(C)Arappa

2018年11月11日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GⅠ/芝2200m)が行われる。同レース連覇がかかるモズカッチャン、紫苑Sから直行となる3歳馬ノームコア、悲願のGⅠ制覇を狙うリスグラシュー、スマートレイヤー、クロコスミアなどが出走を予定しており、激戦が予想される。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

<着順/種牡馬/母父馬/母母父馬>

2017年 

1着(ハービンジャー/キングカメハメハ/Storm Boot)
2着(ステイゴールド/ボストンハーバー/Nashwan)
3着(ディープインパクト/Gold Away/Procida)

2016年

1着(マンハッタンカフェ/Anabaa/Bering)
2着(マンハッタンカフェ/シンボリクリスエス/ノーザンテースト)
3着(ディープインパクト/Gold Away/Procida)

2015年

1着(ディープインパクト/エルコンドルパサー/Riverman)
2着(ハーツクライ/スピニングワールド/Chief's Crown)
3着(ディープインパクト/Sadler's Wells/Irish River)

2014年

1着(ディープインパクト/Storm Cat/Fappiano)
2着(ハーツクライ/スピニングワールド/Chief's Crown)
3着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/Potrillazo)

2013年

1着(スズカマンボ/グラスワンダー/ジェイドロバリー)
2着(ディープインパクト/storm Cat/Fappiano)
3着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/ノーザンテースト)

2012年

1着(ブライアンズタイム/ノーザンテースト/Riverman)
2着(ディープインパクト/Machiavellian/Nureyev)
3着(ディープインパクト/Kingmambo/Sadler's Wells)

2011年

1着(Intikhab/Charnwood Forest/Marju)
2着(ジャングルポケット/サンデーサイレンス/El Gran Senor)
3着(キングカメハメハ/Salt Lake/Spectacular Bid)

2010年

1着(Intikhab/Charnwood Forest/Marju)
2着(フレンチデピュティ/Sadler'S Wells/Drone)
3着(キングカメハメハ/Salt Lake/Spectacular Bid)

2009年

1着(ジャングルポケット/ジャングルポケット/ノーザンテースト)
2着(パラダイスクリーク/ステートリードン/Caro)
3着(スペシャルウィーク/Caerleon/Lord Gayle)

2008年

1着(アグネスタキオン/コマンダーインチーフ/ヴァリフォージュ)
2着(キングヘイロー/Seattle Slew/Secretariat)
3着(ナリタトップロード/Baldski/Argument)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクト、マンハッタンカフェを筆頭に2013年まではほぼ父もしくは母父サンデーサイレンス系の馬が上位に来ているのがわかる。これに加えて母系が米国型ニアークティック系の血との相性が良いのが分かる。

2017年 ミッキークイーン (父サンデーサイレンス系×母父ニアークティック系)
2016年 ミッキークイーン
2015年 ヌーヴォレコルト (父サンデーサイレンス系×母父ニアークティック系)
2014年 ラキシス     (父サンデーサイレンス系×母父ニアークティック系)/ ヌーヴォレコルト
2013年 ラキシス
2012年 ヴィルシーナ   (父サンデーサイレンス系×母母父ニアークティック系)

今年はワンブレスアウェイが過去の好走パターンに該当し、母母父サンデー系までを含むとノームコアも該当馬となる。

また、近年ロベルト系の母系との組み合わせも度々好走しており、こちらも注目だ。

2016年 シングウィズジョイ (父サンデーサイレンス系×母父ロベルト系)
2013年 メイショウマンボ  (父サンデーサイレンス系×母父ロベルト系)

今年はミスパンテールが該当する。それ以前もロベルト系は父系としても活躍しており、父ロベルト×母母父サンデー系のレッドジェノヴァも警戒する必要があるだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

<種牡馬/着別度数(1着-2着-3着-着外)/勝率/複勝率>
ステイゴールド    4- 7- 7-45 / 6.3% / 28.6%
エンパイアメーカー  1- 0- 1- 4 / 16.7% / 33.3%
ディープインパクト  16-12-15-68 / 14.4% / 38.7%
メイショウサムソン  1- 0- 0-11 / 8.3% / 8.3%
ハービンジャー    7- 5- 2-36 / 14.0% / 28.0%
ジャングルポケット  5- 2- 2-23 / 15.6% / 28.1%
スペシャルウィーク  0- 1- 0- 9 / 0.0% / 10.0%
ダイワメジャー    3- 0- 0-15 / 16.7% / 16.7%
ハーツクライ     2-12- 3-61 / 2.6% / 21.8%
シンボリクリスエス 1- 2- 2-30 / 2.9% / 14.3%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

勝率・複勝率で安定しているのはディープインパクト、ジャングルポケット、ハービンジャーだ。特に連覇のかかるモズカッチャンと3歳馬ノームコアを筆頭に4頭が出走するハービンジャーには注目したい。

おすすめの記事