(C)MAZIMICKEY

2018年10月21日、京都競馬場で菊花賞(GⅠ/芝3000m)が行われる。グローリーヴェイズ、ブラストワンピース、エポカドーロ、エタリオウ、ジェネラーレウーノらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

今回は過去10年の菊花賞における枠順別の傾向を見ていこう。

どの枠順に入った馬が好成績を残しているのか。内枠か、はたまた外枠の馬がいいのか。過去の傾向を振り返ることで的中へのヒントが見えてくる。


過去10年の枠順別成績

3000mの長丁場である菊花賞では枠順が大きなカギを握ってくる。早速、過去10年の傾向を見えていこう。

◆枠番別集計
集計期間:2008.10.26 ~ 2017.10.22
-------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------
1枠 3- 1- 1-15/20 15.0% 25.0% 137 103
2枠 3- 3- 0-14/20 15.0% 30.0% 86 110
3枠 1- 0- 1-18/20 5.0% 10.0% 116 56
4枠 0- 0- 0-20/20 0.0% 0.0% 0 0
5枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 15.0% 0 48
6枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 20.0% 0 114
7枠 3- 2- 3-22/30 10.0% 26.7% 32 95
8枠 0- 1- 1-28/30 0.0% 6.7% 0 17
-------------------------------------------------

結果は一目瞭然だろう。1、2枠に入った馬の好走率、期待値ともに高いことが分かる。

菊花賞は3000mの長距離レースだ。向正面からスタートして3、4コーナーを周り、さらに一周するというコース形態になっている。

つまり、コーナーを6回周ることになる。仮に内枠に入ればコーナーを内々に周ることができる。反対に外枠に入ってしまい、いいポジションにつけられない場合は6回のコーナーを外外で周ることを強いられる。

そうなると実際の走行距離に大きな差が出てくるのだ。いわゆる“距離ロス”である。外枠に入った馬には常に距離をロスするリスクがつきまとう。

菊花賞に関しては内枠に入ることにこしたことはないのだ。

内枠に入った人気馬の成績は?

もう少し条件を絞って調べていくと、内枠にある程度の人気馬が入った場合、信頼性が高いことが分かる。

◆枠番別集計
集計期間:2008.10.26 ~ 2016.10.23
-------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------
1枠 3- 0- 1- 6/10 30.0% 40.0% 275 122
2枠 2- 2- 0- 3/ 7 28.6% 57.1% 224 188
3枠 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 22.2% 257 124
4枠 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0 0
5枠 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 22.2% 0 72
6枠 0- 2- 1- 3/ 6 0.0% 50.0% 0 188
7枠 2- 1- 2- 5/10 20.0% 50.0% 51 124
8枠 0- 1- 1-11/13 0.0% 15.4% 0 40
-------------------------------------------------

※一桁人気馬
※今年は良馬場開催が確実のため、不良馬場の年は除外

1〜3枠までに一桁人気の馬が入った場合、単複回収率が100%を越えている。

1〜3枠にある程度の人気馬が入った場合、少なくともおさえておいて損はないわけだ。

特に注目すべき内枠馬の特徴は…

その中でも特に注目すべきなのが前走で上がり2位以内を使っている馬だ。

・1、2枠
・一桁人気
・前走上がり1、2位

この条件に合致する馬の成績を見てみると……

◆前走脚質別集計
集計期間:2008.10.26 ~ 2016.10.23
--------------------------------------------
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------
4- 2- 1- 3/10 40.0% 70.0% 298 217
--------------------------------------------

驚異的な成績を残していることが分かる。

中でも神戸新聞杯組は(3−1−0−0)とパーフェクトな成績を残している。今回で言えば……

エタリオウ

この馬が内枠に入った場合、好走する確率はかなり高いと言えそうだ。

おすすめの記事