タグ:キャンベルジュニア

(C)Yusuke Tsutaya

直線で抜群の末脚を披露し、他馬を圧倒した。

5月13日に東京競馬場で行われた京王杯スプリングカップ(GII/芝1400m)で、2番人気のスウェプトオーヴァーボード産駒レッドファルクス(牡6)が、11番人気のクラレント(牡8)を押さえて勝利した。一方、サトノアラジン(牡6)やキャンベルジュニア(牡5)といった人気馬は馬群に沈んだ。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

映像はJRA公式サイト→レース結果のページでご覧いただけます

結果・着順

2017年 5月13日(土) 2回東京7日 天候 : 雨  馬場状態 : 重
【11R】 第62回京王杯スプリングカップ
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝 1400m 13頭立

馬名S性齢
10レッドファルクス牡62
12クラレント牡811
9グランシルク牡54
1ヒルノデイバロー牡613
8トウショウドラフタ牡46
11トーキングドラム牡78
13ダッシングブレイズ牡55
5トーセンデューク牡610
4サトノアラジン牡61
102ロサギガンティア牡69
113キャンベルジュニア牡53
127ブラヴィッシモ牡57
136ダンツプリウス牡412

LAP 12.8-11.3-12.3-12.6-11.6-11.1-11.5
通過 36.4-49.0-60.6-71.7  上り 70.4-59.1-46.8-34.2  平均 1F:11.89 / 3F:35.66

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.8-11.3-12.3-12.6-11.6-11.1-11.5

雨が降りしきる中で行われた。通常、降雨中に行われるレース(しかもかなりの雨量がある場合)はミドル〜ハイペースになりがちだ。良馬場時に引っ張られてペースは上がるが、実際には馬場が悪いため、実質的にはハイペース……といった構図になる。


しかし、京王杯に限っては完全なスローペースとなった。12秒台のラップを連発し、最後の直線では横に広がって「ヨーイドン!」の様相となった。

その中で速い上がりを使えた馬、あるいはギリギリ、コーナーでリードを保った馬が粘って上位に来た、というレースだった。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 レッドファルクス

GI馬が実力を発揮した格好となった。位置取りは後方だったが、抜群の末脚で他馬を置き去った格好だ。

スプリントGI馬というだけあって、スピード比べになったことが幸いした。また、道中緩いペースで流れてスタミナを問われなかったため、距離を克服できたと考えられる。

2着 クラレント

瞬発力勝負では分が悪かったが、それでも粘りきって2着を確保した。何といっても道悪の鬼ダンシングブレーヴの血が騒いだのだろう。今までも重馬場の東京新聞杯で3着に激走したり、やや重の関屋記念を勝った実績を持っている。

なお、京王杯スプリングカップでは2014年に2着になった実績がある。

・馬場
・舞台設定

この2つが整ったからこそ、実現した激走だったというわけだ。

3着 グランシルク

ステイゴールド×ロベルト系といういかにも道悪巧者な血統が生きた。しかも末脚は確実な馬であるため、瞬発力勝負になったことも幸いした。

結果として瞬発力では補えないほどのポジションにいたため、3着に甘んじたが、ポジション一つで上位に来る可能性はあったと言えるだろう。


4着 ヒルノデイバロー

久々に逃げを打ったことが幸いした。マンハッタンカフェ×セントサイモン系という組み合わせで、こちらも道悪で台頭しそうなタフな血統だが、大穴を開けることに成功した。

5着 トウショウドラフタ

勝ったレッドファルクスと同じくで、どちらかといえば短距離のタフなレースで台頭してくるタイプの馬だ。不良馬場のファルコンステークスを勝っているように、舞台設定は合った。展開も相まって末脚を発揮できたが、こちらも位置取りの差で掲示板止まりに。

6着 トーキングドラム

7着 ダッシングブレイズ

2走前に道悪の落葉ステークスを勝っているように、馬場は問題ではなかった。

敗因はおそらく距離だろう。

直線の入り口の時点で6番手にいたが、スピードアップするタイミングで完全に置かれてしまった。最後は伸びて盛り返したが、上位を差しまでには至らず。

キャリアを振り返ると33秒台の末脚を連発していることから、瞬発力勝負に全く対応できないというわけではない。それでも置いていかれてしまったのは、1400mという距離に対応できなかったからだろう。

距離を伸ばしたところで見直したいところだ。

8着 トーセンデューク

9着 サトノアラジン

好スタートを切りながらズルズルと後ろに下がり、直線ではほとんど最後方となっていた。これではいくら瞬発力を発揮したとしても届かない。

通った位置取りが微妙で終始前が壁になるようなレースだったため、この順位も致し方なしといったところだ。川田将雅騎手の騎乗ぶりに疑問符がつく、といったところ。

それでも上がり2位の脚を使っているのだから、道悪がダメだったというわけでも、距離がダメだったというわけでもない。次のレースで見直し可能だろう。


10着 ロサギガンティア

11着 キャンベルジュニア

直線まで持ったまま、残り400mを越えてようやく追い出されたが、全く切れることなく、下位に沈んでしまった。もっとも、もともと瞬発力勝負は得意ではないため、致し方ないといったところだ。追い出した時点で周囲を囲まれて窮屈になった面もあった。また、距離も微妙だったのだろう。

先行して持ち前のスタミナをいかし、どれだけ粘り込めるか……というスタイルだけに、今回のレースは厳しかった。見直し可。

12着 ブラヴィッシモ

13着 ダンツプリウス


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る