(C)MAZIMICKEY

2018年10月21日、京都競馬場で菊花賞(GⅠ/芝3000m)が行われる。ブラストワンピース、エポカドーロ、エタリオウ、ジェネラーレウーノ、グローリーヴェイズらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年10月21日(日) 4回京都7日目 20頭 [仮想出馬表] 【11R】  第79回菊花賞
3歳・オープン・G1(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定) 芝3000m・外 (A)

出走予定馬・登録馬

前哨戦の神戸新聞杯を勝ったダービー馬ワグネリアンこそ天皇賞に向かったものの、春の上位勢力と多士済々な上がり馬が揃った好メンバーとなった今回の菊花賞。中でも、前走新潟記念で古馬相手に強烈なレースをみせつけたブラストワンピースが人気の中心だろう。

毎日杯を圧勝して挑んだダービーでは、不器用な面が響き外に切り替えるロスがあっての5着。元来、体質的に間隔を詰めて使えないということもあって、新潟記念からこの菊花賞に向かうローテーションは予定通り。

その新潟記念でも実力から古馬相手でも1番人気に支持されたが、それに恥じない印象的なレースであった。ほぼ最後方からの競馬で、進路取りも余計なことをせずに一頭だけ大外、ノーステッキで直線だけで前をゴボウ抜きという内容である。上がり3Fは新潟とはいえ圧巻の33.5秒(レースの上がり3F:34.6)で、勝ちタイムも1.57.5と秀逸な内容であった。

これが菊花賞への適性云々に繋がるわけではないが、とにかく地力の違いをみせつけた格好だ。血統的に3000mがベストというタイプではないが、折り合いに心配はないのでこなせるだろう。まともなら好勝負だ。

皐月賞馬エポカドーロは前哨戦の神戸新聞杯でまさかの出遅れ。後方からの競馬では持ち味が出ず4着と破れたが、スタートさえきまれば巻き返しは必至だろう。

前走はゲートこそ出たものの、その後に躓くアクシデント。戸崎騎手も無理に位置を取りに行くことはなかったが、やはり阪神の外回りのキレ味勝負でワグネリアン(ディープインパクト産駒)やエタリオウ(ステイゴールド産駒)に迫るのは厳しかったか。

本来は前目で勝負する馬であり、距離を抜きにすればトータルの時計で勝負するタイプで、この時期のイン有利な高速馬場はドンピシャだろう。問題は距離だけ。父オルフェーヴルはこのレースを圧勝したものの、母系はスプリンターの同馬。折り合いがつかないタイプではないのでそこまで心配する必要はなさそうだが、緩急がついてスタミナ勝負になると少し不安もあるか。

ダービーでは出走馬のなかで唯一後方から追い込んでの4着で名を挙げたエタリオウも十分にチャンスが有るだろう。

前走の神戸新聞杯も後方からのレースであったが、後方からワグネリアンをも凌ぐ上がりを使って追い詰めた。口向きに少し難があるようで、ヨレたり、スッと反応しないという不安こそあるものの、爆発力ならこのメンバーでも随一だろう。同厩舎のワグネリアンが天皇賞に向かった以上、友道厩舎のこの馬にかける思いは強いはずだ。

皐月賞3着のジェネラーレウーノは前走のセントライト記念を完勝してクラシック最終冠に挑む格好。

ダービーこそ瞬発力勝負になってしまった点と、東京コースが今ひとつ合わなかったようで大敗してしまったが、前走のセントライト記念はきっちりを巻き返しての勝利。人気こそレイエンダに譲ったが、内容的には完勝であった。

父はスクリーンヒーローでこれからの成長が期待でき、前に行ける器用さも有る。田辺騎手ならこういった前に行くタイプで下手な騎乗や日和ったりということは無いはず。ロングスパートが決まれば一発。

春の実績馬を中心に紹介する格好にはなったが、上がり馬ならグローリーヴェイズに一興。

前走の佐渡Sは準オープンながら1.56.6の驚異的な時計で勝ち上がった。馬場差もあるので単純比較はできないが、三歳馬がその時期の準オープンで見せるパフォーマンスとしては十分なものが合った。このレースの後は早々に菊花賞直行を明言しており不気味な一頭である。

他にも、条件戦連勝の内容に大物感あふれるグロンディオーズ、父オウケンブルースリの血が騒ぎそうな共同通信杯馬オウケンムーン、右回りなら最後までしっかり伸びるグレイル、派手さはないが安定感有るメイショウテッコン、ダービー3着で大波乱を読んだコズミックフォース、忘れてはいけないGⅠ馬、前走の行きっぷりに復調気配あったタイムフライヤーなどが一発を狙っている。

登録馬は以下の通り。

出走予定馬・登録馬

アイトーン 牡3 国分恭騎手 五十嵐厩舎
アフリカンゴールド 牡3 松若騎手 西園厩舎
エタリオウ 牡3 Mデムー騎手 友道厩舎
エポカドーロ 牡3 戸崎圭騎手 藤原英厩舎
オウケンムーン 牡3 北村宏騎手 国枝厩舎
カフジバンガード 牡3 幸騎手 松元厩舎
グレイル 牡3 岩田騎手 野中厩舎
グローリーヴェイズ 牡3 福永騎手 尾関厩舎
グロンディオーズ 牡3 モレイラ騎手 田村厩舎
コズミックフォース 牡3 浜中騎手 国枝厩舎
ゴールドフラッグ 牡3 横山典騎手 須貝厩舎
シャルドネゴールド 牡3 藤岡康騎手 池江厩舎
ジェネラーレウーノ 牡3 田辺騎手 矢野厩舎
ステイフーリッシュ 牡3 藤岡佑騎手 矢作厩舎
タイムフライヤー 牡3 和田騎手 松田厩舎
ドンアルゴス 牡3 ○○騎手 庄野厩舎
フィエールマン 牡3 ルメール騎手 手塚厩舎
ブラストワンピース 牡3 池添騎手 大竹厩舎
メイショウテッコン 牡3 松山騎手 高橋忠厩舎
ユーキャンスマイル 牡3 武豊騎手 友道厩舎

想定・予想オッズ

18番人気 アイトーン 858.5倍
11番人気 アフリカンゴールド 56.3倍
2番人気 エタリオウ 3.1倍
3番人気 エポカドーロ 3.8倍
14番人気 オウケンムーン 75.1倍
17番人気 カフジバンガード 286倍
6番人気 グレイル 19.8倍
10番人気 グローリーヴェイズ 48倍
8番人気 グロンディオーズ 29.6倍
12番人気 コズミックフォース 62.9倍
19番人気 ゴールドフラッグ 858.5倍
16番人気 シャルドネゴールド 153.1倍
4番人気 ジェネラーレウーノ 6.9倍
13番人気 ステイフーリッシュ 65.9倍
15番人気 タイムフライヤー 126.1倍
20番人気 ドンアルゴス 1073.2倍
7番人気 フィエールマン 22.4倍
1番人気 ブラストワンピース 2.8倍
5番人気 メイショウテッコン 12.9倍
9番人気 ユーキャンスマイル 35.6倍

おすすめの記事