(C)MAZIMICKEY

2018年8月26日、新潟競馬場で新潟2歳ステークス(GⅢ/芝1600m)が行われる。アンブロークン、エイシンゾーン、ケイデンスコール、エルモンストロ、エイカイキャロルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 8月26日(日) 2回新潟10日目 12頭 [仮想出馬表] 【11R】  第38回新潟2歳S (単勝5%UP/予定)
2歳・オープン・G3(馬齢)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A)

出走予定馬・登録馬

近年の好走馬ではハープスターやイスラボニータが後々大レースでも活躍しているように出世レースとなりつつあるこのレース。今年は頭数含め小粒な印象があるものの、レースセンスを含めアンブロークンに将来性を感じる。

今回のメンバーでは唯一1800mからの転戦となるアンブロークン。その前走のメイクデビューは東京芝1800m、番手からソツなく抜け出す好センスを見せた。500キロ台の大型馬ながら軽快な走りを見せており、レースセンスの良さを含めて父のヴィクトワールピサに似ている印象がある。平均スピード勝負に強そうな血統背景もあり、新潟マイルへの距離短縮と平坦の長い直線に変わる部分は全く問題ないだろう。

前走の中京2歳Sではアドマイヤマーズに歯が立たなかったものの、初戦の内容をフロックでないことを示す2着だったエイシンゾーンもこのメンバーなら上位だ。

デビュー戦は中京の芝1600m。調教の動きは今ひとつだったものの、実戦にいって一変を見せた。後方からメンバー唯一の33秒台の末脚を披露して完勝。続く中京2歳Sでは若干折り合いを欠くような面こそあったものの、最後までバテることなく走っていた。勝ったアドマイヤマーズには3馬身離されたものの、この馬は現時点の2歳馬でもトップクラスの評価がある。そう悲観する必要はないだろう。

前走、今回のレースと同じ新潟マイルの未勝利戦を勝ち上がったケイデンスコールも面白い1頭。

初戦こそ取りこぼしたものの、相手は上にも出てきたアドマイヤマーズ。ハナ差なら十分に評価ができる。続く前走の未勝利戦は、中団後ろからメンバー最速の末脚で一気の差し切り。地力を考えれば当然の結果で、ここも自分の競馬ができれば上位の1頭だ。

他にはマイルの新馬戦を勝ち上がってきた馬が人気を集めそうだ。

エルモンストロは調教の動き通りテンから行きっぷりがよく、直線もしぶとく粘りを見せて逃げ切った。アグネスタキオンの肌にルーラーシップの配合で、若干キレに欠けるような印象もあるが前目につけられればチャンスがある。

タイムこそ遅かったものの新潟マイルを勝ち上がったエイカイキャロルも奥はありそう。前走はドのつくスローペースを番手で折り合い直線は33秒台の末脚を披露しての勝利。時計短縮が鍵になるが、牝馬ながらパワフルな後肢をしておりキレ勝負でも対応はできそうだ。

ジョディーは東京のマイル戦を逃げて突き放す強い内容。2馬身差の2着に下したウインゼノビアが、そこから連勝で先週のクローバー賞を制したように、メンバーに恵まれた訳ではなさそう。揉まれた時にどのような走りができるかがカギだ。

他にも前走好タイムのオーパキャマラード、荒っぽい競馬でも勝ちきったスティルネス、前走上がり最速でセンスみせたロードアクアなどが、距離延長となるこのレースで通用するかどうかといったところだ。

登録馬は以下の通り。

馬名S性齢斤量
アンブロークン牡254
エイカイキャロル牝2 54
エイシンゾーン牝2 54
エルモンストロ牡254
エンパイアシュアー牡254
オーパキャマラード牝2 54
ケイデンスコール牡254
ジョディー牝2 54
スティルネス牝2 54
ピュアヒカリ牡254
ヤサカリベルテ牡254
ロードアクア牡254

想定・予想オッズ

2番人気アンブロークン3.7倍
7番人気エイカイキャロル24.1倍
4番人気エイシンゾーン4.3倍
5番人気エルモンストロ8.7倍
11番人気エンパイアシュアー321.7倍
9番人気オーパキャマラード39.4倍
1番人気ケイデンスコール2.4倍
6番人気ジョディー19倍
8番人気スティルネス25.8倍
10番人気ピュアヒカリ197.9倍
12番人気ヤサカリベルテ428.9倍
3番人気ロードアクア4.3倍
おすすめの記事