(C)MAZIMICKEY

2019年9月1日、新潟競馬場で新潟記念(GⅢ/芝2000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるレイエンダ、ユーキャンスマイル、カデナ、サトノキングダム、フランツ、ジナンボーらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年間のデータを参考に予想を進めていく。


新潟記念の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気が勝ったのは2回、2着も2回、3着はなし。信頼度はさほど高くなく、明暗がはっきり分かれそうだ。

2番人気は1勝のみであとは着外、3番人気4番人気は連対がないなど上位人気は散々。どの馬にもチャンスがある、そんな印象だ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 基本は前目だが、逃げ馬次第

脚質・先行(4- 4- 3-23)
勝率 11.8% │ 複勝率 32.4%

直線が長い新潟だが、追い出されるのは内回りとの合流地点のだいたい残り400メートルぐらいから。そこまでは追い出しを我慢する馬が多いので、意外と前が残りやすい。

ところが、展開次第では後ろの馬の末脚一発で決まることもあり、去年がまさにそんなレース。ブラストワンピースがさすがの存在感を見せた。

何が何でも逃げたい馬がおらず、ペースは落ち着く可能性がある。そうなると前目でレースをする馬にはチャンスかもしれないが、末脚一発で勝てる馬にも警戒だ。

予想参考データ② サマー2000組の取捨選択

今年は該当馬なし濃厚なサマー2000シリーズの優勝争い。前走サマー2000シリーズだった組で信用できるのは小倉記念組。馬券圏内か人気で大敗した馬の巻き返しのいずれかだ。

函館記念組と七夕賞組はパッとしない。ただ、傾向としてはこちらも同じ。馬券圏内か人気で大敗した馬の巻き返し。小回りや洋芝でダメだった組の巻き返しということか。

いわゆる3勝クラス、オープン特別組もそこまで強調はしにくいので、サマー2000シリーズで小回りを使ってダメだった組を狙うのがいいか。

予想参考データ③ 斤量は減っても2キロ以上に

ハンデ戦の新潟記念、斤量が減った方が当然チャンスだが、2キロ以上だとそれなりの結果。しかし、1キロ台の斤量減は過去10年で26頭いながら1頭も馬券に絡んでいない。

斤量では53キロや54キロがそれほど結果を出しておらず、54から53、55から54というような斤量の減り方をする馬は注意した方がいい。

狙うなら55キロか56キロ。57.5キロがトップハンデだが、芳しい結果は残されておらず、苦戦が予想される。

2019年の危険な人気馬は?

ユーキャンスマイルは人気になる見込みだが、斤量1キロ減や久しぶりの2000メートルでリズムがとれるのか、不安が残る。新潟記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ジナンボーは2つ目の消しデータに合致している。オジュウチョウサンにそれなりの差で負けた。オジュウチョウサンが強かったのかどうか、ジナンボーで判断するのがいい。パフォーマンスの安定感にも乏しいか。

反対にレイエンダは危険なデータに一つも当てはまらない。悲願の初重賞制覇となったが、兄の影響で常に人気過剰。そこにようやく実力が追い付いてきた印象だ。57キロは不安だが、2000メートル実績はあり、引き続きルメール騎手が乗る。他がさほど実績がなく、レイエンダ的にはここはあっさり勝ちたいだろう。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、レイエンダと言えそうだ。

おすすめの記事