(C)MAZIMICKEY

2018年5月20日、東京競馬場でオークス(GⅠ/芝2400m)が行われる。マウレアは重賞未勝利ながら、阪神ジュベナイルフィリーズで3着に好走し、桜花賞でも5着と健闘。世代でトップクラスの能力を示している。重賞4戦を含め6戦して掲示板を外していない安定感も魅力だ。

桜花賞を制した全姉アユサンはオークスで4着。今回は姉の雪辱もかかる。桜花賞5着から、逆転での戴冠はあるのか。その可能性を探っていく。


ポイント① 中間の調整過程

チューリップ賞2着後、栗東に滞在し、桜花賞に出走。レース後も2週間、そのまま栗東に滞在した。それから美浦に戻って、オークスに向けた本格的な調整を始めた。特に繊細な気性の持ち主だけに、この中間の環境の変化がどう影響するか。

さらに、この中間に歯替わりがあったとのことで、カイ食いの面でも不安が残る。440kg台と小柄な馬だけに、当日に馬体重が大きく減っているようなら、評価を下げた方がいいかも知れない。

また、全姉アユサンはオークス当日に激しくイレ込んで、本来のパフォーマンスを発揮できず4着に敗れた。マウレアも1番人気に支持されたクイーンCで5着に敗れるなど、脆い面があり、やはり当日のテンションがカギになりそう。馬体重だけでなく、パドックや返し馬でイレ込んだりチャカついたりしていないかなど、しっかりとチェックしておいた方が良さそうだ。

ポイント② 距離延長

前述の通り、全姉アユサンは桜花賞を制した後、オークスは4着に敗退。当日にイレ込んでしまったこともあったが、陣営は敗因の一つとして距離についても挙げていた。

マウレアは、アユサンの同時期と比べて馬体重が50kgくらい軽いが、体形はそっくり。姉と同様、マイル~中距離に向きそうな体付きをしている。折り合いには難がないタイプだが、本質的な2400mの距離適性には疑問符が付く。

ポイント③ 週末の雨予報

週中の天気予報によると、今週末は土曜午後に雨の予報が出ている。日曜は晴れる見込みで、東京競馬場の水はけの良さを考えれば、土曜に雨が降ってもレース当日には良馬場まで回復しそうだが、ある程度、水分を含んだ馬場状態になる可能性もある。

マウレアは稍重だったデビュー戦を勝利で飾っているが、小柄で素軽い走りをするタイプだけに、あまり力の要る馬場になるのは好ましくないだろう。馬場状態も、大きなポイントになりそうだ。

まとめ

姉妹でのクラシック制覇の偉業がかかるマウレア。重賞未勝利の身で7番人気の伏兵ながら桜花賞を制した全姉アユサンのように、周囲をあっと言わせるような激走を見せることができるのか。

おすすめの記事