タグ:ショウナンパンドラ

ショウナンパンドラの血統や将来性は?宝塚記念3着馬を徹底分析

(C)masakin0712

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)で11番人気の牝馬ショウナンパンドラ(牝4)が3着に入った。最内枠から経済コースを通って3着に食い込み、波乱を演出している。

ショウナンパンドラの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

ショウナンパンドラは父ディープインパクト、母キューティーゴールド、母父フレンチデピュティという血統。4代母がロイヤルサッシュなので、ステイゴールドやバランスオブゲームの近親にあたる。ステイゴールドが2度、バランスオブゲームも宝塚記念で馬券になっていて、舞台適性は十分の母系といえる。

また、父ディープインパクト、母父フレンチデピュティという配合からは3歳で宝塚記念に出走し、12番人気5着と健闘したマウントシャスタが出ている。

大阪杯の惨敗から力の要る馬場への適性が不安視されていたようだが、ショウナンパンドラ自身は重、不良で(1-2-0-1)と決して苦手にしているわけではない。同じ母父フレンチデピュティのウリウリも重馬場のローズSで10人気3着と激走している。

ショウナンパンドラに合う条件は……

秋はエリザベス女王杯が最大目標になると予想されるが、急坂のある阪神よりも直線平坦の京都の方がこの馬の末脚は活きるだろう。

ロイヤルサッシュの牝系は、父としてのステイゴールドのイメージとは違い、直線平坦コースを得意としている場合が多い。ステイゴールド自身も京都に最も良績があり、タマモベストプレイなどホットプレイの仔も京都巧者がそろう。

昨年のエリザベス女王杯は、展開や位置取り、また夏から数えて4戦目だったこともあり6着に終わったが、今年は違った姿を見せられるのではないだろうか。

【関連記事】
秋華賞馬ショウナンパンドラが宝塚記念で復活した理由って?
デニムアンドルビーの血統や将来性は?宝塚記念2着馬を徹底分析
ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと
ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…
ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る



秋華賞馬ショウナンパンドラが宝塚記念で復活した理由って?隠れステゴと池添謙一


最内からスルスルと抜け出して波乱を演出した。

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)で池添謙一騎手が騎乗した11番人気のショウナンパンドラ(牝4)が3着に滑り込んだ。GI馬ながら二桁人気に甘んじたが、低評価を覆してみせた。

なぜ、ショウナンパンドラは激走できたのか? その背景には2つの明確な理由があった。


母系に流れる“宝塚記念血統”

ショウナンパンドラの激走の理由を紐解こうとする時、避けて通れないのが血統だ。

というのも、ショウナンパンドラには“宝塚記念血統”が流れていた。

彼女の母系を見てみると……

母母ゴールデンサッシュ
母母母ダイナサッシュ

という名前を目にする。何を隠そうゴールデンサッシュはステイゴールドの母なのだ。

ステイゴールドといえば、産駒が過去7年の宝塚記念で5勝を挙げている“宝塚記念血統”である。ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル、ゴールドシップという優勝馬を輩出しているのだから、宝塚記念でもっとも強調できる血であることは間違いない。


そしてダイナサッシュはサッカーボーイの母にあたる。サッカーボーイといえば種牡馬としてヒシミラクルを輩出。こちらも宝塚記念を勝っている。

人気薄ながら激走した背景には母系に流れる“宝塚記念血統”の存在があったわけだ。

必殺仕事人池添謙一

もう一つ挙げなければならないのが池添謙一騎手の存在である。

池添騎手はとにかく大舞台にめっぽう強い。

リーディング上位の騎手というわけではないが、史上6人しか達成していない5大クラシック競走完全制覇を成し遂げている。オルフェーヴルやドリームジャーニー、デュランダルといった名馬に騎乗したことも大きかったが、彼らが確実にGIを勝ってきたのは大舞台に強い池添騎手が手綱をとっていたことも大きな理由の一つだと考えられる。

実際、池添騎手のGIでの成績は驚異的だ。

(20−16−13−127)
勝率12%
複勝率28%
単勝回収値103
複勝回収値101

20勝を挙げているのも凄いが、注目すべきなのは回収値だ。なんと、単勝、複勝、ともに回収値が100を超えている。

オルフェーヴルら、人気馬だけでなく、穴馬を確実に持ってきているということだ。

思い返してみると、GI初制覇を成し遂げたのは桜花賞における13番人気のアローキャリーだった。宝塚記念では2005年に11番人気のスイープトウショウで勝っている。


何より今年、池添騎手は絶好調だ。

詳細→池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?

大舞台で大仕事をやってのける“必殺仕事人”の手綱さばきが、ショウナンパンドラを激走に導いたと言っても決して言い過ぎではない。

血統と騎手――。

ショウナンパンドラが激走した背景には、宝塚記念とは切っても切り離せない血と、大舞台にめっぽう強い騎手の存在があったのだ。そして奇しくも池添騎手はステイゴールド産駒のドリームジャーニーとオルフェーヴルで宝塚記念を勝っている。“隠れステゴ産駒”に池添謙一。なんともドラマティックではないか。

【関連記事】
ゴールドシップが宝塚記念で僕たちに教えてくれた3つのこと
ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…
ゴールドシップが宝塚記念で負ける可能性は低くない!?2つの不安要素とは…
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素
JRAはセカオワやAKB48とコラボして競馬場でライブをやってもらえ


(C)arima0208

過去5年の宝塚記念で、4回馬券に絡んでいる牝馬。

ブエナビスタやジェンティルドンナという、牡馬を押しのけて一番人気になる名牝が出走していたという事実もありますが、昨年は9番人気のヴィルシーナが逃げ粘って波乱を演出しました。

今年は登録している5頭のうち、3頭がGⅠ馬。残り2頭もGⅠでの好走歴があるので、何が起こっても不思議ではありません。

それでは春のグランプリの鍵を握る、5頭の牝馬をチェックしていきましょう。

返す刀でゴールドシップら牡馬を斬る/ラキシス

今年の牝馬の中で、最も人気を集めそうなのがこの馬です。昨年の秋から4戦して、GⅠ1勝、GⅡ1勝2着1回という圧巻の成績。6着と掲示板を外した有馬記念も、タイムで見れば勝ち馬から0秒2と差はほとんどないため、十分評価に値します。

そして評価を確実なものにしたのが、前走の大阪杯です。

不良馬場をもろともせず、4コーナー11番手からキズナを上回る35秒9の末脚で突き抜けるという、牝馬とは思えないパフォーマンスを披露しました。

阪神は3戦2勝と相性の良い競馬場だったということもありますが、キズナを破ったのですから“本物”と判断していいでしょう。

ちなみに阪神コースは大阪杯で3勝目だったのですが、勝ったレースはすべて上がり最速をたたき出している点にも注目です。よほど仁川の芝が合っているということですね。

一気の距離延長で闘志を再点火/ヌーヴォレコルト

前走のヴィクトリアマイルは、一番人気ながら見せ場なく6着に終わりました。しかし今年初戦の中山記念では、2頭の皐月賞馬を向こうに回して混合重賞を勝っていることから、まだまだ見限ることはできません。


そもそも桜花賞3着からオークスで優勝と、距離延長して巻き返した実績の持ち主。今回も前走から600mも距離が延びますから、持ち前のスタミナが生きると考えられます。

またブエナビスタ、ジェンティルドンナといった先輩オークス馬も、4歳時の宝塚記念でそれぞれ2、3着と好走しているので、走りざかりの今こそ狙いたい一頭です。

【次のページヘ】デニムアンドルビーやディアデラマドレらの実力は?

ページ:

1

2

(C)taka

先週、高松宮記念で春のGIシリーズが本格的に開幕した。香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収め、売り上げ、入場者数ともに前年を大幅に上回るなど、好スタートを切った。

今週はGIのない“谷間の週”だ。しかし、普通の“谷間の週”ではない。GI馬7頭が集結する“超GII”産経大阪杯があるのだ。

ダービー馬キズナ、皐月賞馬イスラボニータとロゴタイプ、天皇賞秋馬スピルバーグなど、超豪華なメンバーが集った。もはや普通のGIよりワクワクするレースといっても過言ではない。

そんな大阪杯を当サイト編集長のJINが展望する。

産経大阪杯出走予定馬

2015年 4月 5日(日) 2回阪神4日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第59回産経大阪杯
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)

馬名性齢斤量
イスラボニータ牡458
エアソミュール牡657
カレンブラックヒル牡657
キズナ牡557
キングズオブザサン牡456
ショウナンパンドラ牝4 55
スピルバーグ牡658
ゼロス牡656
タガノグランパ牡456
ダノンヨーヨー牡956
デウスウルトセ756
トラストワン牡756
ムスカテール牡756
ラキシス牝5 55
ロゴタイプ牡557

中心となるのは間違いなくキズナだろう。ダービー馬であり、昨年の大阪杯を制している。前走は骨折明けの影響もあって3着に敗れたが、状態は上がっているはず。1番人気に支持されることだろう。

ただ、馬券的な妙味からいくと、信頼しすぎるのはよくないという印象を受ける。前走は休み明けだったとはいえ、あの条件で差しきれないというのはいささか不満。「叩き2戦目=前走より走る」というのも安易な発想だ。

ディープインパクト産駒のダービー馬で鞍上武豊騎手、さらに叩き2戦目ということで過剰人気は必至。おそらく単勝は2倍台後半、ついても3倍台前半になる。能力が高いのは間違いないが、果たしてこのメンバーで10回走って3回以上勝てるほど抜けた馬だろうか? 基本的は疑ってかかりたい。

次に人気になるのはスピルバーグだろう。完全に本格化し、昨秋は天皇賞秋でGI初制覇を達成。ジャパンカップでも3着に好走した。今年は英国遠征を見据えているため、ここで無様な走りはできない。

イスラボニータは休み明けの中山記念で圧倒的な1番人気を裏切った。叩き2戦目でどこまで巻き返すか。さらに牝馬ながら有馬記念で6着となったラキシスも有力馬の1頭だ。エリザベス女王杯で牝馬の頂点に立ち、牡馬との対戦においてもオールカマー2着の実績がある。侮ることのできない1頭だ。


1頭注目馬を挙げるとするならデウスウルトか。今回はGI馬が集結することで人気にならないはず。しかも7歳馬ということで嫌われるのは必至だ。

しかし本格化以降の走りは安定して、このメンバーに入っても無様な走りはしないだろう。休み明けのGI馬より実力を発揮する可能性が高い反面、人気にはならないだろうから、期待値が高い馬の1頭として注目しておきたい。

どんな結果に終わるか分からないが、この中から必ず、2015年のGI戦線の主役を担う馬が誕生するはずだ。GI以上に豪華なGIIの激戦に期待したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る