(C)tr_qasysh15

2019年3月23日、阪神競馬場で毎日杯(GⅢ/芝1800m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるウーリリ、ケイデンスコール、マイネルフラップ、ランスオブプラーナ、ヴァンドギャルドなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


毎日杯の勝ち馬傾向

過去10年のデータを見ると、勝ち馬10頭中8頭が3番人気以内で、1番人気が5勝、2番人気が2勝と、上位人気が強い。残る2頭はともに関東馬で、重賞で好走実績がありながら人気の盲点となっている関東馬は狙える。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 重賞で5着以内の好走歴が必要

重賞実績に目を向けると、勝ち馬10頭中8頭に芝重賞で5着以内の好走歴があった。残る2頭はともに新馬→500万下と連勝していた。

予想参考データ② キャリア2~5戦の馬が中心

キャリアは以下の通り。

キャリア1戦(0-0-0-7)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

キャリア2戦(2-3-3-5)
勝率 15.4% │ 連対率38.5% │ 複勝率61.5%

キャリア3戦(2-1-3-16)
勝率 9.1% │ 連対率13.6% │ 複勝率27.3%

キャリア4戦(3-3-1-19)
勝率 11.5% │ 連対率23.1% │ 複勝率26.9%

キャリア5戦(2-3-1-15)
勝率 9.5% │ 連対率23.8% │ 複勝率28.6%

キャリア6戦(1-0-0-12)
勝率 7.7% │ 連対率7.7% │ 複勝率7.7%

キャリア7戦(0-0-1-9)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率10.0%

キャリア8戦以上(0-0-1-10)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率9.1%

予想参考データ③ 芝1800mの重賞から参戦する馬が中心

前走のクラス別成績は以下の通り。

新馬・未勝利(0-0-0-19)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

500万下(1-5-5-42)
勝率 1.9% │ 連対率11.3% │ 複勝率20.8%

オープン特別(0-0-2-9)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率18.2%

GⅢ(8-4-1-20)
勝率 24.2% │ 連対率36.4% │ 複勝率39.4%

GⅡ(1-0-2-4)
勝率 14.3% │ 連対率14.3% │ 複勝率42.9%

GⅠ(0-0-0-1)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

GⅢ組が中心となり、中でも前走が芝1800mの重賞だった馬は【5・2・1・6】(勝率35.7%、連対率50.0%)と好成績。

また、前走着順は以下の通り。

前走1着(2-4-5-42)
勝率 3.8% │ 連対率11.3% │ 複勝率20.8%

前走2着(2-3-0-10)
勝率 13.3% │ 連対率33.3% │ 複勝率33.3%

前走3着(0-0-2-8)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率20.0%

前走4着(3-0-2-11)
勝率 18.8% │ 連対率18.8% │ 複勝率31.3%

前走5着(1-1-0-7)
勝率 11.1% │ 連対率22.2% │ 複勝率22.2%

前走6~9着(2-2-0-11)
勝率 13.3% │ 連対率26.7% │ 複勝率26.7%

前走10着以下(0-0-1-6)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率14.3%

勝ち馬10頭中8頭が前走で掲示板を確保。残る2頭は前走が重賞で、2走前に勝っていた。

予想参考データ④ 関東馬に妙味あり

美浦(3-2-1-15)
勝率 14.3% │ 連対率23.8% │ 複勝率28.6%

栗東(7-8-9-81)
勝率 6.7% │ 連対率14.3% │ 複勝率22.9%

関東馬は出走頭数が少ないながら3勝し、単勝回収率116%と妙味もある。

2019年の主役候補は?

中心となるのは、前走のきさらぎ賞で4着だったヴァンドギャルド。芝1800mの重賞で3、4着と安定しており、今回は重賞初制覇の好機だろう。

ランスオブプラーナはきさらぎ賞で3着後、前走のアルメリア賞を快勝。デビューから5戦して全て3着以内という安定感が光り、ここでも有力になる。

マイネルフラップは前走のシンザン記念で2着。その時が10番人気での激走だったが、引き続き期待できる。

2走前に新潟2歳Sを勝ったケイデンスコールは、メンバー唯一の重賞勝ち馬。前走の朝日杯FSは13着だったが、GⅢなら見直せる。

ただ1頭の関東馬アントリューズは、未勝利、ベゴニア賞と連勝した後、前走のシンザン記念で8着と1番人気を裏切ったが、巻き返しがあっても不思議はない。

おすすめの記事