(C)MAZIMICKEY

2018年9月23日、阪神競馬場で神戸新聞杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。メイショウテッコン、ゴーフォザサミット、ワグネリアン、エポカドーロ、エタリオウらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から勝ち馬を導き出していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とする。


データ① 実績

勝ち馬10頭中8頭がGⅠ馬と、実績馬が圧倒的に強い。残る2頭はともに春のクラシックに出走しておらず、夏競馬で経験を積んでいた。

また、勝ち馬10頭中7頭に阪神芝で勝利か重賞2着の実績があった。コース実績があれば有利になる。

データ② 前走

勝ち馬10頭中8頭の前走がダービー。その連対馬は【7・3・0・1】と非常に安定している。ダービーの上位馬はやはり中心となる。

また、勝ち馬10頭中8頭が前走で連対。残る2頭も前走で掲示板を確保していた。

データ③ 所属

美浦【1・0・0・ 6】(勝率14.3%、連対率14.3%)
栗東【9・10・10・112】(勝率 6.4%、連対率13.5%)

関東馬で優勝したのはダービー馬。

データ④ 人気

1番人気【7・2・0・1】
2番人気【1・2・3・4】
3番人気【1・2・2・5】

1番人気はかなり信頼度が高い。

結論

ダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬でダービー2着のエポカドーロが中心になる。あえて優劣をつけるなら、阪神(オープン特別・野路菊S)で勝利実績がある分、ワグネリアンが優勢か。

クラシックホース2頭に続くのはタイムフライヤー。GⅠホープフルSを勝っていおり、阪神での勝利実績も光る。

京都新聞杯を制したステイフーリッシュ、青葉賞の優勝馬ゴーフォザサミットも実績は上位だが、上記の3頭とは差が開いている。

2強の一角を崩す可能性を秘めているのはメイショウテッコン。春のクラシック不出走ながら、白百合S、ラジオNIKKEI賞と連勝中で、データ的にも魅力的な上がり馬だ。

おすすめの記事