タグ:ディアデラマドレ

(C)arima0208

過去5年の宝塚記念で、4回馬券に絡んでいる牝馬。

ブエナビスタやジェンティルドンナという、牡馬を押しのけて一番人気になる名牝が出走していたという事実もありますが、昨年は9番人気のヴィルシーナが逃げ粘って波乱を演出しました。

今年は登録している5頭のうち、3頭がGⅠ馬。残り2頭もGⅠでの好走歴があるので、何が起こっても不思議ではありません。

それでは春のグランプリの鍵を握る、5頭の牝馬をチェックしていきましょう。

返す刀でゴールドシップら牡馬を斬る/ラキシス

今年の牝馬の中で、最も人気を集めそうなのがこの馬です。昨年の秋から4戦して、GⅠ1勝、GⅡ1勝2着1回という圧巻の成績。6着と掲示板を外した有馬記念も、タイムで見れば勝ち馬から0秒2と差はほとんどないため、十分評価に値します。

そして評価を確実なものにしたのが、前走の大阪杯です。

不良馬場をもろともせず、4コーナー11番手からキズナを上回る35秒9の末脚で突き抜けるという、牝馬とは思えないパフォーマンスを披露しました。

阪神は3戦2勝と相性の良い競馬場だったということもありますが、キズナを破ったのですから“本物”と判断していいでしょう。

ちなみに阪神コースは大阪杯で3勝目だったのですが、勝ったレースはすべて上がり最速をたたき出している点にも注目です。よほど仁川の芝が合っているということですね。

一気の距離延長で闘志を再点火/ヌーヴォレコルト

前走のヴィクトリアマイルは、一番人気ながら見せ場なく6着に終わりました。しかし今年初戦の中山記念では、2頭の皐月賞馬を向こうに回して混合重賞を勝っていることから、まだまだ見限ることはできません。


そもそも桜花賞3着からオークスで優勝と、距離延長して巻き返した実績の持ち主。今回も前走から600mも距離が延びますから、持ち前のスタミナが生きると考えられます。

またブエナビスタ、ジェンティルドンナといった先輩オークス馬も、4歳時の宝塚記念でそれぞれ2、3着と好走しているので、走りざかりの今こそ狙いたい一頭です。

【次のページヘ】デニムアンドルビーやディアデラマドレらの実力は?

ページ:

1

2

ディアデラマドレとディアデラノビア、悲願のGI制覇を目指す親子の物語


母が成し遂げられなかった夢の続き――。

5月17日に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)にディアデラマドレが出走する。初のGI制覇をかけるレースは、GI未勝利に終わった母の無念を晴らす舞台でもある。

ディアデラマドレは母ディアデラノビアにビッグタイトルを捧げられるのか? 今回はそんな親子の物語に迫っていく。


手が届かなかった頂

母ディアデラノビアは父サンデーサイレンス、母ポトリザリスという血統。人気一口馬主クラブ、キャロットクラブで総額は3400万円400口、一口8万5千円で募集された良血馬だ。牝馬の中では高額の部類に入り、期待の高さが伺える。

その想いに応えるように、ディアデラノビアは新馬、2戦目と連勝を飾る。チューリップ賞、フィリーズレビューと惜敗が続き桜花賞に駒を進められなかったものの、オークストライアルのフローラステークスに武豊騎手とのコンビで挑み、上がり最速33秒8の末脚を繰り出して見事勝利を収めた。

初めてのGI挑戦となったオークスでは同じキャロットクラブのシーザリオが断然の人気を集めていた。ディアデラノビアは単勝9倍の3番人気。レースでは鋭い末脚を見せたものの、ライバルの豪脚に屈して3着となった。その後、秋を全休すると古馬になってからもGIでは善戦止まり。結局、引退するまでGIは3着が3回。ビッグタイトルを獲得することなく、現役生活を終え、夢は産駒に託されることになった。

【次のページ】娘に託された夢は実現するのか?

ページ:

1

2

31秒9の衝撃!ディアデラマドレがマイル戦史上最速上がりを記録

(C)minafl

“0.8秒と衝撃”ならぬ、31秒9の衝撃――。

4月26日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)でディアデラマドレ(牝5)が信じされない上がりを記録した。

やや出負けして最後方から競馬を進めたディアデラマドレは最後の直線で追い出されると、絶望的な位置取りからぐんぐん前の馬たちを追い越していく。最後はわずか0.4秒差届かずに7着となったが、記録した上がり3ハロンのタイムは2位のフィエロ(牡6)に0.6秒差をつける31秒9だったのだ。

スプリントレースでも滅多に見ない上がりタイムに衝撃を受けた。果たして、今まで31秒9を記録した馬がいるのか? 気になって調べてみることにした。

驚異の上がりタイム

結論から言うと、1600mで上がり31秒台を記録したのは史上初めて。2010年の関屋記念(GIII/新潟芝1600m)でテイエムアタックが32秒フラットを記録しているが、31秒台というのは過去に例を見ない。

1600mどころか、1200m以上で31秒台を記録したのはディアデラマドレを含めてわずか2回。2008年の新潟大賞典(GIII/芝2000m)でオースミグラスワンが31秒9をマークして以来の驚異的な数字だ。

ここで注目したいのは、テイエムアタックとオースミグラスワンの記録が出たのがどちらも新潟だという点だ。

新潟競馬場は、JRAで最も軽い芝(=タイムが出やすい)として知られている。

“激走レンジ”でお馴染みの予想家・棟広良隆氏も芝の重さ、軽さに関する見解で「軽い芝」として真っ先に新潟を挙げている。

http://munehiro.net/range.html


近年、京都の馬場が高速化しているとはいえ、上がり31秒台が出るというのは異例の出来事だ。ちなみに京都の最速上がりは2014年の鞍馬ステークス(OP/芝1200m)における32秒1。スプリント戦の最速上がりより0.2秒も速いというのは驚異という他ない。

心配される反動

今後はヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)を目指していくと見られる。当然、そこでも有力馬の1頭に支持されるはずだ。

ただ、これだけ速いタイムを記録すると、反動が心配される。

高速馬場で速いタイムを出した馬が故障するというケースは珍しいことではない。少し古い例ではあるが、高速馬場が特に問題視された2012年の天皇賞春とダービーにおける出走馬のその後を見てみると……

天皇賞春
ジャガーメイル→骨折で全治3カ月
フェイトフルウォー→両前脚の裏筋の腱を負傷。屈腱炎の疑い
ナムラクレセント→左前脚を負傷
トーセンジョーダン→左前球節炎

日本ダービー
トーセンホマレボシ 右前脚屈腱炎→引退
ワールドエース 左前脚屈腱炎
コスモオオゾラ 両第1指骨剥離骨折
グランデッツァ 腱周囲炎(腱鞘の炎症)
アルフレード 右前浅屈腱炎

多くの馬が戦線離脱を余儀なくされている。走破タイム自体、1分32秒6という速いものだった。今後は脚元に細心の注意を払って大レースに備えてほしい。

おすすめコラム

「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る