(C)Ko-Mei

初重賞制覇へ――。

2018年3月18日、中山競馬場でスプリングS(GⅡ/芝1800m)が行われる。多くの活躍馬を送り出す重賞であり、勝ち馬の中からナリタブライアン、オルフェーヴルと2頭の3冠馬を輩出している。クラシックでの活躍馬も多くいるためとても重要なレースである。今年の世代は特にハイレベルであり、ここからも今後活躍する馬が出てくることが期待される。

今回注目するのは前走、共同通信杯で休み明けながら上がり3ハロン最速をマークし僅差4着となったゴーフォザサミットだ。半兄にはショウナンマイティがいるなどクラシックのみならず先々まで注目したい馬だ。そのためにもここで初重賞制覇といきたいところだろう。

果たしてゴーフォザサミットは重賞初制覇を成し遂げることが出来るのか? 過去のデータを参考にその可能性に迫っていこう。


信頼① 所属

過去10年のデータを見ると東西で勝ち馬が半々といった感じである。過去10年の所属別成績を見ていこう。

所属着別度数勝率連対率複勝率
美浦6- 4- 7- 57/748.1%13.5%23.0%
栗東4- 6- 3- 56/696.5%11.3%18.5%

集計期間:2008年~2017年

勝率、連対率、複勝率の全てにおいて東西でほとんど差はないが、関東馬のほうがやや優勢となっている。遠征する分関西馬には多少マイナス材料があるということだろう。ゴーフォザサミットは関東馬であり輸送による心配は無い。更に休み明けを叩いた今回は状態面での不安もないだろう。

信頼② 脚質

中山という舞台設定の影響もあり先行馬が最多勝となっている。脚質別の成績を見ていこう。

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ2- 1- 1- 7/1020.0%30.0%40.0%
先行4- 3- 2- 22/3112.9%22.5%29.0%
差し3- 5- 5- 36/496.1%16.3%26.5%
追込0- 0- 1- 34/350.0%0.0%2.8%

集計期間:2008年~2017年

やはり逃げ先行の成績の良さが目立つ。しかし、それゆえにハイペースになることも少なくなく、それが差しの成績の良さに表れている。それでも追込馬は苦戦しており軽視したほうがいいだろう。前走では追込ポジションであったが、2走前には先行して上がり最速で勝っており心配はいらないだろう。田辺騎手の位置取り次第といったところだ。

信頼③ 前走

トライアルともなるとやはり前走重賞の馬が好成績だ。前走別の成績を見ていこう。

前走着別度数勝率連対率複勝率
重賞5- 5- 6- 52/687.3%14.7%23.5%
OP特別1- 1- 1- 18/214.7%9.5%14.2%
500万下4- 4- 3- 32/439.3%18.6%25.5%
新馬・未勝利0- 0- 0- 11/110.0%0.0%0.0%

集計期間:2008年~2017年

この時期になると新馬・未勝利組は勝負にならない。すでに実績のある馬達の戦いといえるだろう。前走重賞、臨戦過程などを見てもゴーフォザサミットが大崩れする材料はないといえる。

まとめ

いかがだっただろうか? まだ重賞で3着以内の実績はないが実力はすでに証明済みであり、データの後押しもある。更に血統的に距離の不安はないし、おまけにクラシック血統とも言える。臨戦過程も良く、叩いている分他の有力馬よりも実力を発揮できるなど不安材料はない。

父の有馬記念のように、今度はクラシックでハーツクライ産駒がディープインパクト産駒を倒す。そういった場面を再現するためにもここは負けられない戦いになるだろう。

おすすめの記事