(C)MAZIMICKEY

2018年3月18日、中山競馬場でスプリングステークス(GⅡ/芝1800m)が行われる。

主力を形成するうちの1頭であるルーカスは、GIを6勝した名馬モーリスの全弟で、デビュー前から期待を集めている。新馬戦を快勝し、続く東スポ杯2歳Sで2着。前走のホープフルSは中間のアクシデントなどもあって6着に敗れたが、3歳初戦となる皐月賞トライアルで巻き返しを期す。

ただ、そんな血統背景や、鞍上がミルコ・デムーロ騎手ということなどから、人気が先行気味になることは確実。今回も取捨についてはしっかりと吟味したい。


不安① 現時点の完成度

歴史的名馬へと成長した兄モーリスも、本格化したのは古馬になってから。2歳時は、デビュー戦をレコード勝ちするなど、潜在能力の高さを見せていたものの、京王杯2歳Sで1番人気ながら6着に敗れるなど、もろい面もあった。

ルーカスも同じように、肉体的にも精神的にも、まだ完成にはほど遠い印象だ。トモが緩く、馬体には成長の余地が多く残されており、前進気勢に欠けたり、レースに集中しきれていなかったりと、精神的にもまだ幼い。

2番人気に支持された前走のホープフルSは、中団の外からポジションを上げ、4コーナーで先頭集団に加わって見せ場はつくったが、追ってからが案外。勝ったタイムフライヤーから1.0秒離された6着で、内容的には完敗だった。世代のトップクラスと比べると、完成度の面で見劣る。前走からの約3か月でどこまで成長しているか。

不安② 中山コース

2走前の東スポ杯2歳Sは、勝負どころで鞍上に促されてもスムーズに加速せず、エンジンがかかるのに時間がかかった。直線で一旦は最後方までポジションを下げながら、底力で何とか2着を確保したという競馬だった。

前走は、反応やコーナリングは悪くなかったが、直線に入ってからは内にモタれ気味。まだ走りが安定しておらず、器用さにも欠けるだけに、現状では広いコースの方がベターだろう。独特のペースになりやすい中山芝1800mで、うまく立ち回ることができるか。

とはいえ、気性面を考えれば距離短縮はプラスに働きそう。しかも、鞍上のM・デムーロ騎手は、皐月賞を4勝するなど、中山が大得意。名手の手綱さばきに注目だ。

不安③ 年明け初戦

スプリングSの過去10年を見ると、このレースが年明け初戦だった馬は【2・2・5・24】(連対率12.2%)。これだけ見ればそれほど悪い数字ではないが、3着以内に入った馬はすべて前走も3着以内に好走していた。前走が4着以下だった馬に限れば【0・0・0・12】と大不振。ちなみに、その中には兄モーリス(2014年4着)も含まれている。

年明けにレースを消化していた馬と、前走でも好走していた馬が活躍する傾向。不利なデータを覆すことができるか。

まとめ

前走は最終追い切りで放馬するアクシデントもあって、不完全燃焼に終わったルーカス。仕切り直しとなる3歳初戦で結果を出し、偉大な兄が果たせなかったクラシック制覇へ、夢をつなぐことができるか。

おすすめの記事