(C)MAZIMICKEY

2018年9月1日、札幌競馬場で札幌2歳S(GⅢ/芝1800m)が行われる。今年はクラージュゲリエ、ウィクトーリア、ラブミーファイン、クリスタルバローズ、ナイママなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去9年(函館で開催された2013年を除く)、コース・距離別種牡馬成績(2018年デビューの新種牡馬は除く)は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11オルフェーヴルStorm Cat
24Dawn ApproachMarju
37ベーカバドアグネスタキオン
15スクリーンヒーローエイシンサンディ
210ブラックタイドチーフベアハート
37ワークフォースダンスインザダーク
12ハーツクライフレンチデピュティ
21ハービンジャータニノギムレット
38ステイゴールドボストンハーバー
15ネオユニヴァースウォーエンブレム
211バトルプランスペシャルウィーク
37キングカメハメハマーベラスサンデー
13キングカメハメハサンデーサイレンス
21ディープインパクトトニービン
39フレンチデピュティサンデーサイレンス
11アグネスタキオンMarju
22ステイゴールドメジロマックイーン
35ゼンノエルシドメジロライアン
13ネオユニヴァースナリタブライアン
22ジャングルポケットサンデーサイレンス
31キングカメハメハサンデーサイレンス
13マンハッタンカフェRahy
24スペシャルウィークStorm Boot
36タヤスツヨシトウショウボーイ
11ネオユニヴァースCape Cross
25チーフベアハートアスワン
33マジックマイルズエリシオ

解析・分析:注目血統は?

父系は二アークティック系・サンデーサイレンス系が活躍する傾向にある。母系も含めると二アークティック系の中でもDanzig系が活躍しているように見受けられる。

2017年 ダブルシャープ(父ベーカバド)
2016年 ブラックオニキス(母父チーフベアハート)
2015年 プロフェット(父ハービンジャー)
2010年 オールアズワン(母母父アジュディケーティング)
2009年 モズ(母母父Chief's Crown )
2008年 ロジユニヴァース(母父Cape Cross)

今年の出走予定馬ではハービンジャー産駒のニシノデイジー、セントセシリアの2頭が該当する。人気薄の評価を覆す激走となるか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ハーツクライ5-2-3-3610.9%21.7%
ヴィクトワールピサ2-0-1-1015.4%23.1%
クロフネ3-1-0-1813.6%18.2%
キングカメハメハ9-13-9-2813.0%44.9%
ハービンジャー9-5-6-3815.5%34.5%
トーセンホマレボシ0-0-0-00.0%0.0%
ディープブリランテ0-0-0-30.0%0.0%
キングズベスト0-0-0-10.0%0.0%
エイシンフラッシュ1–0-0-516.7%16.7%
ブラックタイド0-7-3-140.0%41.7%
ナカヤマフェスタ0-0-1-30.0%25.0%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

キングカメハメハ・ハービンジャーが共に安定した成績を残しているのがわかる。

おすすめの記事