(C)MAZIMICKEY

2018年3月3日、中山競馬場でオーシャンS(GⅢ/芝1200m)が行われる。レーヌミノル、ナックビーナス、ロードクエスト、ネロ、ビップライブリー、リエノテソーロ、スノードラゴンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

ナックビーナス・牝5歳(美浦・杉浦厩舎)

評価A

2月21日1週前追い切り美浦南Wコース(良)

5F69秒8―53秒1―38秒3―12秒4

馬なりでの追い切りでしたが、標準以上の時計はマーク。すでに今年3走目であまり上積みは期待できなさそう。疲れを残さないような調教にも見える。

2月28日最終追い切り美浦南Wコース(良)

5F66秒7―51秒6―37秒7―12秒5

3頭併せで最内を突いて半馬身先着。自分から前を行く僚馬を追い掛けて追い付くと気合いが入ってよく伸びていた。全体的には少し掛かり気味だったが、これはレースでもよく見せる事なので心配はない。順調に使われているためここがほぼ100%の出来と見た方がよい。次走よりもここを狙っている仕上げ。

ネロ・牡7歳(栗東・森厩舎)

評価A

2月21日1週前追い切り栗東坂路(良)

4F48秒6―36秒4―24秒7―12秒8

坂路では桁違いのタイムを出す事で有名なネロだが、1週前追い切りでも一杯に追われて好時計をマーク。3ヶ月振りとは思えないほどの動きを見せている。

2月28日最終追い切り栗東坂路(良)

4F49秒2―37秒1―25秒4―13秒4

1週前追い切りで48秒台の時計をマークしてほぼ仕上がった状態での最終追い切りも見事な時計をマーク。併せ馬で強めに追われての時計だかとにかく体調が良いのは間違いない。スピードに乗った動きで完全に仕上がった。

ビップライブリー牡5歳(栗東・清水厩舎)

評価B+

2月21日1週前追い切り栗東CWコース(良)

6F78秒1―64秒1―50秒2―37秒1―12秒3

昨年暮れのレース以来2ヶ月半振りのレースだが、しっかりと乗り込まれて調子は上がっている。ラスト1Fは強めに追われての好時計は前走並みの状態には来ている。

2月28日最終追い切り栗東坂路(良)

4F56秒3―40秒9―26秒8―13秒0

1週前では長めのコース追いを消化しているため、最終追い切りは単走軽めになった。素軽く動けていて、脚捌きもよく初戦から力は出せそうだが、ガス抜きが出来ていないとテンションが上がるタイプなので当日の落ち着き具合に注意が必要。

ラインスピリット・牡7歳(栗東・松永厩舎)

評価B-

2月21日1週前追い切り栗東坂路(良)

4F52秒6―38秒6―25秒2―12秒8

一杯に追われてなかなかの好時計をマーク。月1走ペースを守って出走しているため上積みはほとんどなさそうだが、出来はキープされている。

2月28日最終追い切り栗東坂路(良)

4F53秒1―39秒0―25秒6―13秒0

森一馬騎手騎乗で単走強めの追い切り。追うと馬体が左に向かい、鞍上が右に引っ張りながらの追い切りになったため強めと言ってもまともには追えていない。前走が良かっただけに出来落ちの可能性も高い。

レーヌミノル・牝4歳(栗東・本田厩舎)

評価B+

2月21日1週前追い切り栗東CWコース(良)

6F80秒9―64秒8―50秒3―37秒1― 12秒0

コース追いとしては相当なタイムをマーク。阪神カップ以来のため、多少重そうな感じにも見えたが動きはよく、一杯追いでスピード感あふれる走りを見せている。

2月28日最終追い切り栗東CWコース (良)

6F80秒5―65秒9―51秒8―38秒1―12秒3

2週続けて和田騎手が騎乗しての追い切り。馬なりでエテルナミノル(4歳上オープン)を2馬身追走、楽な手応えで追いつくと簡単に抜き去って1馬身の先着、最後まで脚色が衰えることなく走れていた。最後まで余裕ある走りだがここが本番ではないため完全には仕上げていない。

おすすめの記事