(C)はねひろ

2018年3月24日、中山競馬場で日経賞(GⅡ/芝2500m)が行われる。キセキ、トーセンバジル、ゼーヴィント、ロードヴァンドール、ガンコらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 3月24日(土) 3回中山1日目 15頭 [仮想出馬表] 【11R】  第66回日経賞
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2500m (A)

出走予定馬・登録馬

メンバー唯一のG1馬キセキが今シーズンはここからの始動。前走香港ヴァーズの大敗から巻き返しを狙っている。

菊花賞では不良馬場を物ともしないスケールの大きいレースでクリンチャー以下を完封した同馬。当時は手薄なメンバーと言われていたが、このレースで任したクリンチャー、ダンビュライト、ミッキースワロー、アルアイン、サトノクロニクルあたりは明け4歳になってから古馬王道戦線の重賞で好走しており、メンバー的には十分なものがあった。

香港ヴァーズでも期待されたものの、香港の長く速いラップが要求されるレース展開と、外枠で前にカベを作れず脚が溜まらなかったのが敗因。負け過ぎな印象もあるが、血統的にはむしろ古馬になってからという血統。ここは順当なら勝負になるはずだ。若干器用さに欠ける面があり中山コースだけが課題だろう。

その香港ヴァーズでキセキに先着し3着と好走してレベルの高さを示したトーセンバジルが2番手か。

3歳時より期待された同馬であるが未だに重賞制覇がないのは不思議なところ。ただ前走も含め戦ってきた相手から鑑みるに、チャンピオンディスタンス(2400m)ではGⅠクラスの能力があるのは間違いないだろう。

長くいい脚を使えるタイプであるが、加齢とともに自在性が出てきてどんなレース展開にも対応できるようになってきたのは好印象で、トリッキーな中山コースにもまったく不安はない。キセキがもたつくようならこの馬にもチャンスは十分だ。

昨夏の七夕賞を勝ってから長期休養明けになるゼーヴィントもスケール感では劣らない1頭。

未勝利戦を制してから1回も馬券圏内を外していないように、どんな条件でも最後に堅実な末脚を使う同馬。仕上がりがカギとはなるが乗り込みは十分。中山コースはセントライト記念で皐月賞馬ディーマジェスティに肉薄した実績もあり、休み明けで人気が落ちるようなら妙味がある1頭。

ペースのカギを握りそうなロードヴァンドールも単騎逃げならその粘り腰が見込める存在だ。GⅠでは若干荷が重いが、とにかく単騎で逃げられさえすればかなりの粘り腰を発揮する同馬。関東圏のレースで結果が出ていないのは気になるが、先行馬の兼ね合いさえクリアすれば粘り込みも。

芝に再度転向してからグングン走りっぷりが良くなってきているガンコも展開一つで一発があっていい。早い上がりが使えないタイプでダート戦を使われていたが、芝の長距離で強気の競馬、後続に上がりをつかわせる形で結果を出してきた。ナカヤマフェスタ産駒らしく晩成の気もあり、相手強化は厳しいがここも自分の形で走れれば怖い1頭だ。

他にも実績馬サクラアンプルール、軌道に乗ってきたチェスナットコート、相手なりに走るソールインパクト、前走強い内容だったノーブルマーズなどが虎視眈々と一発を狙っている。

登録馬は以下の通りだ。

馬名S性齢斤量
アクションスター牡856
アルターセ656
ガンコ牡556
キセキ牡457
サイモントルナーレ牡1256
サクラアンプルール牡757
ショウナンバッハ牡756
ゼーヴィント牡556
ソールインパクト牡656
チェスナットコート牡455
トーセンバジル牡656
ナスノセイカン牡656
ノーブルマーズ牡556
ピンポン牡856
ロードヴァンドール牡556

想定・予想オッズ

13番人気アクションスター445.9倍
12番人気アルター243.1倍
5番人気ガンコ7.4倍
1番人気キセキ2.2倍
15番人気サイモントルナーレ2676.5倍
6番人気サクラアンプルール11.8倍
10番人気ショウナンバッハ140.7倍
2番人気ゼーヴィント4倍
7番人気ソールインパクト18.5倍
9番人気チェスナットコート51.3倍
3番人気トーセンバジル4.4倍
11番人気ナスノセイカン178.2倍
8番人気ノーブルマーズ34.6倍
14番人気ピンポン669倍
4番人気ロードヴァンドール6.8倍
おすすめの記事