タグ:グランデッツァ

グランデッツァが引退!種牡馬入りへ「アグネスタキオンの最高傑作に」と期待された逸材


2011年の札幌2歳ステークス(GIII/芝1800m)や2012年のスプリングステークス(GII/芝1800m)を勝ったアグネスタキオン産駒のグランデッツァ(牡6)が引退することが分かった。11月6日付けで登録を抹消すると、JRAが発表している。今後は北海道日高町の社台ブルーグラスファームで種牡馬になる予定。

グランデッツァは父アグネスタキオン、母マルバイユ、その父マルジュという血統。母はフランスGI馬、半姉に桜花賞馬マルセリーナがいる良血馬で、デビュー当初から「アグネスタキオンの最高傑作になれる逸材」とも称されるほど、期待を集めていた。

評判通り順調にキャリアを重ね、札幌2歳Sで重賞初制覇を達成。スプリングSも制し、皐月賞では1番人気に支持された(結果は5着)。しかし、3歳秋に左前脚屈腱炎を発症。父の産駒につきまとう体質の弱さが原因となり、長期休養を余儀なくされた。

それでも休養明け3戦目の都大路ステークスでは1分43秒9という日本レコードを叩き出して復活。2014年のマイルチャンピオンシップでは3着に健闘した。

今年に入ってからも7月の七夕賞で久々の重賞制覇を果たしていたが、再び屈腱炎を発症したことで引退の決断がなされた。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
3連複の買い方!1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?
初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?


(C)arima0208

宝塚記念の前哨戦である鳴尾記念(GIII/芝2000m)が6月6日に行われる。

主役は連覇を狙うエアソミュールだ。ここ4走で着外なしと安定感を誇る。中山金杯と京都記念を制し、今年になって充実ぶりを示すラブリーデイ、昨年のマイルチャンピオンシップ3着のグランデッツアも参戦。少頭数ながらハイレベルな戦いが予想される。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬を見ていこう。


人気予想

1番人気 エアソミュール
2番人気 ラブリーデイ
3番人気 グランデッツァ
4番人気 トウケイヘイロー
5番人気 レッドデイヴィス

中穴人気…アズマシャトル、ダノンジェラート、メイショウナルトなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

勢力図を予想

エアソミュール(牡6)

昨年のこのレースを制し、毎日王冠でもスピルバーグを破った。GI馬が6頭揃った前走の産経大阪杯では不良馬場の影響もあってか3着に敗れたが、強豪相手にも実力が劣らないことを示した。GIIIのここなら力上位は明らかで、連覇は十分期待できる。

ラブリーデイ(牡5)

今年に入って中山金杯、京都記念と重賞を連勝。前走の天皇賞春、前々走の阪神大賞典では着外に沈んだが、敗因は距離が長すぎたことと相手関係が強力だったことだとはっきりしている。今回、得意の2000mに舞台が戻るのは大きな好材料で、ここなら勝負になりそうだ。


グランデッツア(牡6)

昨年のマイルチャンピオンシップ3着馬は安田記念ではなくこちらに登録。元々スプリングステークスを制した素質馬で、故障に泣かされた時期もあったが、近年は順調で、着実に実力をつけてきている。前走の都大路ステークスではエイシンヒカリの2着と調子も悪くなく、久々の重賞勝利を狙う。

トウケイヘイロー(牡6)

左前繋部浅屈腱炎のため休養していた同馬がこのレースで復帰する。一昨年にはこのレースを制してから重賞を3連勝した。久々の出走となるが調教でも良いタイムが出ていて体調面に不安はなさそうだ。武豊騎手とのコンビ再結成で復活の勝利を目指す。

他には、古豪レッドデイヴィス、2000mで2勝を挙げているアズマシャトル辺りも圏内か。

【関連記事】
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る