(C)MAZIMICKEY

2018年10月21日、京都競馬場で菊花賞(GⅠ/芝3000m)が行われる。エタリオウ、ジェネラーレウーノ、グローリーヴェイズ、ブラストワンピース、エポカドーロらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から勝ち馬を導き出していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とする。


データ① 実績

勝ち馬10頭中5頭が芝重賞の勝ち馬。残る5頭中4頭にも芝重賞で3着以内の実績があった。

また、勝ち馬10頭中9頭に、芝2200m以上の重賞を勝利、もしくは芝2400m以上の重賞で3着以内の実績があった。

なお、勝ち馬10頭の中に春のクラシックに出走していた馬は5頭いるが、いずれも皐月賞かダービーのどちらか、もしくは両方で3着以内に入っていた。残る5頭は皐月賞とダービーのどちらにも出走していなかった。春のクラシックで好走していた馬か、春のクラシックに出走していなかった上がり馬か、両極端になっている。

データ② 前走

神戸新聞杯組が【8・6・5・51】と好成績で、中心になる。勝ち馬の残る2頭は1頭がセントライト記念、もう1頭が1000万下だった。前走がセントライト記念の週より前だった馬は【0・1・2・22】と劣勢。

また、勝ち馬全10頭の前走3着以内で、うち6頭が1着。2着馬を見ても、10頭中8頭が前走3着以内で、前走で好走していることが望ましい。

データ③ 所属

美浦【0・0・1・ 44】(勝率 0.0%、連対率 0.0%)
栗東【10・10・9・106】(勝率 7.4%、連対率14.8%)

データ④ 人気

1番人気【6・1・1・2】
2番人気【0・2・0・8】
3番人気【1・0・2・7】

結論

神戸新聞杯を勝ったダービー馬ワグネリアンが不在。中心となるのは、神戸新聞杯3着のメイショウテッコン。過去10年で、春のクラシックに出走していなかった上がり馬の3頭が、神戸新聞杯3着から菊花賞を勝っている。

神戸新聞杯2着のエタリオウは、芝2400mの重賞で2着2回に加え、ダービーでも4着と、実績はまずまず。ただ、過去78回の歴史を見ても、1勝馬が菊花賞を制した例はない。

皐月賞馬エポカドーロは、メンバー唯一のGⅠ馬。神戸新聞杯で4着と馬券圏外となった分で割り引きが必要だが、ダービーで2着と距離の面はクリアしている。

別路線組では、阪神芝2400mの1000万下・兵庫特別を勝ったアフリカンゴールドが有力になる。

ジェネラーレウーノは、過去10年で連対すらない関東馬という点がマイナス材料となるが、春に皐月賞で3着と好走し、セントライト記念を勝った実績は見逃せない。

ブラストワンピースも関東馬。さらに、新潟記念から中6週という異例のローテーションをどう見るか。

おすすめの記事