(C)Yushi Machida

2018年4月11日、船橋競馬場でマリーンカップ(交流JpnⅢ/ダ1600m)が行われる。クイーンマンボ、アンジュデジール、ミッシングリンク、ヤマニンアンプリメ、ニシノラピートらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

1回船橋3日目 3歳上   12頭 ダ1600m / 天気: / 馬場: / 発走:20:10

出走予定馬・登録馬

昨年の古馬牝馬交流ダート戦線はララベルが地方の意地を見せJBCレディスクラシックを制す活躍を見せたものの、このレースに登録しているメンバーでは流石に中央馬に分がある印象。

人気はアンジュデジールとクイーンマンボの2強に分かれそうだが、マイルという点でアンジュデジールを上に見たい。

アンジュデジールは昨年のスパーキングレディーカップ(交流GⅢ・川崎D1600m)と今年のエンプレス杯(交流GⅡ・川崎D2100m)で重賞勝鞍があり、既に南関東での実績がある。勝ち上がりが芝の1200mであるように、ある程度スピードの裏付けがあるというのもクイーンマンボとの比較では上に立つ要素になるだろう。

あとはやはり左回りが合っている印象。昨秋のレディスプレリュードとJBCレディスクラシックは道中の手応えほど直線で弾けなかった印象で、左回りのほうが追ってからの反応が良い。メンバー的に大敗は考えずづらく、手の内に入れている横山典弘騎手との手綱で重賞タイトルを重ねそうだ。

同じく4歳牝馬のクイーンマンボが2番手。こちらも昨年の関東オークス、レディスプレリュードで勝鞍があり、南関東の交流重賞での実績も申し分ない1頭だ。特に前走レディスプレリュードは後続を1秒以上ちぎり捨てる圧勝であり、4着だったアンジュデジールにも1.6秒もの差をつけている。

まともならこちらを上に取る手だろうが、引っかかるのはマイルという距離だ。デビューして一貫して1800m以上の距離を使ってきており、芝には対応できないという部分でも若干スタミナと地力に寄っているタイプ。アンジュデジールにスピードレースに持ち込まれるようなら取りこぼすシーンもありそう。前走のレディスプレリュードから半年以上の休み明けという点も若干気になるので、今回は2番手の評価だ。

今年のTCK女王盃で交流重賞のタイトルを手にしたミッシングリンクが続くが、上記の2頭に迫るまではどうだろうか。純然たるダート馬という感じはなく、芝でもある程度走れるタイプ。TCK女王盃は不良馬場も味方した印象がある。距離的にもマイルでは若干忙しい印象で、ここでは3着争いまでか。

もう1頭の中央馬はヤマニンアンプリメ。こちらは上記3頭とは異なり、スプリンター色の強いタイプ。単純なスピードならこのメンバーでもトップだろう。前走のコーラルS(OP)でも差のない競馬で4着としており、スピードを活かせるようなレース展開になれば一発まで。

地方馬はちょっと中央馬に割り込むまでは厳しい印象だが、チャンスがあるならハナを切れた時のニシノラピートか。しらさぎ賞、東京シンデレラマイルと南関古馬牝馬重賞では勝鞍がある同馬。とにかくハナが切れて気分良く逃げられればという条件こそつくが、時計的には全く足りないという訳ではない。

他には末脚確実なティルヴィング、笠松から意欲の挑戦アペリラルビー、まだ底は見せていないオルキスリアンなどがJRA勢にどこまで迫れるかといったところだろう。

想定・予想オッズ

※追記予定

おすすめの記事