タグ:サトノクラウン

(C)はねひろ

6月25日、阪神競馬場で春競馬の“総決算”宝塚記念(GI/芝内回り2200m)が行われ、サトノクラウン(牡5)が優勝した。圧倒的一番人気に支持されたキタサンブラックは、まさかの9着に敗れた。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年 6月25日(日) 3回阪神8日 天候 : 曇  馬場状態 : 稍重
【11R】 第58回宝塚記念
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝・内 2200m 11頭立

馬名S性齢
11サトノクラウン牡53
2ゴールドアクター牡65
8ミッキークイーン牝54
6シャケトラ牡42
7レインボーライン牡47
1ミッキーロケット牡48
3スピリッツミノル牡59
5シュヴァルグラン牡56
10キタサンブラック牡51
104クラリティシチー牡611
119ヒットザターゲット牡910

LAP 12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2
通過 35.2-48.3-60.6-72.3  上り 70.8-59.1-47.5-35.7  平均 1F:11.95 / 3F:35.84

払い戻し

単勝  11 \900
複勝  11 \480 / 2 \550 / 8 \450
枠連  2-8 \710 (5)
馬連  02-11 \5250 (17)
ワイド 02-11 \1500 (18)/ 08-11 \1170 (13)/ 02-08 \1060 (12)
馬単  11-02 \10330 (30)
3連複 02-08-11 \10670 (29/165)
3連単 11-02-08 \70420 (160/990)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

ポイントは2つ。

・4、5ハロン目に極端に緩んだこと
・以降はずっと11秒台を刻んだこと


予想に反してシュヴァルグランが逃げることになったが、スタートから2、3ハロン目はそこそこ流れた。しかし、4、5ハロン目で極端に緩んだことで、ここでかかるか、脚を溜められるかが一つの分岐点となった。

例えばキタサンブラックはこの区間でリラックスして走ることができなかった結果、直線では後退する一方になってしまった。

しかも6ハロン目からは11秒台と、休む期間がなくなってしまった。「息を入れられるときに入れられた馬」、要するに後ろで待機していて自分のペースで走ることができた馬が好走するようなレースになったわけだ。

先行勢が全滅したように、前に行った馬にとっては極めて厳しい展開となった。

サトノクラウン、ゴールドアクター、そしてミッキークイーンはいずれも最後の直線まで後方に待機していた。一方、キタサンブラック、シュヴァルグラン、そしてシャケトラの先行勢は馬券圏外に落ちてしまった。

このラップに対応できたかどうかが、一つの大きな“分岐点”となったわけだ。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノクラウン

気難しい馬で、走らないときは掲示板にも載れないわけだが、ハマったときの爆発力がGI級であることをここで証明することになった。

勝因を挙げるとするなら

・馬場
・展開
・ミルコ・デムーロ騎手の手腕

だろうか。まず重馬場はサトノクラウン、そしてデムーロ騎手が最も得意とする条件だ。この条件で彼ら以上のコンビを見つけることは難しい。


さらに展開の後押しもあった。通常の宝塚記念は逃げ、先行馬の粘り込みが好走のパターンだが、今回は馬場が特殊だったこともあり、例年のような形にならなかった。後ろで待機しても勝負になるような展開になったことが優勝を後押ししたわけだ。

そして目を見張るのはデムーロ騎手の手腕だろう。向こう正面でデムーロ騎手は一度サトノクラウンを前へ促し、先行勢にプレッシャーをかけにいった。これでキタサンブラックら、先行勢は息を入れられなくなってしまった。

しかし、当の本人はペースが速くなると、再び後方に下がって機会をうかがった。結果、十分に脚をためることができ、直線の爆発につながったわけだ。

2着 ゴールドアクター

“終わっていないこと”を証明する2着となった。

展開、そして馬場が向いたのはサトノクラウンと同様。馬場の悪い内側を突いた点は、ゴールドアクターの重馬場適性やパワーに相当の自信を持っていたことの証明だろう。

そして有馬記念や宝塚記念のようなトリッキーな条件が得意なことも証明する形となった。今後は特殊な条件で評価を挙げ、東京や京都のようなコースでは評価を下げる必要がありそうだ。

3着 ミッキークイーン

宝塚記念といえば牝馬の台頭――。

期待に違わぬ走りを見せた。マイナスファクターに合致せず、競馬TIMES編集部でも「オススメの1頭」に挙げたように、好走する条件が揃っていたのだから。

3着止まりだったのは上位2頭が強かったこと、そして血統的な面が大きかっただろうか。

ミッキークイーンは“ズブいディープインパクト産駒”ではあるものの、血統的なタフさでは上位2頭に劣っていた。さすがにマルジューやスクリーンヒーロー(ロベルト系)に、ディープ産駒はタフさでかなわない。


今後もディープインパクト産駒が苦手なようなタフな条件で台頭してくる可能性はありそうだ。一見、瞬発力があるように見えるが、実はそれほどでもない。

よって、瞬発力が求められるジャパンカップより、持続力が求められるエリザベス女王杯のほうが向いている、と言えそうだ。

4着 シャケトラ

マンハッタンカフェ産駒は抜群のコース成績を誇っていただけに、台頭があるかと思われた。

しかし、先行勢に厳しいペースとGI級の底力が求められるレースとなり、最後の最後で失速してしまった。

もっとも、キタサンブラックやシュヴァルグランが沈んだ展開で先行しながら4着に粘ったのは立派だった。まだまだキャリアが浅く、成長が期待できる。

5着 レインボーライン

ステイゴールド産駒が得意な舞台でペースが向いたが、5着まで。コーナーで外を回した影響が多少なりともあったと考えられる。

ただし、マイナス要素よりプラスファクターのほうが多かっただけに、現状力負けと言えるかもしれない。

6着 ミッキーロケット

直線、ジリジリ伸びてきたものの、弾けるまではいかず。直線、窮屈になる場面があったとはいえ、この展開だったことを考慮すると、上位とは力の差があったと考えてしかるべきだろう。

7着 スピリッツミノル

ゴールドアクターの前にポジションを取り、内を突く選択をしたが直線では伸びなかった。力負け。

8着 シュヴァルグラン

意表を突く逃げを打ったが、3コーナーで手応えが怪しくなり、4コーナーでは馬群に飲み込まれた。初の逃げで戸惑ったこと、一気に距離短縮となったことでペースに戸惑ったことなど、敗因は複数考えられる。

もっとも、天皇書春上位組のキタサンブラックが同じように沈んだことを考慮すると、レコード決着だったレースの“見えない反動”があったとも考えられる。

よりスタミナのいる条件で見直しだろう。最低でも2400mはほしいところ。

9着 キタサンブラック

もともと合う条件ではなかったことに加え、チグハグな競馬になってしまった。詳細は個別の検証記事にて。

10着 クラリティシチー

展開向かず、馬場の悪いところを通った。現状、力負けだろう。

11着 ヒットザターゲット

残念ながら全盛期の力はもうない。


もしサトノクラウンが種牡馬になったら?血統から導く3つの成功の可能性

(C)馬空-競馬写真館-

ドゥラメンテがレースレコードで完勝した第82回日本ダービー。オルフェーヴル以来の2冠馬の誕生となり、秋は菊花賞で3冠を目指すのか、それとも凱旋門賞に参戦するのか動向も注目されます。

しかし、今回スポットを当てるのはドゥラメンテではありません。2冠馬に遅れること0.3秒の3着になったサトノクラウンです。

というのも、サトノクラウンは外国産馬です。日本で蔓延しているサンデーサイレンスの血を持たない彼がもし種牡馬となった場合、かなりの活躍が期待できると考えています。その根拠をまとめてみました。


理由① サンデーの血を持たず、ノーザンDの血も濃くない

日本は大種牡馬サンデーサイレンスの血が蔓延しています。よって、サンデーサイレンスの血を持たない優秀な種牡馬が求められています。その筆頭であるキングカメハメハは現在サンデーサイレンスの仔であるディープインパクトと激しいリーディングサイアー争いをしています。サトノクラウンはサンデーサイレンスの血を持たず、これだけでも種牡馬としての価値はあるといえます。

また、ディープインパクト産駒の活躍馬は母方がノーザンダンサー系のパワー血統であることが多く、サトノクラウンがノーザンダンサー4×5×7と、それほどノーザンダンサーの血が強調されてない点もプラスといえます。

理由② ディープインパクト牝馬との配合の場合

ディープインパクト産駒は優れた瞬発力を伝える、ということはあまりにも有名な話です。その瞬発力の源はどこにあるのかというと、父父ヘイローと母父母父のサーアイヴァーだと考えています。特にサーアイヴァーは鋭い瞬発力を武器にイギリス2冠馬となった馬です。この2頭は似たような血を多く持っていて、ニアリークロスとなります。

サトノクラウンも母ジョコンダⅡがサーアイヴァー4×4というクロスの持ち主で、それが瞬発力の源であると考えられます。

ディープインパクト産駒の牝馬にサトノクラウンを種付けした場合、ヘイロー≒サーアイヴァー6×6×4×6となり、更なる切れ味の増幅を期待できます。

【次のページヘ】キングカメハメハ牝馬との配合の場合は?


ページ:

1

2

競馬で勝つための方法って?サトノクラウンに学ぶ前走不利を受けた馬を狙う重要性

(C)masakin0712

サトノクラウンは皐月賞でドゥラメンテやリアルスティールを抑えて1人気の支持された。しかし、6着と惨敗し、日本ダービーでは3番人気に評価を落とした。

もっとも、ダービーでは3番人気3着としっかりと人気に応え、馬券圏内を確保している。なぜ、皐月賞で惨敗した馬がダービーで好走できたのか。

今回は巻き返しに成功したきっかけとその要因を分析し、競馬で勝つための方法を導き出していこう。


皐月賞凡走という“布石”

皆さんは前走、着外に負けている馬をどう思うだろうか。いろいろな考え方があるだろうが、普通は「弱い馬」と考えてしまうのではないだろうか。だからこそ、人気は落ちる。事実、サトノクラウンは皐月賞の1番人気から3番人気まで評価を落とした。

もちろん、「弱い馬」という判断が間違いとはいえない。大抵の場合、その判断は正しい。

ただし、サトノクラウンの場合は違った。

なぜなら、皐月賞では「凡走するべくして凡走していた」からだ。

4コーナーの不利

皐月賞では4コーナーを周り終えるタイミングでドゥラメンテが大きく外に斜行し、サトノクラウンを初めとして多くの馬が不利を被った。

馬に合図を送って加速を始めるタイミングだっただけに、立て直すことは非常に難しい状況だった。実際、被害を受けた馬はほとんど下位に沈んだ。しかし、サトノクラウンだけは上がり34秒5の末脚を使い、6着まで迫った。


向かなかった展開

さらに展開も向かなかった。

ドゥラメンテが衝撃的な末脚を披露したことで忘れられがちだが、皐月賞は「事実上前残りの競馬」だった。2着以下の4コーナーでの順位を見てみると……

2着 リアルスティール 4角3番手
3着 キタサンブラック 4角2番手
4着 ブライトエンブレム 4角5番手
5着 クラリティスカイ 4角1番手
7着 ミュゼエイリアン 4角5番手

ご覧のとおり、ドゥラメンテとサトノクラウン以外の上位馬は4角5番手以内で競馬をしていた。サトノクラウンは4角9番手。明らかに展開が向いていなかった。その中で、6着に入った。

・4コーナーでの明確な不利
・前残りの展開
(・おまけに出負け)

以上のように明確な不利が重なっていた。つまり、「弱いから6着に負けた」のではなく、「負けて強しの6着」だったのだ。

これだけ多くの不利があった負けたのだから、ダービーで巻き返す可能性は高かったといえる。少なくとも何の不利もなく2着に入ってダービーで2番人気に支持されたリアルスティールより、期待値は高かった。

不利を見つけることで馬券が当たる

サトノクラウンに限らず、「不利によって凡走→次走巻き返し」というパターンは多々見られる。

例えば今年の桜花賞を思い出してほしい。

前走のチューリップ賞で惨敗していたクルミナルは7番人気の低評価だった。しかし、前走は不良馬場という明確な敗因があった。良馬場の桜花賞で2着に巻き返したのは“必然”だったといえる。


さらに同じく高松宮記念で馬場に泣いたストレイトガールは良馬場開催となったヴィクトリアマイルで巻き返している。

その馬が前走や前前走でどんな競馬をしているのか。目に見える不利がなかったか。そういったことを知ることで、その馬に対する評価は大きく変わってくる。前走着順が悪い馬は人気になりにくい。「馬券に勝つ」という意味でも、前走不利を受けた馬を探すことは大切なのだ。

的中に向けた確定的な手法がない競馬というツールの中で、少しでも最良の結果に近づようと思うのであれば、「不利を受けた馬」を探すことが“勝つための最短ルート”なのである。

【関連記事】
サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る


サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析

(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は、1番人気のドゥラメンテが期待に応える圧勝で皐月賞に続く2冠を手にした。

3着に食い込んだのは、皐月賞6着から巻き返したサトノクラウンだった。堀厩舎ワンツーとはならなかったものの、1番人気を裏切った皐月賞からしっかりと立て直され、ダービーの舞台で意地を見せることができた。

サトノクラウンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

サトノクラウンは父マルジュ、母ジョコンダ2、その父ロッシーニという血統。マルジュはラストタイクーン産駒で、現役時代はイギリスのマイルGIを1勝している。全姉のライトニングピールもスプリントGI馬と、短い距離での活躍が目立つため、距離不安の声もあった。

ただマルジュは欧州でフランスのヴェルメイユ賞(GI/芝2400m)を制したマイエマなど中距離GI馬を複数輩出している。

加えてマルジュの半姉サルサビルは現役時代、イギリスオークス(GI/芝2400m)とアイリッシュダービー(GI/芝2400m)、そしてヴェルメイユ賞を制した名牝である。クラシックディスタンスへの適性は決してないわけではなかったのだ。

秋のローテと不安材料

ただし、最後の直線でサトノラーゼンを交わし切れなかったあたり、2400mは少し長いのかもしれない。となれば秋は天皇賞あたりが有力か。血統表にサンデーサイレンスの血を一滴も持たずとも、ダービーレコードとなったこのレースで3着に来るのは能力がある証拠だ。古馬に混じっても有力馬の一頭であることは間違いない。

不安点を挙げるとすれば、早熟傾向にある血統ということか。サトノクラウンの全姉ライトニングピールはデビュー5戦目の2歳GIを圧勝したものの、その後は1戦もすることなく引退した。

父マルジュも3歳の6月にGIを勝ったが、その後の2戦は人気を大きく裏切り、そのまま引退している。サトノクラウン自身もデビュー2戦目で東スポ杯2歳ステークスを勝った馬だが、果たしてその成長力は――。そういった血統背景も考慮して、秋の走りに注目したい。


【関連記事】
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る


サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


大外一気、上がり1位の秀逸な末脚を繰り出したが、栄光にあと一歩届かなかった。

もっとも、サトノクラウンは屈辱の皐月賞6着から馬券圏内まで盛り返してきました。逆転とはいきませんでしたが、改めて力のあるところを証明したわけです。

なぜ皐月賞の惨敗から巻き返すことができたのか? その要因を探っていきましょう。


父からもらった芝2400mを走る力

ハナ差という、限りなく2着に近い3着となったサトノクラウン。父マルジュのクラシックディスタンス力が、ここぞという場面で発揮されたといえます。

父マルジュは日本では馴染みが薄い種牡馬ですが、現役時代はイギリスダービー(英GⅠ)で2着という実績を持っています。

詳しくは以下のコラムを参照していただきたいですが、やはり父系の血を色濃く受け継いでいたようです。

●詳細→ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠

複勝率100%! 改めて示した府中との相性の良さ

道中は後方から4、5番手でレースを進めましたが、皐月賞のような出遅れや不利はありませんでした。持っている力を遺憾なく発揮できれば、常に馬券圏内に来る力があるわけです。

ダービーでの上がり3ハロンのタイムは、ドゥラメンテを上回る33秒8で、堂々の1位でした。世代最高のレースで、世代で最高の末脚を繰り出したのです。


33秒台は、ダービーと同じ東京競馬場で行われた昨年の東京スポーツ杯と新馬戦(東京)でも計測していました。やはり東京競馬場はサトノクラウンにとって走りやすいコースなのです。

レースレコードに肉薄した高速決着に対応

2分23秒2。今年の勝ちタイムが、ダービーのレースレコードになりました。

サトノクラウンは、それに0.3秒遅れでゴール。勝ちタイムに関しても以前のコラムで触れていますが、この高速決着は、まさに願ってもない展開だったわけです。

●詳細→稍重でもこのタイム!? 特筆すべき走破時計

最初の1000mの通過が58秒8というハイペース。それに巻き込まれないよう後方でしっかりと脚を溜め、最速の上がりタイムで追い込む。

弥生賞の時は4番手から押し切っての勝利でしたが、後ろからでもレースをできる自在性は東スポ杯2歳Sですでに披露していました。立ち回りの上手さをいかし、タフなダービーを乗り切ることができたのです。

追いかけたくなる魅力が詰まったダービー

着順の目安でもある人気。サトノクラウンは3番人気でしたから、巻き返しという意味でも人気通り走れたという意味でも、3着は合格点でしょう。

逆転に至りませんでしたが、メンバー最速の上がりを繰り出して、皐月賞で0.7秒あったドゥラメンテとの着差を0.3秒まで縮めたことも評価できます。

何より、東京コースへの高い適正を示すことができたのが大きな収穫。まだ秋の路線は決まっていませんが、将来に期待したくなる一頭であることは間違いありません。

【関連記事】
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力



Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る