(C)MAZIMICKEY

2018年1月6日、中山競馬場で中山金杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。セダブリランテス、ウインブライト、ダイワキャグニー、カデナ、ブラックバゴ、デニムアンドルビーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 斤量53キロ以下は消し!
ポイント3 キャリア31戦以上は消し!
ポイント4 7番より外は消し!
ポイント5 前走重賞以外は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

中山金杯は「波乱」のイメージがあるし、実際に固く収まることは少ない。

ただし、超大波乱が起こるかというと、そういう年は少ない。実際、過去10年で勝ち馬はすべて5番人気以内から出ている。二桁人気で好走したのも3頭のみ。原則として、10番人気以内の馬から選んでいくのがベターだろう。

人気馬名予想オッズ
1セダブリランテス2.4
2ウインブライト3.2
3ダイワキャグニー4
4カデナ7.4
5ブラックバゴ9.9
6デニムアンドルビー16.3
7アウトライアーズ21.3
8レアリスタ32.7
9マイネルミラノ34.3
10ストレンジクォーク49.6
11トーセンマタコイヤ56.5
12フェルメッツァ73.1
13タイセイサミット85.9
14ショウナンマルシェ143
15ジョルジュサンク146.1
16ケントオー264.9
17パリカラノテガミ431.8

11番人気以下が予想されるのは……

トーセンマタコイヤ
フェルメッツァ
タイセイサミット
ショウナンマルシェ
ジョルジュサンク
ケントオー
パリカラノテガミ

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 斤量53キロ以下は消し!

中山金杯はハンデ戦であるものの、低斤量馬が穴を開けることは少ない。53キロ以下の馬が好走したケースはなく、57.5キロ以上の馬の好走率が極めて高い。斤量の重い馬、実績馬のほうがいい成績を残していると言うことができるだろう。

53キロ以下の馬は消していくことにする。

馬名斤量
アウトライアーズ54
ウインブライト56
カデナ56
ケントオー56
ショウナンマルシェ53
ジョルジュサンク54
ストレンジクォーク54
セダブリランテス55
タイセイサミット56
ダイワキャグニー56
デニムアンドルビー54
トーセンマタコイヤ54
パリカラノテガミ52
フェルメッツァ55
ブラックバゴ56
マイネルミラノ57
レアリスタ55

斤量53キロ以下なのは……

ショウナンマルシェ
パリカラノテガミ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 キャリア31戦以上は消し!

キャリアを重ねすぎた馬にとって、中山金杯は厳しいレースだ。過去10年で一度も買った馬は出ていないし、好走率も低い。30戦をボーダーラインと考え、31戦以上、キャリアのある馬は消していく。

馬名キャリア数
アウトライアーズ8
ウインブライト10
カデナ9
ケントオー30
ショウナンマルシェ33
ジョルジュサンク21
ストレンジクォーク20
セダブリランテス4
タイセイサミット16
ダイワキャグニー7
デニムアンドルビー27
トーセンマタコイヤ15
パリカラノテガミ28
フェルメッツァ34
ブラックバゴ18
マイネルミラノ44
レアリスタ10

キャリア31戦以上なのは……

ショウナンマルシェ
フェルメッツァ
マイネルミラノ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 7番より外は消し!

全体的な枠順傾向を見ていくと、極端な外枠以外は好走率に差がないように見える。もっとも、こと「勝ち馬」に絞って考えると、明確な傾向が出ている。

勝ち馬は内の6番以内に固まっている。7番より外も全くダメなわけではないが、これだけ内枠に集まっていると、重視せざるを得ない。軸馬を選ぶという意味でも、6番以内の馬をチョイスしていくのがベターだ。

馬番馬名
11ウインブライト
12レアリスタ
23
トーセンマタコイヤ
24
アウトライアーズ
35
デニムアンドルビー
36
セダブリランテス
47ブラックバゴ
48
パリカラノテガミ
59
ダイワキャグニー
510
タイセイサミット
611
ストレンジクォーク
612フェルメッツァ
713
ジョルジュサンク
714マイネルミラノ
815
ショウナンマルシェ
816ケントオー
817カデナ

7番枠より外なのは……

ブラックバゴ
パリカラノテガミ
ダイワキャグニー
タイセイサミット
ストレンジクォーク
フェルメッツァ
ジョルジュサンク
マイネルミラノ
ショウナンマルシェ
ケントオー
カデナ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走重賞以外は消し!

前走のクラス別の成績を見ていくと、明確な傾向が出ていることが分かる。OP以下と、重賞とでは、大きな差があるのだ。

前走から重賞戦線で戦っている馬は、しっかりとした成績を残している。一方、OP以下は低調となっている。重賞を戦ってきた馬たちを重視していくべきだろう。

馬名前走
アウトライアーズキャピタ
ウインブライト福島記念HG3
カデナ天皇賞秋G1
ケントオー中日新聞HG3
ショウナンマルシェウェルカ1600
ジョルジュサンクチャレンG3
ストレンジクォーク修学院H1600
セダブリランテスアルゼンHG2
タイセイサミット中日新聞HG3
ダイワキャグニーキャピタ
デニムアンドルビーチャレンG3
トーセンマタコイヤウェルカ1600
パリカラノテガミブラジルH
フェルメッツァ中日新聞HG3
ブラックバゴアンドロH
マイネルミラノチャレンG3
レアリスタキャピタ

前走OP以下だったのは……

アウトライアーズ
ショウナンマルシェ
ストレンジクォーク
ダイワキャグニー
パリカラノテガミ
ブラックバゴ
レアリスタ

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ウインブライト
セダブリランテス
デニムアンドルビー

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。

おすすめの記事