タグ:ステファノス

(C)Ko-Mei

2歳から期待されていた素質馬が、ついに悲願のGI制覇を成し遂げた。

6月4日に東京競馬場で行われた春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)で、7番人気のディープインパクト産駒サトノアラジン(牡6)が、8番人気のロゴタイプを押さえて勝利した。1番人気のイスラボニータは8着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年 6月 4日(日) 3回東京2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第67回安田記念
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1600m 18頭立

馬名S性齢
14サトノアラジン牡67
16ロゴタイプ牡78
6レッドファルクス牡63
7グレーターロンドン牡56
8エアスピネル牡42
12ビューティーオンリーセ69
18ステファノス牡64
15イスラボニータ牡61
10クラレント牡814
105コンテントメントセ712
119ロンギングダンサー牡818
123サンライズメジャー牡817
132ディサイファ牡815
1413ロジチャリス牡513
154アンビシャス牡55
1617ヤングマンパワー牡511
171トーキングドラム牡716
1811ブラックスピネル牡410

LAP 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1
通過 33.9-45.5-57.1-68.1  上り 68.7-57.6-46.0-34.4  平均 1F:11.44 / 3F:34.31

払い戻し

単勝  14 \1240
複勝  14 \380 / 16 \440 / 6 \340
枠連  7-8 \590 (2)
馬連  14-16 \10480 (40)
ワイド 14-16 \2870 (33)/ 06-14 \2730 (30)/ 06-16 \2720 (29)
馬単  14-16 \20410 (75)
3連複 06-14-16 \43500 (128/816)
3連単 14-16-06 \283000 (797/4896)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1

昨年は12頭立てと少頭数だったため、スローペースになった。


しかし、今年は安田記念らしいラップが刻まれた。最初の一ハロンを除き、すべて11秒6以下という厳しい展開となったのだ。最後の一ハロンで1秒近く減速した点が、我慢比べのレースになったことを示している。

かなり厳しいレースとなったため、マイペースで逃げられたロゴタイプを除き、先行勢は総崩れとなった。厳しい展開を差してこられる力のある馬が上位に来るようなレースだったと言っていいだろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノアラジン

悲願のGI初制覇をようやく成し遂げられた。

道中は後方待機となったが、結果としてペースが流れたことが幸いする形となった。直線では大外に出したが、追える川田将雅騎手に導かれて直線で弾けた。

もともとディープインパクト産駒ながら1400mが得意な馬で、ペースが流れた中で驚異的な末脚を使って追い上げる……という競馬を得意としている。今回の安田記念はペースが全く緩まず、かつ差し馬が台頭できる流れになった。(ペースが“適度に”流れるだけでは、前に行ったスタミナのある馬に粘り込まれてしまう。)スローペースを圧倒的な末脚で差し切るタイプではないことは、前走の京王杯スプリングカップや昨年の安田記念を見ても明らか。展開が味方したことは大きかった。

もっとも、流れが向いただけではない。この馬には2歳から期待されるだけのポテンシャルがあった。

ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせは、GI馬を何頭も輩出している“黄金配合”だ。しかも全姉のラキシスはエリザベス女王杯の覇者。姉が遅咲きだったように、サトノアラジンもようやく本格化し、順番が回ってきたということだ。

GI級のポテンシャルを秘めた馬に、流れが向いた。それが勝因だったと考えられる。

2着 ロゴタイプ

あと一歩のところで連覇の夢が消えた。しかし、この展開で粘るのだから改めて力があることを証明したと言っていい。

ロゴタイプ以外の先行勢は全滅だった。かつ、昨年はスローペースの中で、今年はペースが流れた中で上位に来てみせた。


これからも、まだまだ活躍してくれそうだ。

3着 レッドファルクス

実力に加え、差し馬が台頭できる1400m的な流れになったことが大きかった。

それだけに、直線で前が壁になり、追い出しが遅れたことが痛かった。もし仮にスムーズな競馬ができていたとしたら、上位2頭との差はもっと詰まったかもしれない。

なお、スウェプトオーヴァーボード産駒がマイル以上のGIで馬券に絡んだのは初めてのこととなった。

距離着別度数
1200m1- 1- 1- 4/ 7
1600m0- 0- 0-12/12
2000m0- 0- 0- 1/ 1
2400m0- 0- 0- 1/ 1

4着 グレーターロンドン

やや前が壁になっていたが、400mを過ぎたあたりで前が開けた。追い出すと、一時は先頭に立つかという勢いだったが、最後の一ハロンで伸び切らず、サトノアラジンらの後塵を拝す格好になった。

厳しい流れの中、重賞の経験がない中では立派な結果だったといえる。ただし、最後の一ハロンで踏ん張りきれなかったあたりを見ると、休み明けや臨戦過程に順調さを欠いた影響があったのかもしれない。

もっとも、GIでもやれる力があると証明しただけに、今後が期待されるところだ。5歳馬だが、まだキャリアわずか7戦。まだまだ成長の余地はあるだろう。

5着 エアスピネル

非常にもったいない競馬となってしまった。

厳しい流れを後方から追走するという完璧なレース運びだったが、最後の直線で前が開かなかった。内に進路を取ったものの、前が塞がり、追い出せたのは残り200mを過ぎてから。そこからは全頭の中でも一番の伸びをみせ、猛烈に追い込んできただけに、悔やまれる敗戦となった。

デビュー以来、コンビを組んでいる武豊騎手にとって、悔やんでも悔やみきれないレースとなったのではないか。


6着 ビューティーオンリー

位置取り、直線での追い出しのタイミングも含めてスムーズな競馬だった。力は出し切った上での6着だったと考えられる。

7着 ステファノス

一時は突き抜けるかという手応えで上がっていたが、最後の200mで我慢しきれなかった。

大外枠から終始外外を回る展開、久々のマイル戦が究極のスピード勝負になった点に対応しきれなかったのかもしれない。

8着 イスラボニータ

直線で前を塞がれて完全に行き場を失ってしまった。

残り300mを切ってから追い出されたときには末脚の鋭さもなく、沈むことに。今回は不利があったことに尽きる。

9着 クラレント

位置取りはやや前だったが、不利もなく、力を出し切った。

10着 コンテントメント

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

11着 ロンギングダンサー

展開は向いただけに、力負け。

12着 サンライズメジャー

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

13着 ディサイファ

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

14着 ロジチャリス

力負け。

15着 アンビシャス

この馬も直線で前がふさがり、行き場を失って外へ外へ流れる形になってしまった。

こういう展開になると横山典弘騎手は馬の消耗を考えて本気で追うことはない。

全く競馬をしないまま、この順位に収まったというわけだ。次走を見据える意味で、今回はノーカウントでOKだろう。

16着 ヤングマンパワー

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

17着 トーキングドラム

力負け。

18着 ブラックスピネル

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。


安田記念2017の予想データ分析…ステファノスの3つの強調材料と不安とは?

(C)Sleep

いよいよ本日、東京競馬場で春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部ではGI初制覇を狙うステファノスにフォーカス。今回は、この馬がなぜ強調できるのか、という点を解説していく。

ステファノスは強調できるのか? それとも……。検証を開始していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
ココシュニック
母の父クロフネ
母の母ゴールドティアラ
性別
馬齢6 歳
生年月日2011年2月13日
毛色鹿毛
馬主(有)キャロットファーム
調教師藤原英昭(栗東)
生産牧場ノーザンファーム
産地安平町
馬名意味冠(ギリシャ語)。母母名より連想

強調材料1 フィルターに合致

競馬TIMESでは、安田記念の開催に際し、いくつかの検証を行ってきた。その内の一つの考察で、「5つの消し」というものがあった。ステファノスはこの条件に一つも当てはまっていない。

ポイント1 高齢馬は消し!
ポイント2 キャリア過多な馬は消し!
ポイント3 馬体重が軽い馬は消し!
ポイント4 距離延長馬は消し!
ポイント5 父サンデーサイレンス系は消し!

※詳細は記事にて。

明確なマイナス要素がない、という点は一つの強調材料だろう。

強調材料2 裏打ちされた実績

安田記念の歴史を振り返ってみると、好走馬の多くに共通点があり、凡走した人気馬にも同様の点があった。それが、58キロ実績だ。

以下、以前の検証より抜粋。


安田記念の斤量設定は58キロ(牝馬はマイナス2キロ)。特に近年は斤量の改定がされたことで、JRAの競馬で58キロ以上の斤量を背負う機会はめったになくなった。

だからこそ、58キロに対応できない馬がどうしても出てくる。57キロではなんともなかった馬が、わずか1キロの違いで驚くほど走らなくなってしまう。

人間に置き換えてもそうだろう。履きなれた靴で100mを走るのと、普段より重い靴で走るのとでは結果が全く違ってくる。慣れれば問題なくなるが、レースの前にいきなり違う靴を渡されたら違和感を感じてしまうものだ。

ステファノスの58キロ実績を振り返ってみると……

2016年
天皇賞秋 6番人気3着

宝塚記念 7番人気5着

2015年
天皇賞秋 10番人気2着

いずれも人気より走っていて、2度は馬券に絡んでいる。掲示板を外したことはない。58キロを全く苦にしないタイプの馬であることが分かる。

今回は58キロ実績がない人気馬も多い。よって、ステファノスがアドバンテージを得られる条件と言えるのだ。

強調材料3 ディープにとって刺激的な条件

もう一つ強調できるのが、ディープインパクト産駒にとって刺激的な条件である、という点だ。


ディープインパクト産駒はとにかくフレッシュな馬が走る。

・年齢が若い、キャリアが少ない
・昇級戦
・初の重賞挑戦
・休み明け
・海外遠征

などなど、それまでのキャリアで経験したことがない条件やクラスの変化、距離の延長・短縮といった刺激を受けた時のパフォーマンスが高い。

例えばトーセンラーは初のマイル戦でいきなりGIを制した。キズナ、マカヒキ、リアルインパクト、そしてこの馬も初の海外遠征で好走している。何らかの刺激が加わると、好走の可能性が上がる傾向にあるのだ。

今回、ステファノスにとってマイルGIは初めての条件だ。東京のマイル戦自体も2014年の富士ステークス以来と、かなり久しぶり。悪くない条件といえるだろう。

なお、ディープインパクト産駒はマイル重賞にめっぽう強く、母のゴールドティアラは基本的にマイル以下で活躍した馬だ。マイルGIのスピードについていけるポテンシャルは十分に持っている。

不安要素があるとすれば……

唯一、明確な不安要素として挙げられるのが、大外枠を引いてしまったことだ。安田記念は枠順の有利不利が大きなレースではないが、大外枠は何かと不利を被りやすい。

例えばディープインパクト産駒の東京マイル重賞における枠順別の成績を見てみると……

枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠0.0%25.0%053
2枠10.0%30.0%9995
3枠10.0%30.0%6070
4枠14.3%28.6%13791
5枠20.0%40.0%6079
6枠7.1%28.6%2246
7枠10.5%36.8%303175
8枠5.3%21.1%3279

やはり大外枠の好走率が最も低い。好走のためには、うまく立ち回り、枠順の不利を乗り越えていく必要があるのだ。

まとめ

いかがだっただろうか? ステファノスには強調材料がいくつもあることが分かった。


馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る