タグ:ダイワキャグニー

セダブリランテスの勝因とウインブライトの敗因は?中山金杯2018の回顧

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

1番人気に応えての重賞2勝目――。

2018年1月6日、中山競馬場で中山金杯(G3/芝 2000m)が行われた。1番人気に推されたセダブリランテスがウインブライトをクビ差で交わして見事優勝した。

2着には2番人気のウインブライト、3着には中団後方から凄い勢いで強襲したストレンジクォークが入った。

接戦をものにしたセダブリランテスはなぜ勝てたのか?また、クビ差敗れたウインブライト、3番人気に推されながらも5着に終わったダイワキャグニーの敗因はどこにあったのか考察していこう。


結果・着順

2018年 1月 6日(土) 1回中山1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第67回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 17頭立

馬名S性齢
セダブリランテス牡41
ウインブライト牡42
ストレンジクォーク牡610
ブラックバゴ牡64
ダイワキャグニー牡43
トーセンマタコイヤ牡79
デニムアンドルビー牝86
ケントオー牡614
ショウナンマルシェセ715
10カデナ牡45
11マイネルミラノ牡812
12アウトライアーズ牡47
13タイセイサミット牡513
14レアリスタ牡68
15フェルメッツァ牡711
16パリカラノテガミ牡717
17ジョルジュサンク牡516

LAP 12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2
通過 36.5-48.8-61.5-72.8  上り 71.0-58.3-47.0-35.3  平均 1F:11.98 / 3F:35.94

払い戻し

単勝  6 \250
複勝  6 \130 / 1 \170 / 11 \540
枠連  1-3 \540 (1)
馬連  01-06 \680 (1)
ワイド 01-06 \310 (1)/ 06-11 \1380 (13)/ 01-11 \1750 (19)
馬単  06-01 \1100 (1)
3連複 01-06-11 \5270 (13/680)
3連単 06-01-11 \18170 (38/4080)

出走馬勝因、敗因、次走への展望

レースラップは以下の通りである。

12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2(36.3-35.3)

1着 セダブリランテス

スタートを決めて前へ出て行った。ハナを切ったトーセンマタコイヤの後ろに付けて道中運んだ。1000m通過付近で逃げを打つことのできなかったマイネルミラノが追い上げて先頭に立ったため、3番手に下がった。

直線で追い出されると、久々の影響か反応がいまいちだったが、先に先頭に立ったウインブライトを捕らえてクビ差勝利を収めた。内でロスなく運び、完璧とも言える競馬をしたウインブライトを負かしたところを見ると力があるのは明確。

もう少し距離延長でも力が発揮できそうだ。

2着 ウインブライト

まずまずのスタートを切ったが、前に行く馬がいたためトーセンマタコイヤ、セダブリランテスに続いて3番手内に位置を取った。道中内でロスなく運ぶことができ、完璧に近い競馬ができたのではないか。

直線では少し外に出して逃げ馬を捕らえ先頭に立った。そのまま優勝かと思われたが、あと一歩のところでセダブリランテスに捕まり2着入線となった。

斤量が勝ち馬より1kg重かったことが原因か。冬場でプラス10kg、まだまだ良化の余地はある。完成は来秋か、期待が持てる競馬だった。

3着 ストレンジクォーク

若干出負け気味のスタートから内に進路を取った。中団で道中レースを運び、直線では外に出して前を行く馬を追いかけた。

結果は勝ち馬と0.1秒差の3着に終わった。ペースが早かった訳ではないにも関わらず、いい脚を使って差してきたことは評価に値する。スタートをもっと決めることができれば頭まであっただろう。

明けて6歳、ここで重賞馬券内に入ったことは大きく、晩成ながらここから上がって行けるか。この馬の2000m複勝率は驚異的な数字であり、注目してみるのも面白い。

4着 ブラックバゴ

まずまずのスタートから抑えて後方2番手からレースを運んだ。1000m通過付近で最後方のデニムアンドルビーが内から進出を開始した。

4角で外を回ったブラックバゴは、直線でもさらに外に出して懸命に追い込んだ。上がり最速だったが展開が向かなかったこともあってクビ差及ばず4着に敗れた。


マイネルミラノがハナを切れずここまでペースが上がらないのは予想外だったが、レースの上がりが35.3、ブラックバゴの上がりは33.8。これは騎手の位置取りが後ろ過ぎたか。展開が向かなかったが、力があることは十分示せたのではないか。

5着 ダイワキャグニー

やはり不安要素であった右回り、弥生賞ほどではないものの現状府中で買うのがベストか。またイレ込みも激しかった。

スタート前のゲート内でも頭を振っていたが、まずまずのスタートを切って中団に位置を取った。4角では外を回して前を追った。

弥生賞のように手応えが感じられないわけではなく、それなりに伸びてはいたが勝ち馬には届かず5着に終わった。


ダイワキャグニーの血統や次走、将来性は?プリンシパルS覇者を分析

(C)Pelusa214

5月6日に東京競馬場で行われた日本ダービートライアルのプリンシパルステークス(OP/芝2000m)で、1番人気のキングカメハメハ産駒ダイワキャグニー(牡3)が、2番人気のレッドローゼス(牡3)を押さえて勝利した。

ダイワキャグニーの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

キングカメハメハ
トリプレックス
母の父サンデーサイレンス
母の母トリプルワウ
性別
馬齢3 歳
生年月日2014年2月25日
毛色黒鹿毛
馬主大城敬三
調教師菊沢隆徳(美浦)
生産牧場社台ファーム
産地千歳市
馬名意味冠名+人名より

血統評価は?

ダイワキャグニーは父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという血統だ。

キンカメ×サンデーというクラシック血統らしい素軽さのある馬で、プリンシパルステークスあたりを勝つのが“いかにも”といったところ。

ただし、キンカメ×サンデーサイレンスは大舞台で勝つには少々軽すぎる傾向にある。大成功したのはドゥラメンテとローズキングダム、あとはラブリーデイ(母父ダンスインザダーク)くらいで、後はGII、GIIIレベルに留まることが多い。

実際、キンカメ×サンデー系のクラス別の成績を見てみると……

クラス勝率複勝率単回値複回値
G310.3%30.8%82103
G29.1%28.7%3485
G16.0%22.6%3873

集計期間:2009. 3.28 ~ 2017. 4.30

クラスが上がるごとに成績が落ちている。

さらにいえばサンデーサイレンスよりサンデーサイレンス系の母父との相性のほうがいい傾向にあり……

母父馬勝率複勝率単回値複回値
サンデーサイレンス8.2%26.3%3790
ダンスインザダーク19.1%36.2%223111
スペシャルウィーク6.5%35.5%3076
マーベラスサンデー11.1%55.6%73132
アグネスタキオン0.0%22.2%0105
フジキセキ0.0%7.7%021
バブルガムフェロー0.0%0.0%00
アドマイヤベガ0.0%0.0%00

集計期間:2009. 3.28 ~ 2017. 4.30

ご覧の通り、ダンスインザダークやスペシャルウィーク、マーベラスサンデーといった母父のほうが、優秀な産駒が生まれやすい傾向にある。

この3頭に共通しているのは、3000m以上のレースで好走していること。つまり、サンデーサイレンスが持つ軽さという欠点を、スタミナで補完しているわけだ。

ダイワキャグニーの血統構成を見ていくと、母系は米国血統で軽さが目立つ。また、近親を探っていってもめぼしい活躍馬はあまりおらず、活躍馬はミエノワンダーくらい。もっとさかのぼってもフサイチオーレが関の山……という状況にある。

配合的にも母系のスケール的にも、これ以上の舞台で勝つにはやや心もとないといったところなわけだ。

次走は?

日本ダービーへの優先出走権を獲得したため、順調にいけば東京優駿で走ることになるだろう。

ダイワキャグニーの勝因、レッドローゼスの敗因は?プリンスパルS2017結果・動画

回顧で触れたように、プリンシパルSのパフォーマンスは優秀だった。次は相手が強くなるが、期待を寄せたくなる走りだったと言っていい。

ただし、前述の通り、血統背景を見るとダービーで勝ち負けをするようなスケール感は正直なところ感じられない。ダイワキャグニーにとって、血統背景を打ち破れるかどうかが一つのポイントになってきそうだ。



5月6日に東京競馬場で行われた日本ダービートライアルのプリンシパルステークス(OP/芝2000m)で、1番人気のキングカメハメハ産駒ダイワキャグニー(牡3)が、2番人気のレッドローゼス(牡3)を押さえて勝利した。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

2017年 5月 6日(土) 2回東京5日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 プリンシパルS
3歳・オープン(馬齢) (混)(指定) 芝 2000m 12頭立

馬名S性齢
8ダイワキャグニー牡31
1レッドローゼス牡32
7ロードアルバータ牡38
3エトルディーニュ牡37
9ニシノアップルパイ牡39
11チャロネグロ牡36
4スイーズドリームス牡35
5ヘリファルテ牡34
12マイネルラプティス牡310
1010スズカメジャー牡33
116コパノミザール牡312
122マイネルユニブラン牡311

LAP 12.8-11.2-11.4-11.8-11.8-11.7-11.5-11.2-12.5-12.4
通過 35.4-47.2-59.0-70.7
上り 71.1-59.3-47.6-36.1
平均 1F:11.83 / 3F:35.49

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.8-11.2-11.4-11.8-11.8-11.7-11.5-11.2-12.5-12.4

東京競馬場は時計が出やすい馬場だった。しかし、それにしても評価に値するタイム、レース内容だったと考えていいだろう。

マイネルユニブランがハナを切ってペースを引っ張ると、1000m通過は59秒というハイペースに。しかも最初と残りの2ハロンを除き、ラップタイムはすべて11秒台を刻んだ。非常にタフになり、実力が問われる展開になったと考えていい。

よって、上位人気馬のワンツーという決着は当然の結果といえる。この2頭は十分に評価していいだろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ダイワキャグニー

スタートから好位につけて早めに抜け出して押し切るという王道の競馬だった。最後はさすがにバテてしまったが、先行した馬たちが総崩れとなった中で0.4秒差の1着ならしっかりと評価すべきだろう。

もともとセントポーリア賞では高いパフォーマンスを示していたし、東京が得意なタイプの馬だ。

さすがにダービーは相手が強くなって厳しい可能性が高いものの、可能性を見出したくなるレース内容ではあった。

2着 レッドローゼス

一時はダイワキャグニーをかわそうかという勢いだったが、最後は脚が上がった。コーナーでダイワキャグニーより1頭分だけ外を通ったとはいえ、完全な力負けと言っていいだろう。

それでも力が問われる展開で2着に来られたのは立派だ。ステイゴールド×ガリレオという成長力が期待できる血統をしているため、今後の活躍が期待される。

3着 ロードアルバータ

お母さんのレディアルバローザを彷彿とさせるジリジリとした伸びで3着に食い込んだ。ちなみにレディアルバローザはヴィクトリアマイル3着馬。春のクラシックに出走しながら、古馬になってからも息長く活躍した馬だ。

この馬もまだまだこれからだろう。ジリ貧のため、お母さん同様、阪神や中山のほうが向くかもしれない。

4着 エトルディーニュ

相変わらず安定した走りで掲示板を確保した。上がりが使えないため、基本的にこのくらいの着順で落ち着く。

・地味な血統
・地味な厩舎
・地味な生産者


などなど人気にならないタイプのため、馬券的には追い続けて妙味がありそうなタイプだ。

5着 ニシノアップルパイ

展開が厳しすぎた。5着に粘ったのなら、それなりの評価を与えても。

6着 チャロネグロ

鞍上の田辺裕信騎手いわく「流れについていけなかった。後ろで脚をためるどころか、使っている感じ。厳しい流れだった。期待していたので残念ですが、しょうがないです」とのこと。

7着 スイーズドリームス

勝ち馬と同じような位置にいて、かつ内側を通っていたが、離されてしまった。まだまだ力をつけるのはこれからだろう。須貝調教師も「まだ馬が幼い。これから経験を重ねて成長すれば」 と話している。

8着 ヘリファルテ

コーナーでうまく曲がれず、大きく外に膨れてしまった。

9着 マイネルラプティス

10着 スズカメジャー

コーナーでうまく曲がれず、大きく外に膨れてしまった。母はスプリント路線で活躍したスプリングサンダーということで、距離も長かったか。次走、マイル以下で見てみたい。

11着 コパノミザール

12着 マイネルユニブラン


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る