京成杯2018の競馬予想データ分析…3つの注目点から浮上する激走馬とは?


© 2017 Ricky All Rights Reserved.

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GI/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、コズミックフォース、スラッシュメタル、デルタバローズ、タイキフェルヴール、ダブルシャープらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

牡馬クラシック第1弾皐月賞と同距離同コースで行われるレースではあるが、2017年より同じ条件のホープフルステークスがGⅠに昇格し、実施時期も数週間しか異ならないこともあって、出走予定馬がクラシックに直結するかどうかは不透明でもある。

実際、すでに2014年にホープフルステークスが重賞となって以降、皐月賞や日本ダービーなどで活躍する馬は出ていない。

そんなレースではあるが、過去10年の京成杯の結果を元として今回の激走馬についてのデータ分析を進める。


注目点① 前走は7着以内

クラシックには直結しにくい傾向がはっきり出ているとは言え、明け3歳のこの時期はまだまだ勝ち抜け戦の様相を呈することが多く、前走大敗からの巻き返しを臨むことはほとんどできない。

前走着順別集計 京成杯 過去10年

前確定着順着別度数勝率複勝率
前走1着6- 4- 6- 52/ 688.8%23.5%
前走2着1- 1- 2- 5/ 911.1%44.4%
前走3着1- 1- 1- 10/ 137.7%23.1%
前走4着0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%
前走5着1- 2- 1- 8/ 128.3%33.3%
前走6着0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%
前走7着1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%
前走8着0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
前走9着0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%
前走10着0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
前走11着0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
前走12着0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
前走13着0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

注目点② 単勝15倍以内の馬を狙え

京成杯の配当を見てみると、比較的堅めの決着となることが多く、1着の単勝オッズは15倍以内で収まっている。

3連単が高配当となっているのは、2着か3着に2桁人気の馬が入るか、中穴人気の馬が1~3着までに2頭含まれている時が多くなっている。

単勝オッズ別集計 京成杯 過去10年

単勝オッズ着別度数勝率複勝率
2.0~ 2.91- 1- 1- 2/ 520.0%60.0%
3.0~ 3.91- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%
4.0~ 4.93- 3- 2- 2/ 1030.0%80.0%
5.0~ 6.92- 0- 2- 12/ 1612.5%25.0%
7.0~ 9.91- 2- 2- 10/ 156.7%33.3%
10.0~14.92- 2- 0- 9/ 1315.4%30.8%
15.0~19.90- 0- 1- 10/ 110.0%9.1%
20.0~29.90- 1- 1- 20/ 220.0%9.1%
30.0~49.90- 1- 0- 17/ 180.0%5.6%
50.0~99.90- 0- 1- 22/ 230.0%4.3%
100.0~0- 0- 0- 15/ 150.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

注目点③ 前走距離は1800mか2000m

前走距離に注目すると、過去10年で3着までに入った30頭中27頭が1800mか2000mを走っていることがデータからわかる。

まだレース経験が浅く、走ったことのある慣れた距離でこそ結果が出しやすいことが影響していると思われる。

前走距離別集計 京成杯 過去10年

前走平地距離着別度数勝率複勝率
1600m1- 1- 0- 23/ 254.0%8.0%
1700m0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
1800m2- 3- 2- 32/ 395.1%17.9%
2000m7- 6- 7- 63/ 838.4%24.1%

集計期間:2008年 ~ 2017年

まとめ

本原稿は馬券発売前に作成しているため、確実とは言えないが単勝15倍以内に入ってきそうで他の条件も満たしている激走馬候補は次の3頭。

ジェネラーレウーノ
コズミックフォース
タイキフェルヴール

ジェネラーレウーノ、コズミックフォースはおそらく上位人気に指示されるだろうし、軸としておすすめできる。

タイキフェルベールは南関東の雄でダートで実績のあるフリオーソ産駒であることや、芝の未勝利戦で2着があるものの、2勝ともダート1800m戦だったことから多少人気を落とすはずなので穴馬として候補におすすめできる。


ぜひ予想の参考にしていただきたい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る