NHKマイルカップ2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬の共通点は?


(C)Ko-Mei

2018年5月6日、東京競馬場でNHKマイルC(GⅠ/芝1600m)が行われる。ニュージーランドTとファルコンSの上位組に加えて、今年からトライアルレースとして日程が変更となったアーリントンCからの直行組も多く参戦しており、例年以上の混戦ムードとなっている。トライアル組かそれとも今年もクラシック組が制するのか注目の一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12クロフネネオユニヴァース
213SpeightstownLangfuhr
36ダイワメジャーサクラローレル
11ダイワメジャーオペラハウス
22マツリダゴッホチーフベアハート
312ステイゴールドフレンチデピュティ
13クロフネスペシャルウィーク
24Harlan’s HolidayUnbridled
32キングカメハメハフレンチデピュティ
11ディープインパクトロックオブジブラルタル
217ヨハネスブルグスペシャルウィーク
312チチカステナンゴサンデーサイレンス
110スズカフェニックスフレンチデピュティ
26クロフネサンデーサイレンス
38ダイワメジャーブライアンズタイム
11ダイワメジャーGrindstone
23シンボリクリスエスサンデーサイレンス
315ダンスインザダークダンシングブレーヴ
11サクラバクシンオーサンデーサイレンス
22ディープインパクトトニービン
34ディープインパクトMeadowlake
11フジキセキMark of Esteem
25マンハッタンカフェKingmambo
33アグネスタキオンサンダーガルチ
110マンハッタンカフェフサイチコンコルド
25タイキシャトルStorm Cat
313アグネスデジタルサンデーサイレンス
11アグネスタキオンChief’s Crown
23クロフネウイニングチケット
34アルデバランIIPotrillazo

解析・分析:注目血統は?

近年はニアークティック系あるいはサンデーサイレンス系が主に活躍しているのがわかる。一方でミスタープロスペクター系やロベルト系も上位に絡む年があるものの劣勢であり、割り引く必要があるだろう。

サンデー系はダイワメジャーの活躍が非常に目立ち、その他では2014年にミッキーアイルが優勝しているディープインパクト産駒も多数出走予定であり見逃せないだろう。

ダイワメジャー産駒は
2017年 ボンセルヴィーソ(母父サクラローレル、母母父トニービン)
2016年 メジャーエンブレム(母母父Rainbow Quest)
といったナスルーラ系との相性が良く、今年出走予定のフロンティアも母父トニービンを持ち好走が期待できるだろう。

ディープ産駒に関しては
2014年 ミッキーアイル(母父ロックオブジブラルタル、母母父Nureyev)
2011年 コティリオン(母母父ノーザンテースト)

などニアークティック系との相性が良い。特に今年出走するカツジは母父ダンシングブレーヴに加えて、母母父にトニービンの血を持ちコティリオン(母父トニービン)同じパターンとなる。こちらも注目だ。

ニアークティック系で活躍が目立つクロフネ産駒からはパクスアメリカーナが出走を予定している。ニアークティック系種牡馬産駒は

2017年 アエロリット(母父ネオユニヴァース)
2015年 クラリティスカイ(母父スペシャルウィーク)
2014年 タガノブルグ(母父スペシャルウィーク)
2013年 インパルスヒーロー(母父サンデーサイレンス)

など母父サンデー系との相性が良く、パクスアメリカーナの姉ホエールキャプチャも同条件のヴィクトリアマイルを制している。全妹の同馬にもGⅠ制覇への期待がかかる。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
クリストワイニング0-0-0-10.0%0.0%
スクリーンヒーロー1-2-3-412.1%12.8%
ディープインパクト68-53-40-28915.1%35.8%
キンシャサノキセキ3-5-7-445.1%25.4%
Raven’s Pass0-0-0-10.0%0.0%
ロードカナロア6-1-2-160.0%90.0%
ルーラーシップ9-15-11-678.8%34.3%
Into Mischief1-0-0-0100.0%100.0%
クロフネ12-8-4-6513.5%27.0%
Dawn Approach0-0-0-00.0%0.0%
ダイワメジャー29-21-25-19010.9%28.3%
Scat Daddy0-0-0-10.0%0.0%
ハーツクライ23-14-8-16211.1%21.7%
Justin Phillip0-0-0-00.0%0.0%
キングカメハメハ17-20-12-1777.5%21.7%
オルフェーヴル2-1-1-915.4%30.8%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

総合的な成績ではダイワメジャーよりもディープインパクトが上回っているが、いずれも他種牡馬と比較して優秀な成績を残しているのがわかる。これについでクロフネ産駒が好成績を示しており、今年も注意が必要だろう。

近年デビューした種牡馬の中ではロードカナロア・ルーラーシップと活躍が目立つ。ミスタープロスペクター系の劣勢が続く中で巻き返しとなるか注目したい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る