タグ:サトノクロニクル

サトノクロニクルの勝因とブレスジャーニーの敗因は?チャレンジカップ2017回顧

(C)MAZIMICKEY

2017年12月2日、阪神競馬場でチェレンジカップ(GⅢ/芝2000m)が行われ、ゴール前の叩き合いを制したサトノクロニクル(牡3)が人気に応えて見事勝利した。

2着は5番人気のデニムアンドルビー、3着は2番人気に推された3歳馬ブレスジャーニーとなった。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年12月 2日(土) 5回阪神1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第68回チャレンジカップ
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・内 2000m 12頭立

馬名性齢
3サトノクロニクル牡31
8デニムアンドルビー牝75
6ブレスジャーニー牡32
5モンドインテロ牡53
4スーパーマックス牡311
9マイネルミラノ牡76
10マサハヤドリーム牡59
2メドウラーク牡67
7プリメラアスール牝58
1012レッドソロモン牡510
1111ジョルジュサンク牡44
121ニシノジャーニー牡412

LAP 12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1
通過 36.5-48.5-59.9-71.8  上り 70.1-58.7-46.8-35.2  平均 1F:11.86 / 3F:35.58

払い戻し

単勝  3 \350
複勝  3 \140 / 8 \220 / 6 \160
枠連  3-6 \1140 (6)
馬連  03-08 \1540 (5)
ワイド 03-08 \590 (5)/ 03-06 \330 (2)/ 06-08 \790 (11)
馬単  03-08 \2370 (7)
3連複 03-06-08 \2280 (5/220)
3連単 03-08-06 \12120 (27/1320)

レース分析

レースラップは以下の通りである。12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1(36.5-35.2)

ニシノジャーニーが出遅れたが、まずまずのスタートでチャレンジCがスタートした。プリメラアスールが先頭に立ち、気合いをつけてマイネルミラノが2番手に位置を取った。

サトノクロニクルがその後ろの好位につけ、中団後ろにブレスジャーニーとモンドインテロが、デニムアンドルビーは後方からの競馬となった。

1000mの通過が59.9秒とそこそこのペースで流れ、この辺りでデニムアンドルビーが進出を始め、それに続いて中団に陣取った馬も仕掛けていった。


4角で先頭がマイネルミラノに変わって直線を向くと、好位から抜け出したサトノクロニクルが先頭を楽に捉え、後方から追い込んできたデニムアンドルビーと併せるように追い比べ。さらにその後ろからブレスジャーニーとモンドインテロが一気に差を詰めて前4頭が並んで入線した。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノクロニクル

好位につけてロスなく道中を回ってきたサトノクロニクル。この辺はさすがM. デムーロ騎手と言ったところである。直線を向いて楽に先頭のマイネルミラノを捉えて見事優勝した。

-10kgで臨むことになったが、決して細く映ることはなかった。ゴール前の4頭を見てみると、どの馬が勝ってもおかしくない展開であり、その中でサトノクロニクルを勝たせたM. デムーロ騎手の手腕はもう疑う余地もない。

2着 デニムアンドルビー

後方からの競馬となったデニムアンドルビーは1000mを通過したところで位置をスルスルと上げていった。早めに仕掛けて最後までいい脚を使い、レース運びが非常に上手かった。

新旧対決となったチャレンジCだが、7歳でもまだまだ勝負ができることを示した。なかなか結果の出ないこの馬を2着に持ってきた弟の技術もまた素晴らしい。今回は馬の状態も非常に良かった。

3着 ブレスジャーニー

骨折明け菊花賞で使って2走目、2番人気に推されたが3着入線となった。多くのファンが復活を心待ちにした1頭である。まだまだ発展途上の同馬が3着に食い込んだことでこれからの期待が大きくなった。

中団後ろの内でロスなく進み、直線で外に出して追い込んだ。若干デニムアンドルビーの後ろで詰まったようにも見えるが、鞍上柴田善臣に導かれて次に繋がるレースができた。

4着 モンドインテロ

中団後ろの良い位置で道中運んだ。デニムアンドルビーの後ろを続く形で進出し、ブレスジャーニーと併せて良い脚を使った。終いもしっかり伸びたが届かず、僅差の4着となった。

5着 スーパーマックス

地方所属の3歳馬ながら堂々の掲示板入りとなった。前の4頭との差はあったものの今後が非常に楽しみな1頭である。

中団内でロスなく進み、直線では渋とく脚を使って5着入線。マイネルミラノに先着しており、上位入線した他の3歳馬同様、スーパーマックスも今後の成長が楽しみである。


6着 マイネルミラノ

スタートから気合いをつけてプリメラアスールに続く2番手に位置を取った。4角で先頭に躍り出るも、道中好位で運んだサトノクロニクル、そして後ろから追い込んだデニムアンドルビーらに捉えられて6着入線。

ハナにこだわらず2番手に控えたことが敗因か。斤量減で穴として注目されていたが、直線で持ちこたえることができなかった。人気落ちしたローカル競馬場で1発狙いたい。


(C)Koji Takahashi

5月6日に京都競馬場で行われた日本ダービートライアルの京都新聞杯(GII/芝外回り2200m)で、2番人気のマンハッタンカフェ産駒プラチナムバレット(牡3)が、1番人気のサトノクロニクル(牡3)を押さえて勝利した。3番人気のインヴィクタ(牡3)は7着に終わった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

2017年 5月 6日(土) 3回京都5日 天候 : 曇  馬場状態 : 良
【11R】 第65回京都新聞杯
3歳・オープン・G2(馬齢) (国際)(指定) 芝・外 2200m 12頭立

馬名S性齢
11プラチナムバレット牡32
3サトノクロニクル牡31
2ダノンディスタンス牡36
5サトノリュウガ牡35
8ミッキースワロー牡34
6ゴールドハット牡38
4インヴィクタ牡33
9メルヴィンカズマ牡37
12ウインベラシアス牡311
107ハギノアレス牡310
111カケルテソーロ牡39
1210ユキノタイガ牡312

LAP 12.7-11.1-12.8-12.4-13.1-13.1-12.7-12.6-11.6-11.5-11.6
通過 36.6-49.0-62.1-75.2
上り 73.1-60.0-47.3-34.7
平均 1F:12.29 / 3F:36.87

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.7-11.1-12.8-12.4-13.1-13.1-12.7-12.6-11.6-11.5-11.6

前半はウインベラシアスがハナを切ったものの、ペースは上がらなかった。道中は2度の13秒台を刻むなど、スローペースに。

しかも向こう正面でウインベラシアスは2番手以下を10馬身程度ちぎっていた。2番手以降は超のつくスローペースだったことが分かる。ウインベラシアスが力のある馬なら、普通に粘り込めていても何らおかしくなかっただろう。


完全に位置取りと、上がりの瞬発力勝負というレースになった。上がりの3ハロンは「11.6-11.5-11.6」。ほとんど減速しないまま、ゴール板を駆け抜けている。よほどゆるいレースで、どの馬もバテなかった……というか、脚を余した馬も多かったのではないか。

京都新聞杯は特に近年、ダービーにつながるトライアルとして名が通っている。しかし、今年に限ってはレースレベルだけ見れば非常に厳しいのではないか。

混戦を極める牡馬クラシック路線を象徴するようなレースだったと言っていいだろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 プラチナムバレット

道中は後方に待機し、直線のヨーイドンで切れ味を発揮した。今回はディープインパクト産駒が不在で、ライバルとなったのがハーツクライやハービンジャー、ルーラーシップ産駒といった、どちらかといえばスタミナ寄りの血統の馬が多かったことが瞬発力勝負で勝てた要因だったと考えられる。

この馬の血統を見ても、京都の外回りで強いのは半姉スマートレイアー譲りと言えるかもしれない。

2着 サトノクロニクル

父ハーツクライ、母父インティカブ(ロベルト系)、母母父ニジンスキーという重厚な血統だけあって、瞬発力勝負は厳しかったか。4コーナーから直線に入る際、外を回っていたミッキースワローに楽な手応えでかわされているところを見ても、一瞬の切れ味勝負に向いていないことが分かる。

最終的にはそのミッキースワローをかわしているのだから、追って味のあるタイプと言えるだろう。

次はダービーになるだろうが、距離が伸びるのはプラス。ただし、ダービーも瞬発力勝負になる傾向にあるため、さすがに厳しいかもしれない。馬場が悪化すれば、といったところ。

これから力をつけてくるタイプであるため、菊花賞など、長丁場のレースが楽しみだ。

3着 ダノンディスタンス

ルーラーシップ産駒らしく全く切れないが、なんとか直線までのリードを生かして粘り込んだ、という感じ。再現性はなし。


ジリ貧で決めて勝負には向かないため、先行してどこまで、というところだろう。

4着 サトノリュウガ

もったいない競馬だった。瞬発力がないのだからもう少し早く仕掛けていれば長くいい脚を使って押し切れそうな展開だったが、仕掛けが遅れたことで3、4コーナーで置いていかれてしまった。最後は伸びてきただけに、仕掛けの遅さが悔やまれた。

もっとも、そもそも瞬発力勝負に向いていないため、仕方ない部分もあったか。

5着 ミッキースワロー

持ったままサトノクロニクルをパスしたときは完勝もあるかと思われたが、案外伸びなかった。キャリア3走ですべて上がり1位を使っているように、末脚比べが苦手とは思えないだけに、意外な結果だった。

6着 ゴールドハット

7着 インヴィクタ

立ち遅れて最後方からの競馬となったことに加え、超スローペースになって万事休すだった。

直線の入り口ではプラチナムバレットと同じような位置にいたが、マンハッタンカフェとハービンジャーでは切れ味が違う。

今回はノーカウントでOKだろう。改めて秋の菊花賞路線でどこまで伸びてきてくれるかが期待される。

8着 メルヴィンカズマ

9着 ウインベラシアス

10着 ハギノアレス

11着 カケルテソーロ

12着 ユキノタイガ


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る