菊花賞2017の予想分析、結果発表!回収率150超のデータ該当馬は?


(C)Ko-Mei

2017年10月22日、京都競馬場で牡馬クラシック最終戦の菊花賞(GI/芝外回り3000m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 大外枠は消し!
ポイント3 早生まれは消し!
ポイント4 前走6着以下は消し!
ポイント5 前走上がり6位以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

まずは人気から見ていこう。

馬名単勝
ブレスジャーニー11 23.4
ウインガナドル 4 10.4
スティッフェリオ14 50.1
クリンチャー13 32.4
トリコロールブルー 9 18.3
マイネルヴンシュ12 28.2
アダムバローズ17 80.7
サトノアーサー 5 11.8
クリノヤマトノオー15 62.1
ベストアプローチ10 20.0
サトノクロニクル 7 15.2
ミッキースワロー14.4
キセキ25.6
ポポカテペトル 8 16.2
ダンビュライト 6 12.4
アルアイン35.8
プラチナヴォイス18 93.8
マイスタイル16 64.6

今回はオッズが非常に割れていて、当日どの馬が10番人気以内になるか、わかりづらい状況だ。よって、ここでは単勝50倍を超える馬を対象とする。


スティッフェリオ
クリノヤマトノオー
マイスタイル
アダムバローズ
プラチナヴォイス

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 大外枠は消し!

馬名
11ブレスジャーニー
12ウインガナドル
23スティッフェリオ
24クリンチャー
35トリコロールブルー
36マイネルヴンシュ
47アダムバローズ
48サトノアーサー
59クリノヤマトノオー
510ベストアプローチ
611サトノクロニクル
612ミッキースワロー
713キセキ
714ポポカテペトル
715ダンビュライト
816アルアイン
B817プラチナヴォイス
818マイスタイル

大外枠なのは……

アルアイン
プラチナヴォイス
マイスタイル

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 早生まれは消し!

馬名誕生
ブレスジャーニー4月 2日
ウインガナドル2月28日
スティッフェリオ2月17日
クリンチャー3月10日
トリコロールブルー4月 8日
マイネルヴンシュ5月 3日
アダムバローズ3月27日
サトノアーサー3月 1日
クリノヤマトノオー3月 5日
ベストアプローチ4月24日
サトノクロニクル3月13日
ミッキースワロー2月26日
キセキ5月13日
ポポカテペトル2月22日
ダンビュライト3月 3日
アルアイン5月 1日
プラチナヴォイス3月10日
マイスタイル4月 1日

1、2月生まれなのは……

ウインガナドル
スティッフェリオ
ミッキースワロー
ポポカテペトル

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走6着以下は消し!

馬名着順
ブレスジャーニー1
ウインガナドル4
スティッフェリオ4
クリンチャー9
トリコロールブルー1
マイネルヴンシュ1
アダムバローズ10
サトノアーサー3
クリノヤマトノオー1
ベストアプローチ6
サトノクロニクル3
ミッキースワロー1
キセキ2
ポポカテペトル1
ダンビュライト4
アルアイン2
プラチナヴォイス5
マイスタイル7

前走6着以下なのは……

クリンチャー
アダムバローズ
ベストアプローチ
マイスタイル


ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走上がり6位以下は消し!

馬名上がり順
ブレスジャーニー2
ウインガナドル14
スティッフェリオ10
クリンチャー12
トリコロールブルー2
マイネルヴンシュ2
アダムバローズ14
サトノアーサー3
クリノヤマトノオー1
ベストアプローチ6
サトノクロニクル6
ミッキースワロー1
キセキ1
ポポカテペトル8
ダンビュライト8
アルアイン2
プラチナヴォイス4
マイスタイル7

前走上がり6位以下だったのは……

ウインガナドル
スティッフェリオ
クリンチャー
アダムバローズ
ベストアプローチ
サトノクロニクル
ポポカテペトル
ダンビュライト
マイスタイル

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ブレスジャーニー ※長期休み明け
トリコロールブルー
マイネルヴンシュ
サトノアーサー
キセキ

今回の激走馬候補は5頭。ただし、ブレスジャーニーは長期休み明けという異例のローテのため、過去の例に当てはまるのは必ずしも正しくないだろう。他の4頭に注目していくほうがよさそうだ。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る