(C) Allen Choi

2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GII/芝1800m)が行われる。ペルシアンナイト、ウインブライト、アエロリット、ヴィブロス、サクラアンプルールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13ネオユニヴァースMeadowlake
28キングカメハメハサンデーサイレンス
37ローエングリンサンデーサイレンス
11キングカメハメハサンデーサイレンス
24ディープインパクトエルコンドルパサー
32ディープインパクトStorm Cat
13ハーツクライスピニングワールド
22ローエングリンサンデーサイレンス
34ディープインパクトクロフネ
12ハーツクライWild Again
24アドマイヤムーンSeeking the Gold
33ローエングリンサンデーサイレンス
12ステイゴールドカコイシーズ
23ジャングルポケットサンデーサイレンス
31ホワイトマズルサンデーサイレンス
13エンパイアメーカーサンデーサイレンス
27ホワイトマズルサンデーサイレンス
34ディープインパクトMeadowlake
11ネオユニヴァースMachiavellian
24アグネスタキオントニービン
31スペシャルウィークSeattle Slew
113オペラハウスダンシングブレーヴ
212オペラハウスブライアンズタイム
35エアジハードトニービン
11ミラクルアドマイヤノーザンテースト
24ステイゴールドメジロマックイーン
32アドマイヤベガBe My Guest
12ミラクルアドマイヤノーザンテースト
27Victory GallopKris S.
31サンデーサイレンスノーザンテースト

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクトをはじめとしたサンデーサイレンス系の活躍が目立つ。しかし、それ以上に

サクラアンプルール (母父サンデーサイレンス)
ロゴタイプ   (母父サンデーサイレンス)
ドゥラメンテ (母父サンデーサイレンス)
ダイワファルコン (母父サンデーサイレンス)
シルポート (母父サンデーサイレンス)
フェデラリスト (母父サンデーサイレンス)

といった母父サンデーサイレンスの馬の活躍が目立つのも一つのポイントだろう。今年は昨年2着馬のサクラアンプルールと人気を集めるであろうペルシアンナイト、マイネルサージュが該当する。いずれも父キングカメハメハとハービンジャー(ニアークティック系)との組み合わせは好走馬との傾向にも合致しており、好走が期待される。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
クロフネ24-19-24-2009.0%25.1%
ステイゴールド12-20-10-1436.5%22.7%
キングカメハメハ42-29-27-22612.9%30.2%
ディープインパクト30-32-28-16711.7%35.0%
ハービンジャー10-2-9-1038.1%16.9%
マツリダゴッホ5-2-4-587.2%15.9%
ゴスホークケン0-0-1-00.0%100.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト・キングカメハメハの成績が目立つ。それ以外では本レースでの成績は目立たないものの同条件ではクロフネ産駒も相性が良いのがわかる。アエロリットが相性の良さを活かして当レースでも上位争いできるか注目だ。

おすすめの記事