(C)MAZIMICKEY

今年の主役へ――。

2018年4月1日、阪神競馬場で大阪杯(GⅠ/芝2000m)が行われる。かねてから春の前哨戦の中でもレベルの高いレースであり、歴代優勝馬の顔ぶれも実に豪華であり、多くが後にその年のGⅠを制している。そんな大阪杯だが昨年ついにGⅠに昇格となり、近年の最強馬とも言えるキタサンブラックがGⅠ昇格後の第1回大阪杯を制したのは記憶に新しいことだと思う。今年の覇者は誰になるのか?注目が集まることだろう。

今回注目するのは前走休み明けの金鯱賞で3着と上々の滑り出しとなったサトノダイヤモンドだ。凱旋門賞大敗の影響も心配されたが超スローペースの中3着まで追い上げるなどその影響は感じさせない。叩いた今回は3勝目のGⅠ制覇が期待される。

果たしてサトノダイヤモンドはここを勝ち完全復活となるのだろうか? 過去のデータからその可能性をみていこう。


データ① 年齢

過去10年のデータを見ると4歳、5歳馬の成績が非常に良い。年齢別の成績を見ていこう。

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳5- 3- 3- 18/2917.2%27.6%37.9%
5歳4- 3- 2- 23/3212.5%21.9%28.1%
6歳1- 3- 5- 25/342.9%11.8%26.5%
7歳以上0- 1- 0- 27/280.0%3.6%3.6%

集計期間:2008年~2017年

高齢でも6歳馬であれば勝ち馬もおり、連対率、複勝率も悪くはなく馬次第では好勝負も可能だと思われる。しかし7歳以上になると1頭が連対したのみとなり、他は3着以内もないように好勝負は絶望的と言える。5歳馬の成績は2番目に良いということもありサトノダイヤモンドの信頼性は高い。

データ② 前走

前走GⅠ組が好成績で次いで重賞組が続く。前走別の成績を見ていこう。

前走着別度数勝率連対率複勝率
GⅠ5- 2- 4- 11/2222.7%31.8%40.9%
重賞4- 6- 4- 48/626.4%16.1%22.5%
OP時別1- 0- 0- 15/166.2%6.2%6.2%
条件戦0- 1- 0- 3/40.0%25.0%25.0%

集計期間:2008年~2017年

さすがに前走GⅠ組が圧倒的。重賞組も好成績をあげているがGⅠ組ほどの信用度はない。もともとGⅡだったこともありOP特別、条件戦の好走暦もあるが、それでもほとんどが結果を残しておらずGⅠに昇格した現在では更に好走は難しいだろう。サトノダイヤモンドは前走GⅠではないため絶対の信頼度はないが信用できないというわけでもなく大崩しないタイプということもあり叩いた上積みも見込めるためあまり心配は要らないだろう。

データ③ 前走着順

以外にも過去10年で前走1着馬の勝利はない。過去10年の前走着順別の成績を見ていこう。

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着0- 2- 4- 11/170.0%11.8%35.3%
2着7- 1- 0- 12/1935.0%40.0%40.0%
3着1- 3- 2- 9/156.7%26.7%40.0%
4~9着2- 4- 4- 33/434.6%13.9%23.2%
10着0- 0- 0- 28/280.0%0.0%0.0%

集計期間:2008年~2017年

複勝率で見れば前走1着馬の成績は悪くない。しかし、過去10年で1勝もあげておらず不振なのはやはり気になる。前走10着以下からの勝ち馬がいないことから大敗からの巻き返しも難しいといえる。狙いは前走2、3着。サトノダイタモンドは前走3着。前残りの中唯一後方から追い込んでのものであり内容も評価できる。

まとめ

いかがだっただろうか? 様々なデータに合致しておりサトノダイヤモンドの信頼性は高いといえる。ローテーションも魅力的であり、長期休養明けの前走を叩いた上積みもあり他の有力馬よりも有利といえるだろう。

昨年のジャパンCを制したシュヴァルグラン、金鯱賞で先着を許したスワーヴリチャードなど相手も手ごわいが、データ、ローテーションなどを考えればサトノダイヤモンドに分がありそうだ。今年の主役になるためにもここは是が非でも結果を残したいところだ。

おすすめの記事