(C)MAZIMICKEY

2018年10月28日、京都競馬場でJBCクラシック(GI/ダート1900m)が行われる。オメガパフューム、ケイティブレイブ、サンライズソア、ノンコノユメ、アポロケンタッキーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から勝ち馬を導き出していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とする。


データ① 実績

勝ち馬10頭中7頭がダートGⅠ馬で、残る3頭中2頭にはダートGⅠで2着があった。例外の1頭は、重賞4連勝を含めダート戦で無敗だった。

データ② 前走

勝ち馬全10頭の前走がダートのGⅠかGⅡ。うち8頭がそこで3着以内に好走していた。

データ③ 年齢

6歳が最多の4勝。4歳、5歳、7歳が2勝ずつで続く。8歳以上の連対例はなく、3着も1回あるのみ。

データ④ 所属

勝ち馬10頭中9頭が栗東所属。

データ⑤ 人気

勝ち馬全10頭が5番人気以内で、うち7頭が3番人気以内。

結論

中心となるのはケイティブレイブ。GⅠ2勝を誇り、主要ステップの日本テレビ盃1着と、実績、ローテーションともに申し分ない。

その日本テレビ盃で2着だったアポロケンタッキーは東京大賞典の勝ち馬。京都ダートで重賞勝ちの実績もある。

今年のフェブラリーSを制したノンコノユメも、南部杯(4着)をひと叩きされて上積みが見込める。

同じくGⅠ馬で南部杯(5着)をひと叩きされたオールブラッシュ、GⅠ2着に加えて京都で重賞勝ちがあるテイエムジンソクにもチャンスがある。

おすすめの記事