍が期待できることが予想されます。

距離適性は?

やはり短距離〜マイルまでを主戦場にする産駒が多いように考えられます。しかし、ロードカナロア自身の距離適性はもう少し長かったのではないか、という見方も多い。

心肺機能が優れていて2000m程度はこなせる、という関係者の証言もありました。中距離を主戦場とする産駒が出てきてもおかしくはありません。


ロードカナロアの偉大さを痛感…最強スプリンター誕生の条件は?


3月29日に中京競馬場で行われた高松宮記念は、香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収めた。スプリント大国香港の力を見せつけた一方、日本馬にとっては力の差を痛感させられたレースとなった。

日本の競馬ファンは少なからず、悔しい思いをしたのではないだろうか? そして同時に、ある共通の想いを抱いたはずだ。

ロードカナロアって凄かったんだな、と。

2013年、日本史上最強のスプリンターが引退して以降、スプリント界は混沌としている。それほど、ロードカナロアという馬は偉大で特別な存在だったのだ。

今、改めてロードカナロアという名馬を振り返りたい。

スプリント戦で脅威の複勝率100%

1200mはとても難しい距離だ。少しの出遅れ、少しの不利が命取りとなる。

そんな中、ロードカナロアの生涯成績は(13−5−1−0)。なんと生涯、一度も複勝圏を外したことがなかった。唯一の3着はGIの高松宮記念だから、どれほど安定して走っていたかが分かる。

史上最強牝馬の1頭として生涯連対率100%のダイワスカーレットが挙げられるように、「絶対的な安定感」というのは「絶対的な実力の証明」と言い換えられる。

あのサクラバクシンオーでさえ、スプリンターズでは6着に敗れている。また、マイル戦では馬券圏外に消えることが多かった。

「絶対的な安定感」という意味で、ロードカナロアの右に出るものはいないわけだ。


香港スプリント連覇という大偉業

ロードカナロアを語る上で欠かせない実績といえば、香港スプリントの連覇だろう。

かつて、香港スプリントは凱旋門賞に匹敵する「高い壁」だった。

日本のサラブレッドの生産は芝の中距離馬に偏っている。芝2400mの日本ダービーが「ホースマンが目指す頂」だからだ。一方、香港やオーストラリアはスプリント戦に比重が置かれている。

日本はただでさえスプリンターが出にくい土壌にある。だからスプリンターがピラミッドの頂点にいる香港のスプリントGIを勝つなど、一昔前までは「夢のまた夢」だった。事実、2011年まで香港スプリントに14頭の日本馬が臨んだが、最高順位はカレンチャンの5着。ほとんどの馬が二桁着順に敗れていた。

「香港スプリントを制するのは凱旋門賞で勝つより難しい」

一時期はそう言われたものだ。

しかし、ロードカナロアは「夢のまた夢」と思われた快挙をいとも簡単に達成した。しかも2年連続。さらに2年目は5馬身差という考えられない着差で圧勝してみせた。

2着のソールパワーは後に英国の短距離GIを2勝、香港GIを1勝した。5着のスターリングシティは翌年のドバイゴールデンシャヒーンを制覇。ラッキーナイン、スレードパワーも後にGIを勝っている。決してレベルの低いメンバーではなかった。

ロードカナロアという馬がいかに特別で偉大だったか、今振り返っても痛感させられる。

ロードカナロア級の馬を育てるために……

ここまで偉大なスプリンターは今後、なかなか出てこないだろう。日本が芝2400mに比重をおいている限り、どうしても短距離やダート界は手薄になってしまう。


ただ、ロードカナロアが出たのだから、「絶対に現れない」と断言することはできない。むしろ、スプリンターが生まれにくい環境の中でロードカナロアという怪物が出たことをプラスに捉えるべきだろう。

彼を生んだ最大の要因は安田隆行調教師にあったと感じられる。安田隆行厩舎はスプリンター育成のスペシャリスト集団だ。

ロードカナロア以外にもカレンチャンやダッシャーゴーゴー、レッドオーヴァルといったスプリンターを数多く輩出している。彼らのような特定の距離に特化した厩舎があってもいいと思うし、そういう厩舎で花咲く馬も出てくるはずだ。

何より馬の距離適性を把握して中途半端に中距離で走らせるようなことをしなかったのは、ある意味“英断”といえる。おそらくロードカナロアくらいの能力があればマイルや中距離でもそこそこやれたはずだ。そんな中でスプリント路線に絞って育て上げたからこそ、史上最強スプリンターは完成したと考えられる。

日本ではどうしても芝の中距離を勝った馬が称賛される傾向にある。種牡馬ビジネスを考えても、高松宮記念馬より天皇賞秋馬のほうが重宝される。

ただし、馬が持っている可能性はそれぞれ違う。

幸い、近年はレースの選択肢が海外へ広がった。今春、多くの日本馬がオーストラリアやドバイに渡ったように、レースの選択肢は多い。馬の適正を見極め、適切なレースに使っていくことができれば、いずれは第2のロードカナロアも出てくるのではないだろうか?

いずれにしても、ホームで海外勢にやられるというのは悔しいことだ。香港馬に太刀打ちできるような、世界で活躍できるような、新たなスプリント界のエース誕生に期待したい。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る